カテゴリ:E.大手カー・ディーラー( 137 )

『障害者差別禁止指針に学ぶ、職場でやってはいけない4つの差別』

たまたま見つけたサイトがある。
iKARE
『障害者差別禁止指針に学ぶ、職場でやってはいけない4つの差別』
https://www.icare.jpn.com/disability_discrimination_act/


よく見てみると、自分がブログで訴えていることと
同じだったので、興味深い。


自分が今働いている会社での労働条件では、
これ(差別)に幾つあてはまるか、考えてみた。


>「ステップ2 社員になってから
障害がある社員をどこに配置するか、能力は考慮するけれど、
1〜3の差別をしてはいけません。
たとえば障害者を配置する業務と、障害者を配置してはいけない
業務とを分けてしまうのはNGです。
もちろん給料も、障害者だからといって払わなかったり、
下げたりしてはいけません。」



私には、求人票や面接で伝えられていた内容と、
採用後の実際の賃金や、労働内容が違う、
といった差別がある。

障害者が出勤していない場合は別として、
障害者が出勤している時は、健常者は別の仕事をしていて、
障害者がやる仕事は絶対にしない。

例えば、パソコン入力作業とか、清掃とか、
雑用などである。
これらの仕事は今や、
障害者雇用の専門分野といってもいいぐらいだ。

飲食店でも、健常者は接客・調理だが、
障害者は洗い場・清掃専門になっている店は多い。
これは、差別ではないのか。

飲食店で働いた経験のある人の中には、
そういう飲食店を見たことがあるだろう。
障害者は厨房内で働いているから、
お客様には全くその様子がわからない。

私も、調理師免許を保持していながら、
洗い場と清掃しかやらせてもらえない。
求人票には調理の仕事もある、と書いてあったのだが、
実際に入社してみると、結局やらせてもらえなかった。

逆に健常者は学生アルバイト、素人でも接客や調理の
仕事を担当しているし、賃金も障害者よりも高い。
健常者のほうが質の悪い仕事をしているのに、
なぜこうなるのだろうか?
この結論は「差別」以外にない。

これは明らかに「差別」なのだが、会社は担当業務の違い、
それによる賃金の違いとしか、説明しない。
つまり、「差別ではない」と言い張っているのだ。



>「ステップ3 昇進や降格
普通なら昇進できるのに昇進をさせない、また、
降格対象者の中から、障害者を優先して降格するなどは
厳禁です。
適切な人事考課をする必要があります。
また、障害者だから正社員としては雇えないというのも
ダメです。」

これは会社の人事評価システムや上司の評価次第なので、
一概に言えない。
ただ、面接時に「原則として、昇給はない」と最初から
伝えられていた。
その条件でOKなら、労働契約書に署名して、ということだから、
会社は正当な手続きを踏んでいると思っている。
障害者も、それに応じざるをえないだろう。
なぜなら、ほとんどの企業で、それが当たり前だからだ。

「イヤならいい。
代わりなら幾らでもいるよ」

と言われているような気がしたものだ。


>「ステップ4 解雇や退職
解雇の対象者を選ぶときに障害者を優先して解雇したり、
退職を勧めてはいけません。
また、定年の年齢を障害者雇用枠だけ低く設定することも
差別になります。」


トヨタ自動車の完全子会社で働いていた時のことである。
私が退職後に、当時まだ在職中だった友人から、
驚くことを伝えられた。

「極秘情報。
1200人→1000人へ。
大量リストラが始まる」

というもの。
なるほど、それで助成金が切れた障害者から
何人も解雇(雇止め)になったというわけか、
と気づいた。
テレビドラマ『リーダーズ』で評判だったトヨタでも、
今はそんな時代である。
求人票には「雇用期間の定めなし」と書いてあったのだが、
実際は有期雇用だった。
会社は、いつでもクビを切れるようにするためだろう。
トヨタも

「健常者の実績があって、障害者も雇用できる」

と思っているのだ。
リストラ部署で働いていた高齢者社員は、
また別の部署へ異動したり、定年退職していったらしい。
つまり、クビにはならなかった。
代わりに女性パートや障害者が、
リストラの主なターゲットになっていた。

ちなみに、カテゴリ『就労後の聴覚障害者問題E』に、
その会社の詳細を書いている。


>「改正! 3つのポイントで解説。障害者雇用納付金制度
https://www.icare.jpn.com/employment_of_people_with_disabilities_levy_system/


法定雇用率が2.2%に上がったものの、
今度は月額納付金額を「不足分一人当たり4万円」
に下げちゃったんですね。
以前は一人不足につき月額5万円だったのです。
雇用率アップへの効果はあるのかどうか?

法定雇用率を2.2%に上げた目的は、
本来は障害者雇用を改善するためだと思うのですが、
なぜか罰則をゆるくしてしまっている。
これでは

「罰金を払ったほうがまし」

と考えている企業の考え方は、変わりそうにない。

もういい加減に、納付金額が3倍にならないのかな。

『Eテレ『バリバラ』 障害者の悩み -就労 (1)』
〔2013-04-21 18:00〕



ところで、上に紹介したサイトでは4ステップについて
述べているが、他にもっと重要なことがある。
「合理的配慮」である。


〔参考情報〕

『雇用における障害者差別禁止の問題点とは?
遠山真世 / 障害者福祉』
〔2016.05.10 Tue〕



聴覚障害者の場合、これが適切になされていない場合
が非常に多いために、トラブルになるケースが多い。
会社面接でジョブコーチや手話・要約筆記通訳者派遣を
認めていないために、聴覚障害者を門前払いしている、
という声も聞く。

下の事例も勿論、差別となる。

『難聴者の会社面接対策(2) サーナの面接アドバイス』
〔2011-07-06 20:37〕


障害者の就労支援をしている企業が、
こんな差別をやっているとは誠に無知極まることで、
非常に残念である。

さらに就労後においても情報保障・通訳の問題は引きずり、
それで結果として、聴覚障害者の離職率が高くなってしまっている。


『障害者団体のILOへの提訴文書について、思うこと』
〔2011-07 -04 00:50〕



私にも、最悪のケースがある。

『元記事1』



『元記事2』



『元記事3』



『元記事4』



大阪には、有名になった裁判例がある。

『三菱東京UFJ銀行の聴覚障害者差別裁判の判決(2009年4月)』
〔2012-04 -03 21:26〕

[PR]
by bunbun6610 | 2017-08-13 15:20 | E.大手カー・ディーラー

障害者雇用はやっぱり「数合わせ」

障害者雇用は、やはり経済状況に大きく左右される。
国の法定雇用率が雇用の鍵を握っているため、
数合わせの側面があるのだ。


N東京株式会社にいた頃の話である。
N株式会社は全国各地にあるが、N東京株式会社だけは、
T株式会社が100%出資している完全子会社だ。

会社の雇止めによる退職が決まっていたが、
在職中に総務部にいた障害者から、
次の極秘情報をもらったことがあった。

「非公開会議で1200名→1000名リストラ。
店舗も49店に絞る方針と聞いている。
厳しいな!」
(2015年3月18日10:40)

この人も、この後すぐに雇止めになった。


そして、下の弁護士ブログの内容を重ね合わせると

「やはりこの会社でも、障害者雇用は数字合わせ
だったのか」

と思えてくる。


『弁護士清水健夫ブログ
変えよう日本! ~弁護士清水健夫のブログ~』



『2011年3月20日 (日)
障害者雇用 主は非正規雇用「解雇」横行』
(2011年3月9日 毎日新聞 大阪本社版)
【「数合わせ」の側面】




それであの時に、助成金の切れた障害者から立て
続けに雇止め(解雇)された、というわけだったのか。

本人の働きぶりなんか、関係なかったのだ。
障害者雇用はやっぱり、ただの「数合わせ」だったのだ。
実際、私は直属上司から

「キミは今まで本当によくやってくれた。
本当ならいてほしいが、人事が決めることだから、
どうしようもない。
我々だって、いつクビになるかわからないよ」

と、ビクビクしながらこぼしていた。

N東京株式会社のホームページで調べてみると、
リストラ部署だった「特約店部」はなくなり、
「法人特約店部」に吸収合併されていた。
あの頃に入社したばかりの、
二人の障害者はどうなったのだろうか。

法人部では一日1件しか回れない、足が不自由な
障害者もいた。
だから、その人は能力が低い障害者だ。
一緒に働いている人工透析の障害者が

「彼の分まで働かなくちゃならないのだから、
こっちは大変だよ」

とこぼしていた。
総務部にも、定年退職後も働き続けている
永年勤続の聴覚障害者もいたが、
本当にその人がまだ必要なのか。
その障害者は常用雇用者となっている理由で、
会社からクビにできなかったのだろう。
だから代わりに、入社5年未満の現役世代を
クビにすることにした、
という考えは見え見えだった。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-11-22 23:00 | E.大手カー・ディーラー

大手カー・ディーラー自動車整備工場での整備ミス隠蔽問題

大手カー・ディーラー自動車整備工場での
整備ミス隠蔽問題

職場(企業)内ブラックボックス=隠蔽機能


『記事』

[PR]
by bunbun6610 | 2016-11-09 21:00 | E.大手カー・ディーラー

『NHKクロ現『“新リストラ時代”到来!? 業績好調なのになぜ』』


http://blogs.yahoo.co.jp/uchayamamingkun2000/37141698.html


炎のジョブコーチ
『NHKクロ現
『“新リストラ時代”到来!? 業績好調なのになぜ』』

〔2016/4/15(金) 午後 9:13〕

4月13日のNHK、クローズアップ現代の
『“新リストラ時代”到来!? 業績好調なのになぜ』
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3791/)、
厳しい内容でした。
リストラを請け負う大手人材紹介者(テンプスタッフ)
や社労士の存在。
話題になったブログの社労士はやはり氷山の一角
のようです。
会社をとりまく変化への対応として先ず、人から切る、
会社の業績がいいうちに・・・
大手企業(王子製紙)がこのような人材紹介の会社
の提案を受けいれて実施しているとは、これは個人
の判断でなく「会社の意思」といっても過言ではないと
思いますが。
加えて、国の補助金も活用していたとのことで残念
企業に認定。

日本企業がグローバルでやっていけるのか、
心配になります。
優秀なタレントが日本を出て海外に行ったり、
外資系で活躍するのもしかたがないか、
と思ってしまいます。

iPone5の意匠は日本人デザイナーとのこと、
他にも海外で活躍する日本人タレントは多いとか、
日本企業・日本製品を応援するよりも日本人を
応援しようそんな気にもなります。




========================





昨年に働いていた会社で、
私は『雇止め』になりました。
本当は一昨年に通知を受けたのですが、
何とか一時延長の契約を一度だけ、頂きました。
その時に本社の人から真実を聞きましたが、
私が配属された部署は、実は私の入社前から
潰す予定の部署だったと聞いたので、
さすがに私の胸は傷心と怒りで一杯でした。

さらに、間接部門の人事総務部でも、
障害者雇用助成金が切れたばかりの障害者を、
次々と雇止めしてたことがわかりました。

しかも、その障害者を雇止めをする前に、
新たに障害者を雇入れていたのです。
おかしいというよりも、
会社の本心が簡単に見抜けました。


本当に残念です。
その会社は、日本が世界に誇ると言われている、
トヨタ自動車株式会社が100%出資している
完全子会社のN社です。

社長はトヨタ自動車からの天下りだと言われて
います。
N社は最初から罰金逃れと、障害者雇用助成金
が目当てだったのでしょう。

ひどいものですが、何人もの障害者を、
このように使い捨てて、国の助成金をせしめて
きたきたことについては、
到底許せるものではありません。
日本を代表する企業が、子会社を使ってこんな
ことをしているとは。

さらに驚いたことに、障害者は、労働組合にも加入
できないことになっていたのです。
障害者には、何の権利もありませんでした。
会社と労組がグルになっての『障害者排除』を、
一体どこまでやる気なのでしょう。
この会社の労働組合は、旧民主党の支持母体です。
直嶋正行ふるもと伸一郎を支援していました。

下の会社も、トヨタ自動車株式会社が100%出資
した特例子会社ですから、注意が必要でしょう。



『障害者雇用 - トヨタループス株式会社』
〔2015-12-09 20:00〕

[PR]
by bunbun6610 | 2016-04-17 22:34 | E.大手カー・ディーラー

『障害者手帳の返還について』

http://okwave.jp/qa/q7267419.html

『障害者手帳の返還について』
·2012-01-26 11:44:35
·質問No.7267419

とても深く落ち込んでいるので相談させてください。
人生において、とてもこれほど深く落ち込んで
いることはなかったです。

実は昨年、統合失調症になってしまい二ヶ月程度
入院しました。
退院する際、障害年金の話をされ、申請しますか
といわれたのですが制度がよくわからず、そのとき
は申請しませんでした。
退院してしばらくしてから、自立支援制度という
医療費が安くなる制度を知り、申請した際に、
精神障害者手帳3級も同時に申請するものと思い、
申請しました。

審査したら、3級は通過し、取得したのですが、
後から考えてみて、やはり取得すべきではなかった
と後悔しています。
退院後、減薬に成功し、薬は普通の人レベル(通院
の人レベル)しか飲んでいません。
病気になったことはたしかにしょうがないのですが、
安易に手帳を申請してしまったことを後悔しています。
現在、手帳を返還はできるということなのですが、
世間体が気になり、障害者手帳を一度でも申請した
ことがある自分に本当に後悔しています。
夫以外の人には、誰も言っていません。

万が一、再度病気が再発した際のことなども考えて
手帳を申請したほうがいいと他人からいわれたの
ですが、まったく意味がわかりません。
障害者の方を差別しているわけでもありませんし、
重い障害のある方が本来受けるべき制度という気が
します。
親を裏切る行為、これまでの自分の受けた教育に
対する裏切り、など考えると夜も眠れなくなって
苦しんでいます。
仕方のない申請だったとはいえ、自分で自分の人生
に汚点を作ってしまったとしか思えません。
汚点というとひどい言い方ですが、差別になりますけど、
自分を恥と思うようになり、1日でも早く返還したいです。
でも、返還しても一度は申請したことのある人間を信用
しようとする人がいるでしょうか。

自分は取り返しのつかないことをしてしまったのでは
ないかと悩んでいます。
どう心の整理をつけたらいいかわかりません。

どなたか、このようなわたしですが、アドバイスください。
すみませんがお願いします。



========================




そういえば、以前働いていた会社に、
Yさんという人(精神障害3級)がいた。
Yさんが

「特に何も配慮してもらう必要はない」

と言っていて、一見すると、
確かにその通りではあった。
しかし実際には

「どうも普通ではないな」

と思える状況が結構見られた。

障害ではないと思うけれども、
普通の人じゃない人だ。
本人は「普通」と思っていても、
それで普通の人と同じに働く、というのは、
周囲の人から見たら、難しいのかもしれない。

つまり

「そうは言っても、本人の自覚が浅いから」

なのかもしれない。


その一方で、同じ職場にD上司もいた。
D上司の場合は、グループリーダーという
役職に就いていて、健常者と同様に働き、
毎日残業をしているほどだった。
普通、障害者雇用では絶対に役職者には
なれないのだから、D上司は精神障害3級
程度のクローズだろう。
Yさんはオープンで、障害者雇用枠での
採用だった。

ある日に、D上司が弱音を吐くように

「実はオレも、精神障害者なんだ。
知ってた?」

と言われたが、信じられなかった。
今でも、そうは思えない。
それでも、精神障害者としての苦労も少し、
話してくれた。
障害者として同じような苦しみを持って
いるから、分かり合えると思ったのだろう。

例えば、D上司は

「銀行にローンを組んでもらって、
家を購入しようとしたが、
精神障害者なので断られた」

という。
そこで

「自分の生命保険を担保にして、
やっとローンで買えた」

と話していた。

「精神障害の対処としては、
最先端の薬があるから大丈夫だが、
薬代は高い。
それで国の補助で安くしてもらっている」

と、話していたから、おそらく障害の認定
は受けているのだろう。

薬を飲む理由についても

「こう見えても、僕は毎日、心の中で
闘っているんだよ。
わかる?」

と話していたが、私にはさっぱりわから
なかった。


だから、この文面からだけでも、
判断できないかもしれない。
普通の人が悩みすぎることもあるが、
大体、普通の人が、この程度のことで

>「とても深く落ち込んでいるので相談させてください」

と悩むだろうか?
客観的判断をするのは、まだ難しい。

就職も症状が悪くなければ、クローズでも可能
なのかもしれないが、果たして本当に永続的に
それで大丈夫なのか?

ただ、障害が軽いのに障害者手帳を持っていると

「あの人、不正取得なのでは?」

と疑われる可能性があると思う。
そうなると、辛い。
心の負担になってしまうことは、十分ありえる事だし

「なるべくなら返還したい」

と思う気持ちも理解できる。

返還すればするで、今度は

>「でも、返還しても一度は申請したことのある人間を
信用しようとする人がいるでしょうか。」

という、信用を失いかねない事態になることも、
想定内のこととなってくる。
悪い噂となって、広がってしまうかもしれない。

その一方であるが、身体障害者で下のような
事例がある、という。


『身体障害者手帳について質問です。
障害がなくなっても(または改善しても)
返還義務はないのでしょうか?』

〔2012/8/1914:27:43〕





障害の状況によっては

「障害者手帳をもらっても、大したメリットはない」

と思っている人も多いかもしれない。
だが、手帳を持っているメリットとして、
次のようなものもある。

『女性の障がい者の転職・就活サイト『ぽじチャレ』』
〔2012-12-22 18:00〕


障害が少しでもあるにもかかわらず、
手帳を持っていないと、こんなケースもある。


『身体障害者手帳のない聴覚障害者(難聴者)
は、どうやって就職するのか?』
〔2013-01-16 18:00〕



女性には女性差別があるが、その上、
障害があれば、複合差別を受けやすくなる。
就職にも不利だ、というわけである。
こうなってくると、死活問題にもなるのだから、

「手帳を持つのはイヤだ」

なんて言っていられない。
それを解決する方法として、上のサイトが
評判を呼んでいるのかもしれない。
ある意味、こういう会社の餌食にならざる
をえないのかもしれない。

だが反対に、障害が治って手帳を返したら、
次のようになってしまったケースもある、
という。


『富士ゼロでパワハラの嵐
 「障害者は用済み」宣告で解雇の内幕』
〔2014-11-30 18:30〕



『<佐村河内氏>聴覚診断
 最も軽い6級に該当せず手帳返納』
〔2014-03-07 23:52〕



いずれも、就労後に大きな悩みや、
問題視されやすくなってしまう事例なのだろう。

世の中の「障害への理解」とは、
まだこんなふうなのだから、
手帳の取得や返納をためらいたくなる気持ちも、
十分理解できる。

実は障害があるのだけれど、
どうしても障害者手帳を持ちたくなく、
就職もできないとなったら、
生活保護を受けるしかない。
しかし、これは良くない。
なぜなら生活保護の場合は、
働いたら受給が終わってしまうのだから、
一度ここへ入ったら、二度と働かなくなる人が
少なくないらしい。
社会の偏見もあり、求職者の就職差別にも
なるようだ。
それならば障害者手帳を受けて働けるほうが、
まだいいかもしれない。

どちらが社会にとって負担になるかは、
いうまでもないことだが、
「障害への理解」が進んでいない状況では、
生活保護へ向いてしまうのも仕方がない
のではないか。
ちなみに、障害者福祉と比較すると
生活保護のほうが、支援金の総額が大きいようである。

経済学的には、どう考えたほうがよいのか。
それも含めて、社会全体で是非、真剣に考える
べき問題点だ。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-02-09 22:06 | E.大手カー・ディーラー

障害者雇用助成金と使い捨て雇用のサイクル・システム - 障害者雇用の闇

日本を代表する、世界的にも超有名な企業の
完全子会社。

あんなに儲かった会社まで、
障害者を使い捨て雇用していたとは。

しかも、それは計画的に行われていたことだった。



記事A
〔2015-03-13 19:00〕




記事B
〔2015-03-13 19:30〕




記事C
〔2015-03-16 18:30〕




記事D
〔2015-02-14 09:35〕

[PR]
by bunbun6610 | 2015-03-25 21:54 | E.大手カー・ディーラー

健聴者とのコミュニケーションがイヤになってくる

会社から連絡が来た。

前もって

「FAXでご連絡下さい」

と伝えた通りだった。



==========================


●●様

お世話になっております。
●●●の用意ができましたので、お受取りをお願いします。

何日の何時頃にいらっしゃるか、FAXでご連絡の上、
お越し下さい。


●●●●●●●●㈱ ●●F

3/18 人事室 ●●


==========================





こう書いてあったのだが、肝心のFAX番号が
どこにも書いていない。
この健聴者は、私が聴覚障害者だということを、
すっかり忘れてしまっているようだ。
ここまで書いていて、一体何をやっているんだ?

バカだねぇ。
これだから健聴者って、もうイヤなんだよな。
コミュニケーションに疲れるのは、
お互い様ではないか。

あぁぁぁ~俺の人生が、こんなつまらんことに
浪費されてしまっている。
もうこんな人生はイヤだ。


それでも『花燃ゆ』の

「お前の人生がつまらんのは、
お前がつまらんからじゃ!」(久坂玄瑞)

『花燃ゆ - 第9話 『高杉晋作、参上』』
〔2015-03-08 13:30〕



の言葉を思い出して、やり直すとするか。

でも、連絡できないけど、どうする?
直接行くしかない。

また文句言われそうだな。

「どうして連絡してから来なかったの?」

と。




【追記】

会社に行って、担当者を呼んだ。
私は電話が大の苦手なので、内線電話が
使えなかった。
それで、窓の外から手を思いっきり振って、
目立った。

すると、誰か一人が気がつき、来てくれた。
その人にドアを開けてもらい、担当者を呼んで
くれるように頼んだ。

担当者が来ると早速、用件を済ませてくれた。
担当者は何も言わなかった。

最後に、今後の為にFAX番号を教えてもらった。
このせいで、私はずっと、ヒヤヒヤしていたんだぞ。

「すみませんでした」

ぐらい、言えないのか。
このバカヤローが!

世界的超有名企業の子会社の、
間接部門を統合した会社だろ。
そこの社員として、恥ずかしくないのか。
やれやれだ。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-03-18 18:30 | E.大手カー・ディーラー

売上日本一のT社が聴覚障害者にしたこと

『カテゴリ:就労後の聴覚障害者問題E』




『障害者雇用
 - 雇用期間のスモールステップが広がりつつある背景』
〔2015-02-14 09:35〕






T社には「T社の片づけ術」というノウハウが
あるらしい。
3年ぐらい前に、そのことが本になって紹介
されていたので、そのことは有名だ。


『T社の片づけ』
(作者名 :(株)OJTソリューションズ)



それは物に限ったことではない。
子会社ともなれば、人もどんどん、
すぐに片付けられてしまうのである。
そのあまりの速さには驚く。

障害者雇用も例外でなく、
障害者は助成金が切れると順次、
交換されていった。
長く働いている障害者もいるが、大半は、
助成金受給のための駒に過ぎないのだろう。
ユニクロと同じかもしれない。


『ユニクロの障害者雇用いじめ・パワハラ問題について』
〔2014-04-27 18:30〕

[PR]
by bunbun6610 | 2015-03-16 18:30 | E.大手カー・ディーラー

雇止めの理由説明 - 再就職面接での問題点②

勤務最後の日なので、何人かの人に挨拶に回った。

Fさんの次に、人事部Kさんとも面会し、
同様の話をした。

さすがに人事部の人だから、Kさんは本当のことを
なかなか話してくれなかった。
本当は知っているはずだというのに。


私の就職活動での窮状を聞いたKさんは、
幾つか言ってみてはくれる。
けれども、どれも役に立つとは思えなかった。

Kさんは最初、

「理由は、正直に言えばいいよ」

と言ってくれたのだが、私が

「相手は信用していないみたいです」

というと、

「それじゃあ、『会社都合』ではなく
『自己都合』退職にしてみては?」

と、アドバイスを言った。

そんな無責任なことを言うなよ。
どうやって、ウソをつき通せと言うのだろうか。
並大抵のことではないんだぞ。

「無理です。
障害者面接はしつこい質問が多いので、
ウソはバレますから」

そう言うと、また無口になってしまった。

しかし、Kさんが最後に言った

「4月には特約店部の人員半減を行う」

は、本当だろう、と思った。
特約店部廃止の動きは、間違いなく加速している。
やはり、それが影響して、私は雇止めになったのだ。


結局、何も良いアドバイスはなかった。
Fさんから聞いたことは、一切話さなかった。
やはり、Fさんの話を出さざるをえないか。
しかし面接とはいえ、その話を外部に出したら、
T社の評判は悪くなるだろう。

障害者雇用助成金目当ての障害者雇用の末は、
どうやら最悪の事態への向かっていきそうだ。




【追記】(2015年3月16日)

その後、就労中の知人からも

「1200人から1000人へ人員削減する」

との非公開会議があった、という。

親会社はベア4000円回答でも、
子会社のほうはリストラの嵐だ。
これがアベノミクスなのか。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-03-13 19:30 | E.大手カー・ディーラー

雇止めの理由説明 - 再就職面接での問題点①

2015年3月13日(金)

勤務最後の日なので、何人かの人に挨拶に回った。

まず、入社後にAさんの紹介で親しくなったFさんに、
お別れの挨拶をした。
ついでに、今後のことについても相談させてもらった。

Fさんは、私とは別会社の人だが、同じ親会社の
グループ企業の人だった。

私;「実は、今とても弱っている問題があります。
次の職探しを今までしていましたが、面接まで行っても、
結局落ちてしまいます。

その理由はわかりませんが、面接で一番弱ったのは

企業;「なぜ今の会社を辞めようと思ったのですか?」

私;「●月●日で、雇止めになるからです」

企業;「それはもう、決まったことなのですか?
なぜ、雇止めになるのですか?」


私;「会社は『雇用契約の更新ができなくなりました』
と説明していました。
その理由は、業務縮小をしていて、私のいる部署
(特約店部)を今後なくすからです。
その人員削減(リストラ)で、更新不可となったのです。

面接ではこのように説明せざるをえませんでした。

しかし、どうも相手は、この説明に納得していないよう
なのです。
本当は私の障害や、本人責任の理由でもあるのでは
ないか、という見方をされているように思えたりもしました。

なぜかというと、T社は2014年には売上日本一と
言われています。
そんなに儲かった会社が、なぜ翌年の業績悪化で
すぐに解雇するのか、誰も理解できないでしょう。
実際に

「T社は2014年に儲かったんでしょ?
それなのに、何で?」

と質問されて、私は大弱りになりました。

Fさん、特約店部はなぜなくすのか、ご存知でしょうか?

特約店部がなくなったら、今、特約店のお得意先に
なっているお客様は、どうなるのでしょうか?』

Fさん;「特約店部をなくす、という話は、もうずいぶんと
前からあったよ」

私;「えっ? 本当ですか?!
それでは、私が入社する前からですか?」

Fさん;「そうだよ」

これでわかった。
やはりこの会社の、今の障害者雇用(特に、障害者配属
部署となっている特約店部)は使い捨てで、助成金目的
だったのだ。
障害者を最初に雇用したのは、Aさんが初めてだった。
つまり、特約店を将来なくす、という話が出てきてから、
障害者を雇入れることになった事実があるのだ。

残念なことだが、次々と障害者を辞めさせて、
また別の障害者を雇い、何も教育もせず、
ただ単純労働マシンとしてこき使ってきたのは

「どうせ特約店部はなくすから」

というのが、会社の本音だったのだろう。

それと、やはり障害者雇用助成金を、
特約店の運転資金に充てるつもりだった
のだろう。

Fさんは、さらに詳しい話をしてくれた。

私;「なぜ、特約店部をなくすと決めたのですか?
なくしたら、特約店に仕事を頼んでいた業者さんは、
どうなるのですか?
皆、小さな事業者ばかりですよ。
特約店をやめたら、その業者は連鎖倒産してしまうでは
ないですか」

Fさん;「特約は、業者がお客様なんだ。
だから、業者さんのために、一生懸命働いている。
実際に車を買ったユーザーのためではないんだ。

車を造って売るメーカーとユーザーが直接に
やりとりするのが直販。
特約は、その間に入って、さらに業者にも入ってもらって
いる。
そうすると、同じものを売るにも、利益率が下がってしまう
んだよ。
だからそれをもうやめて、直販一本にしたいのではない
かな」

私;「そうなのですか?
特約をわざわざ置いて、経費をムダに遣い、業者に
儲けさせていたら、確かに馬鹿馬鹿しくなってきますね」

Fさん;「その通り!!

『業者を儲けさせるために、そこまでやる必要はない
ではないか!』

という声が、社内で上がっている」

私;「特約は今、営業活動に使うクルマも使えなくなって
から、営業力がガクンと落ちました」

Fさん;「クルマを使うと、特約の経費がかかるからだよ。
ガソリン代、駐車場代とかね。
それでも、受注台数がたくさん取れて、
利益が良ければいいよ。
でも、販売台数のノルマが達成できないとなると、
もう採算が合わない。
だから、(特約は)やめたほうがいい、という話になってくる」

私;「なるほど。
よくわかりました。
それで、私のいる部署がなくなるのは仕方がない、
ということも、よくわかりました。
でも、この話を他社の面接でも話していいものかと、
また悩みますね・・・。
やはり本当ならば、この話は秘密にしたいですよね。
でも、面接で聞かれたら、答えないわけにもいきません」

Fさん;「会社は、様々な合理化を常に考えている。
T社は、それが進むスピードが速いよ。
オレだって、一寸先は闇だよ。
本当に、将来のことはどうなるかわからない・・・」

私;「もう、定年まで一つの会社でずっと働かせて
もらえる、という時代ではなくなりましたね」

Fさん;「そうそう。
せっかく出会えたのに、もうお別れか。
でも、頑張ってね」

私;「はい。
耳が不自由だと、就職は厳しいですが、頑張ってみます。
お世話になりました」
[PR]
by bunbun6610 | 2015-03-13 19:00 | E.大手カー・ディーラー