カテゴリ:はじめての方へ( 2 )

ヘルマン・ヘッセ著『デミアン』を読んだ知人は、
次のように感想を話しました。

「人間は、神でも悪魔でもないし、
そのどちらにもなれない。
両方を併せ持つ、矛盾にも満ちた存在なのだ。
だから、人間に必要なのは調和なのだ」

それでは、調和とは一体、何だろうか。
長いこと、その答は全くわかりませんでした。

でも何となく、それは「愛」のことかもしれない、
と思うようになってきました。

マックス・ピカート著『われわれ自身のなかのヒトラー』
を読んだことがあるのですが、個人の感想としては、
誰にでもヒトラーになる可能性は持っている、
人間とはそういう存在だ、というふうに感じました。

そういえば、昨年後半にテレビで観た『悪人』
放送されましたが、あれも、
人間とは誰にでも悪人と呼ばれるようになる
可能性を持つ存在なのだ、というふうに、
私は感じました。

悪いのは決して、彼だけではない。
しかし、何かの原因で、彼だけが悪人とされてしまう。
人間社会にはそういうアリ地獄というか、
ブラックホールというか、
ささやかな個人の存在を突然消し去ろうとする
何かが、あるような気がしました。
障害者差別だって、そうだろう。

人間(あるいは人間社会)には、そういう恐ろしい力
もあるのだ、と気づくと同時に、一人ひとりは本当に
弱い存在なんだ、というふうに考えさせられました。

そこで、人間には助け合う(つながり〔絆〕を持つ)
ことが大切だということにも気づきます。

しかし、誰でもそれができるのではないようです。
丁度、磁石にはN極とS極があり、N同士、S同士
では引き合わないように、です。

ピア・カウンセリングが、健常者のカウンセリングと
違う理由も、そこにあります。
カウンセリングのルールは同じかもしれませんが、
必ずピア(※)でなければなりません。


(※)

   →http://www.j-il.jp/about/pc.html

   →http://www.fukuchi-clinic.com/ga/be/2006/be013.htm



「障害者同士であれば、その条件は満たす」

ということになっています。

しかし、私はこれに疑問を持っています。
基本的には確かに、異なる障害を持つ人同士の
カウンセリングも、私も賛成なのですが、
体験者として疑問もなかったわけではありません
でした。

理由は、当ブログのカテゴリー『聴覚障害』でも
述べてきているように、聴覚障害は他の障害とは
かなり異なり、特有の障害なので、他の障害者に
自分の苦しいことなどを話しても、すぐに理解
できるわけではありません。

聴覚障害者同士でも、難聴者と中途失聴者や、
難聴者とろう者とでは、人生体験、心理、物事の
考え方など、だいぶ違う場合が少なくありません。

それでいきなり、お互いに話し合うことから始めても、
なかなか気持ちが通じていないな、と思うのが
正直な感想でした。

カウンセリングにはよく「傾聴」が大切だと
いわれますが、それができやすいのはやっぱり、
同じ障害を経験している人同士ではないかな、
と思ったのです。
(決して「できやすい」というだけで決めつけている
わけではありません)

カウンセリングは、それが目的ではないと思うの
ですけれども、傾聴してくれると、やっぱり心が
落ち着くものです。

逆に

「この人は聴いていないな、わからないようだな」

と思うと、話の途中でも止めたくなるものです。

それでも時間をかけてやれば、
通じるようにはなるかもしれませんが、
カウンセリングの場合は、やはり時間が限られて
います。

カウンセリングには、まずお互いに普段ガマンして、
心の中に溜め込んでいること、
実は本心から言いたいことを他者に言い、
開放することから始めなくてはなりません。
だから「話しても理解してくれないだろう」と
思わせないことも大切ではないか、と思います。

よく、聴覚障害者は
「健聴者にはわからないから、話してもムダ」
と言いますが、だからこそ、ピアでなければ成功
しない、という理由にもなっています。

それは、難聴者が「ろう者にはわからない」と
言うことでも同じではないか、と思います。
もちろん、その逆の場合も、です。

ろう者と難聴者のカウンセリングがダメとは
言いきれませんが、最初から、あるいは限られた
時間では、うまくいかないのではないだろうか、
と思います。

ろう者と難聴者が理解し合うには、
最初は段階設定も必要なのではないか、
と思います。

そんなわけで、ピア・カウンセリングにしても、
自分の話すことを理解してもらえる相手を探す
ことは、かなり困難だといえると思います。

そこで、私が注目したのがブログでした。
ブログなら、少なくとも
「自分のこんな気持ちを理解できる同障者が、
一人ぐらいは読んでいるかも」
と思い込んで書くことができます。

自分は匿名だし、だから本音で、本当のことを
書ける。
つまりこれが、ピア・カウンセリングと同じ、
心の開放までは得られるだろう、と考えた
わけです。

これが、単なるストレス発散のためのブログ
で終わってしまわないようにするには、
どうすればよいか――それも考えながら
書いているつもりです。

カウンセリングの場合、話すほうは、
自分に与えられた時間を使って相手に
言いたいことを伝えます。
そして、後で何か一言、聞いた人から感想を
もらいます。

感想は大体「良かった点を一つだけ言う」
というような進行役のアドバイスに従って
発言することが多いようです。
批判、中傷などは禁止です。

これは多分、これを言ってしまったら、
相手は二度と正直に話さなくなる
(=心の開放ができなくなる)からかも
しれません。

このブログでコメント欄を開設しない理由も、
論争ではなく、聴覚障害者の声に対する
傾聴を重視してもらいたいから、
なのです。

ここは、そういうブログにしたい、と思いました。
[PR]
by bunbun6610 | 2012-01-17 19:11 | はじめての方へ
当ブログは、お陰さまで昨日、1歳の誕生日を迎えました。

ブログって、それを見て、読んでいただける方がいて
意味をなすとは思うのですけれど、
聴覚障害関係の話では特に、自分の言いたいことばかり、
一方的に書いています。

これを読んでくれる人は、多くはないと思っていたし、
それでいいと思っていました。

その理由は、このブログ・タイトルと、深い関係があります。
この名にした理由はいろいろあるのですが、
なぜ聴覚障害に関する記事では、こんなふうになるのか、
その理由があります。

それに関係する理由を2つ、2回に分けて述べようと思います。

これは、シンガー&ソングライター永井龍雲(ながい・りゅううん)
の歌う曲名から取っています。
彼は福岡出身で、長渕剛とほぼ同期のフォーク歌手です。
彼の3枚目のアルバム『暖寒(だんかん)』の中の最後に
収録されているのが『蒼穹 - そうきゅう -』という曲なのです。

 →http://www.youtube.com/watch?v=wgkPzKspVu0&feature=related

曲名の意味は、辞書を引くと「青空」ということになるのでしょうけれども、
どうもそんなイメージの歌ではありません。
楽曲は確かに、軽快なテンポなのですが、詩はとても暗いのです。

でもそれが、当時(30年前、この曲を初めて聴いたとき)の
自分の気持ちと同じように思えたし、
それは今も全く変わらないのです。

生まれつき難聴だったのに、難聴という障害のことを知らなかったので、
自分の悩みは龍雲と同じ劣等感が原因だと勘違いしていましたが、
共感していました。

その詩に出てくる鳥が、今思うと健聴者を象徴的に表しているとわかります。
私は、青空を自由に飛べる鳥たちに、無意識に憧れ続けていたと思います。

妖怪人間ベムが、人間を見続けて、人間になりたいと
思い続けていたのと同じように、です。
これは、同じ「聴覚障害者」と呼ばれる「ろう者」にはない心理だと思います。

そして、この心理と耳鳴りを紛らわせるために、今までに何万回と、
この曲を自分の頭の中で流し続けているのです。
それで、すっかりこの曲は、自分の心の友になっています。

それから、この歌の名をブログ・タイトルに選んだ理由のもう一つに、
青空というキャンバスに、自分が書きたいと思ったことを、
誰にも遠慮せずに、何でも書こうと思いました。

ピア・カウンセリングと同じように、自分は苦しいことも全て、
ここに正直に吐き出し、同じ障害を持つ人に読んでもらいたい、
と思って書いているからなのです。

長くなりましたので、次に書く(2)で、それを詳しく書こうと思います。



蒼穹 -そうきゅう-

          作詞・作曲:永井龍雲

気がついたときには いつも
手を差し出して ぼんやりそれを見てる
時が経つにつれて 僕の小さな手のひらが
汚れてゆく そんな気がする

青空に飛び立つ鳥よ 仲間にはぐれ啼(な)いているのか
里程標(りていひょう)の陰に咲く花よ もう一度僕に笑いかけて


いつからか何を見ても
僕の虚(うつ)ろな心は 誘われない
音もなく流れて 変わらぬ雲の白さに
生きてることが辛くてならない

青空にさまよう鳥よ 止まり木はもうどこにもない
里程標の陰に咲く花よ もう一度僕に笑いかけて

青空に飛び立つ鳥よ 仲間にはぐれ啼いているのか
里程標の陰に咲く花よ もう一度僕に笑いかけて

[PR]
by bunbun6610 | 2012-01-14 00:11 | はじめての方へ

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610