カテゴリ:観光(中国)( 8 )

倉敷アイビースクエア

1889年に創業した倉敷紡績の工場を
再開発した複合施設です。
倉敷美観地区は日本的な建物と、
こういう洋風の建物も昔からあったのですね。
昔から違和感がなかったのは、不思議です。
早くからこの地に異国文化も受け入れる人がいた、
ということだと思います。

a0196876_8441354.jpg
a0196876_8442365.jpg
a0196876_8443536.jpg
a0196876_8444656.jpg
a0196876_8445734.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2012-09-05 18:30 | 観光(中国)
エル・グレコ作『受胎告知』の絵画所蔵館として有名な大原美術館も、
この地区にあります。

a0196876_8224147.jpg
a0196876_8225055.jpg
a0196876_823060.jpg


民家をイタリアンレストランにして営業。
あまり違和感はなかったです。
a0196876_8232167.jpg
a0196876_823318.jpg
a0196876_8234161.jpg
a0196876_8235111.jpg


倉敷川には珍客も。
何と! 1メートル以内にまで接近できました。
かわいいじゃないですか。
a0196876_824176.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2012-09-03 18:30 | 観光(中国)
a0196876_814384.jpg
a0196876_8144959.jpg
a0196876_815216.jpg
a0196876_8151489.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2012-09-02 18:30 | 観光(中国)

旭川(岡山県)

岡山城と岡山後楽園との間を流れる旭川です。
この橋は、そこをつないでいる橋です。
a0196876_1852541.jpg
a0196876_1852182.jpg
a0196876_18523192.jpg


うーん、何だこの大きな魚は?
2匹で泳いでいました。
a0196876_1852411.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2012-08-31 18:30 | 観光(中国)
岡山市立オリエント美術館

イランやイラクからの美術品が大多数ですが、
不思議な魅力です。
こういう美術館は全国的にも、あまりないのでは
ないでしょうか。
美術品を見て興味深かったのは「合成獣」についての
説明です。

人間は、はじめは見たままに動物などを描いたり
造形していくことから、その美術感覚が養われていった
ようです。
その頃ではまだ合成獣はでてこない、というわけです。

合成獣は、それを考える人間の精神が発達して
こなければ生まれてこない、というわけです。

精神性と合成獣、そして信仰としての神、
これらは関係性があるように思いました。

有名な画家の絵画を見ても、さっぱりわからないの
ですが、オリエント美術館は説明もあるわけだし、
こんなことを考えさせられるのです。
だから飽きませんでした。


a0196876_1527246.jpg



館内には、珍しい中東スタイルのコーヒーを
味わえるお店もあります。
コーヒー豆とスパイスを煮込んで、
その上澄みを飲むコーヒーです。
インドのミルクティーでもお馴染みの、
カルダモン風味です。
スパイスを使ったものを身体に入れると、
疲れが飛び、気分も落ちつきます。
a0196876_15275315.jpg
a0196876_152849.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2012-08-30 18:30 | 観光(中国)
岡山後楽園 夜間特別開園 幻想庭園

(8月15日撮影)
a0196876_844799.jpg

a0196876_8443058.jpg

a0196876_844514.jpg

a0196876_845839.jpg
a0196876_8452115.jpg
a0196876_8453391.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2012-08-29 18:30 | 観光(中国)

岡山後楽園

岡山後楽園

さすがは「日本三名園の一つ」です。

a0196876_981735.jpg
a0196876_982760.jpg

a0196876_983719.jpg


下の写真は「流店」(りゅうてん)と呼ばれる、
全国的にも珍しい建築物だそうです。
戦災をまぬがれた古い建築物で、
当時は接待での休憩所として使われていたそうです。
a0196876_984969.jpg
a0196876_985962.jpg
a0196876_99943.jpg
a0196876_991973.jpg
a0196876_99305.jpg
a0196876_994110.jpg
a0196876_99528.jpg
a0196876_910279.jpg
a0196876_9101133.jpg
a0196876_9102144.jpg


温かいぜんざいもありますが、非常に暑い夏なので、
これは冷たいほうです。
梅干付きが、汗をかいて疲れた身体への心遣いですね。
a0196876_9103226.jpg


ここの売店でしか買えないという「きびだんご」
a0196876_9112356.jpg
a0196876_9113290.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2012-08-28 18:30 | 観光(中国)

岡山城

岡山城

a0196876_102587.jpg
a0196876_10252756.jpg


岡山城の特色は、漆黒の壁に金色の鯱が冴えていることでしょうね。
豪華に見えます。
でも、もともとは今の鯱と違って、金は一部分にしか使っていなかったとか。
a0196876_10253942.jpg
a0196876_10254916.jpg
a0196876_10255866.jpg
a0196876_1026915.jpg


岡山城は昼間は本当に豪華に見えますが、
夜になるとやっぱり幽霊の住む城みたいな感じで、
昼間に見たときのイメージはふっとんでしまいます。
a0196876_10262051.jpg
a0196876_10263056.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2012-08-27 18:30 | 観光(中国)

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610