蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ:sweet( 23 )

たい焼き『きくや』(松戸)

 千葉県松戸市本町1-13

a0196876_1651523.jpg



見た目は、普通のたい焼きにしか見えない。
しかし、なぜか行列がいつまでも途切れない。

不思議に思っていながらも、通り過ぎていた
のだが、やっぱりその秘密が知りたくなった。

行列客に

「このお店のたい焼きって、美味しいの?
この地域では、知っている人が多いの?」

と聞いてみた。

すると

「美味しいから有名よ」

と言う。
ならば、並んでみた。

しかし、一度目は途中で寒さに耐え切れず、
諦めた。
あまりにも大量買いのお客が多かったので、
なかなか行列が縮まらない、
ということもあった。

二度目に行った時は小雨の天気だったが、
いつもより行列が少なかったので、
買うことが出来た。

焼きたてのたい焼きを食べた感想として
述べるが、見た目は普通のたい焼きだ。

食べてみると、衣は普通の、
昔からあるソフトタイプだ。
焼くと結構膨れる。

東京では「薄皮たい焼き」とか、
「白いたい焼き」とか、
色々なたい焼きがあるが、
ここは昔からある、普通のたい焼きだ。

ただ、中味の種類は「あんこ」しかなく、
それ専門のたい焼き屋さんだった。
だから、あんこの味がいい。
しっかりした甘さがある。

まさに一本勝負のたい焼きだから、
これが売れなかったら生活できない。
そういう厳しさを背負ってやっている
お店なのだ。

それと、食べてみるとわかることだが、
頭の方はソフトなのに、胴体、尾っぽへ
食べてゆくにしたがって、
段々と衣が固くなっていく。
つまり、たい焼きの部位によって、
衣の食感が変わるのだ。
これは、焼きたてならでの味わいだろう。
焼きたてだと、こういう色々なテクスチャー
(食感)が楽しめるのだ。

食べ歩きにオススメなのだが、
行列クリアには最低でも30分以上はかかる
こと間違いなし、である。


たい焼き(中味は「あんこ」のみ)
一匹 160円(税込み)


一回で最高24匹までしか焼けない。
店を大きくしたら、儲かるだろうに、
夫婦二人きりで頑張っている。
やっぱり、職人気質なんだろうなぁ。
a0196876_16541254.jpg

a0196876_16542494.jpg

a0196876_16543858.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2015-03-23 18:30 | sweet
三軒茶屋パティオビル1階にある「かしわや」
(世田谷線三軒茶屋駅入口付近)
a0196876_053335.jpg


『トキヲ紀行 2010神無月 その5』
〔2010/10/20 23:59〕



今川焼き (クリーム) 1個100円〔税込〕
a0196876_0501057.jpg


これは美味しかったです。
寒くなる冬には、特にアツアツのまま、
すぐに食べるのがいいと思う。
直ぐ食べれば、表面のパリッとした皮と、
中のトロリとしたクリームを一緒に味わえる。

中に入っているクリームの、非常に軽い口溶け感
が最高でした。
クリームは基本材料に小麦粉やコーンスターチ
などを使っているはずだが、この使用量を極力
減らして作っているのだと思う。

クリームのほかに、
あんこ、クリームチーズとかあったと思う。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-11-24 18:30 | sweet
榮太桜の『なまどら焼き』(有限会社 榮太桜)

a0196876_12272083.jpg


JR駅構内のふるさと(宮城県)商品売り場で購入した一品。


夏でも美味しく食べられるどら焼き(要冷蔵)である。
冷たく冷やしても、生地もクリームも非常にソフトなの
である。
それに、冷たくして食べると、甘さも抑え目に感じられる。

原材料には酒や醤油まで入っているが、
酒は全く気にならないので、子どもでも食べられると思う。

醤油が入っていると知って、買う前は抵抗感があった。

確かに、醤油の味は、かすかに感じられる。
しかしそのほうが、少しの甘味でも、甘味がよく感じられる
ので、さっぱりした甘味のある和菓子になったのだろう。
生クリームも醤油の味を上手くボケさせてくれるので、
かえってよかった。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-06-22 18:00 | sweet
薄皮たい焼き 銀のあん』日野駅前店

 東京都日野市大坂上1-9-6 JR日野駅改札口前



【期間限定】かりんとうたい焼き
 花梨糖たい焼き 黒たい  1匹200円




たい焼きとしては、値段が高いですが、
これは美味しかった。

薄皮の中には、懐かしい黒かりんとうの味がする
餡がぎっしりと入っています。
この餡は、黒蜜を混ぜているのでしょうか?
そんな味がするのです。
普通のたい焼きの餡とくらべて、水分が少なめで、
濃厚な味です。
勿論、この工夫は皮とのバランスを考えてのことでしょう。


でも、美味しさの秘密は、何といっても皮にあります。
普通、薄皮たい焼きといえば、皮がパリッとしているとか、
サックリとしているものです。
他のお店のダメな商品だと、しなびてきてしまったり
していますが。

それが、この黒タイの皮は、内部に細かな気泡があって、
サクサクとする。
まさにかりんとうのような食感がするのです。

かりんとうは、表面はツルッとしていて堅いですが、
内部はきめ細かい気泡ができていて、ザクザクしています。

この黒タイの場合は、それよりも軽やかな食感で、
お菓子のようにサクサクしているのです。

たい焼きに、この食感を実現させるとは驚きです。
久々にオススメの、和のスィーツ登場です。

a0196876_21374933.jpg


a0196876_21382236.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2014-01-14 18:30 | sweet
PATISSERIE LA NOBOUTIQUE(パティスリー・ラ・ノブティック)]』

 東京都板橋区常盤台2-6-2 池田ビル1F
a0196876_10402918.jpg




生菓子も幾つか食べてみたのですが、あまり美味しいとは言えません。
でも、焼き菓子はなかなかいいと思います。
使用原材料の表示を見ると、バターだけでなくショートニングなども
使用しているようです。
それだけに安くて、味わいも少しライトです。


『ときわクーヘン(プレーン)』(200円)
「銘菓」に指定しているお土産菓子ですが、
味はいいとは言えないと思います。
四角いバウムクーヘンです。
a0196876_1040152.jpg



『ナッツ・キャラメル』(200円)
キャラメル風味のパウンドケーキの上に、
数種類のナッツをのせて焼いたドゥミセック(半生菓子)。
これは美味しかったです。
a0196876_10402460.jpg



『ガレット・ブルトンヌ』(180円)
見た目は硬そう。
でも、食べてみるとそんなに硬くはないです。
噛んだ瞬間の、ボロッと崩れる食感がいいです。
a0196876_21434910.jpg



『サブレ・蜂蜜ノワゼット』(180円)
蜂蜜風味の、少ししっとりとした食感のするクッキーです。
相性のよいノワゼット入り。
a0196876_2144519.jpg


『サブレ・塩チョコ』(180円)
サブレ・ショコラのなかにアーモンドと、ほんのりとするくらいの塩入り。
これはおすすめだと思います。
a0196876_21442769.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-12-01 18:00 | sweet
LE CHOCOLAT DE H(ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ)

東京都港区六本木6-12-4 六本木ヒルズ けやき坂通り レジデンスD棟


クープ・ド・モンド優勝者・辻口博啓氏が提案する、
ショコラトリー&カフェ。

辻口氏が持つパティスリー・モンサンクレール(東京・自由が丘)
では、そんなに美味しいものを食べることができなくて残念に
思っていました。
見た目はキレイに仕上がっているのですが、
味が皆平凡でガッカリしました。
それと、クロワッサンが信じられないことにしょっぱかったので、
もしかして配合ミスなんじゃないだろうか、と疑ったものです。

あのときは

「もう二度と買いに行くものか」

と思ったものです。

それよりも、私は以前から六本木の店で何度か、
ショコラのドゥミ・セックを買っていました。

「ここのほうが美味しいものがあるな」

と思いました。


『ブラウニー』
これは味がしっかりとしていて、オススメだと思います。
a0196876_2117513.jpg


『ダックワーズ・ショコラ』
こちらは特に美味しいというわけではありませんが、
そこそこの味だと思います。
a0196876_21204091.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-04-27 18:00 | sweet
La Vieille France(ラ・ヴィエイユ・フランス)

東京都世田谷区粕谷4-15-6 グランデュール千歳烏山1F


絶妙な焼き加減のクッキーや、タルト、キッシュが美味しい、
正統派、古典派フランス菓子のお店です。

a0196876_22115158.jpg


『パルミエ』
a0196876_22555081.jpg


『プレオール』
見た目は何となく汚そうですが、
表面を香ばしくキャラメリゼしたパイ菓子です。
a0196876_23141649.jpg


『キャラメル・フランボワーズ』
a0196876_23161132.jpg


『ココ・フランボワーズ』
a0196876_23164965.jpg


『ダコワーズ・ノワゼット』
これぞ、フランス菓子の傑作です。
a0196876_23172063.jpg


『生キャラメル(塩、ハチミツ)』
a0196876_2317509.jpg


『クルミとクレーム・ド・キャフェのプティ・ガトー』
(正式名称は忘れてしまいました)
a0196876_23426100.jpg


『ほうれん草とチーズのキッシュ』
デパートで見る白っぽいキッシュとは大違い。
パートはキツネ色にきちんと焼いています。
それでいて、中身はみずみずしさを保った食感です。
a0196876_23182299.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-03-31 18:00 | sweet
CAFÉ DE GINZA MIYUKI-KAN

お店の

「銀座で一番美味しい和栗のモンブランです」

の言葉に釣られて、入ってしまいました。

食べてみると、なるほど。
底のフォン・ドゥ・ムラングが全くしけっていないので、
歯触りが良く、香ばしさがある。

これは、フォン・ドゥ・ムラングとモンブラン・クリーム
を別々に保存しておき、注文が入ってから合体させたのだな。

フォンは美味しい。
で、和栗のマロン・クリームも甘過ぎなく、さっぱりとしている。

総合的には、おいしいか、さほどでもないかに、
評価が分かれるだろう。
でも、サクサクで大きめ、それでも甘くないフォンは
堪りませんな。

コーヒーの味もいいです。
みゆき館ブレンドコーヒーとモンブランのセットで、
1100円です。

a0196876_20233668.jpg

a0196876_20242141.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-12 20:20 | sweet
スフレの店と言えば

『ル・スフレ』

が有名だと思います。


(広尾店)
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13004743/

〔スフレの食べ方が参考になる情報〕
http://fanet.jp/regular/makie/33.html


(自由が丘店)
http://sweets-forest.com/sou.php


でも、値段がいくそうです。

結局、ホンモノのスフレの味を知らぬまま、
ずっと我慢していました。
たまたま、新宿三丁目にもスフレを出している
喫茶店を発見。

『星乃珈琲店』(新宿東口店)

所在地; 東京都新宿区新宿3-17-5
        新宿ニュー富士ビル 2F


ここはバニラ・スフレが530円と結構お手頃価格なので、
食べてみました。

私は注文してからテーブルに届くまでの間、
時間は計っていなかったのですが、

「注文してから、焼きあがるまで12分ほど待つ」

そうです。

直径9cmほどの大きさです。
トッピング(ソースやジャム、ホイップクリームなど)
は別注(1アイテム100円)ですが、
やっぱり何かつけたほうがいいと思います。
スフレだけだと、味が薄いので。

〔トッピングの種類〕(各種プラス100円)
①ソフトクリーム  ②ホイップクリーム  ③ブルーベリーソース
④イチゴジャム  ⑤マーマレード  ⑥チョコレートソース  ⑦小倉


2012年にスィーツ・ブームになったパンケーキも、
ここはオリジナルのようです。

コーヒーは、もちろん美味しいです。

ビルにある看板
a0196876_095664.jpg


お店はビルの2階にあります。
a0196876_0103347.jpg


お待ちかねの、バニラ・スフレの登場です。
a0196876_0105877.jpg


おしぼりは「障害者雇用」を意識して
a0196876_0113290.jpg


「障害者がつくったおしぼり」を使用。
実際に使ってみて

「質は中国製品みたいで、落ちたな」

と思ったが、おしぼりなら、まあいいか。
知的障害者などの雇用を理解するのも、
社会貢献だと思えば。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-11 18:30 | sweet
ウェスティンホテル東京

このフランス菓子の名は「グリオット・ショコラ」。

キルシュ・オ・ド・ヴィ風味のシロップをたっぷりと
滲みこませたビスキュイ・ショコラと、
ショコラのクレームを層に仕上げた、
シンプルな冷菓です。

ジュワッと染み出る、キルシュの風味豊かなシロップと、
楽しいざらつきのビスキュイ、
それにまったりしたショコラのクレームが
ハーモニーになって、美味しさを演出してくれます。

これにキルシュに漬け込んだグリオットは、
男性食通家にとっては最高に相性がいいと
思うのです。

正月ということで、お皿に富士山から昇る日の出の絵を
描いてくれました。

今年も初日の出を見なかったので、
これは嬉しい。

a0196876_235985.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-05 18:30 | sweet