平成28年度 障害者の雇用の促進等に関する法律に基づく企業名公表等について

厚生労働省

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11704000-Shokugyouanteikyokukoureishougaikoyoutaisakubu-shougaishakoyoutaisakuka/0000158768.pdf


平成28年度 障害者の雇用の促進等に関する法律に基づく
企業名公表等について

障害者の雇用状況に改善が見られない2社を公表します
国等の機関への適正実施勧告は該当なし

「○ 「障害者の雇用の促進等に関する法律」
(以下「障害者雇用促進法」)
においては、民間企業について、障害者雇入れ計画の
適正実施勧告に従わず、障害者の雇用状況に改善が
見られない場合、企業名を公表できることとなっていますが、
これに基づき、厚生労働省は31日、2社について、
次の通り企業名を公表します。

【障害者の雇用状況に改善が見られない企業】
1 株式会社エル・エム・エス
(本社:東京都文京区、代表者 朝比奈 幸一郎、卸売業)

2 株式会社きもと
(本社:東京都渋谷区、代表者 木本 和伸、その他の製造業)

○ 国及び都道府県の機関(以下「国等の機関」)については、
障害者雇用促進法において、雇用状況に改善が見られない場合、
適正実施を勧告できることになっていますが、
各機関とも一定の改善が見られ、
勧告を行う機関はありませんでした。」




株式会社エル・エム・エス
東京都文京区本郷3-6-7
ホームページ; https://www.lms.co.jp/

「平成29年1月1日現在の実雇用率が0.0%と
低い水準にとどまっている。」


雇用指導官から指導を受けてからも、
何年経っても一人も雇用していない、
という状況らしい。

その理由は?

採用情報
https://www.lms.co.jp/recruit/

もともと、障害者募集がないのだろうか?
となると、障害者差別に該当する可能性が濃厚だ。




株式会社きもと
東京都渋谷区代々木2-1-5JA南新宿ビル
ホームページ; https://www.kimoto.co.jp/

「(注1) 障害者の数には、重度障害者のダブルカウント等
が含まれている。
(注2) 3月31日現在、障害者の数は9.0人、
実雇用率1.56%、不足数2.0人であり、
依然として未達成である。」



一見、悪質には見えない。
ただ障害者の数が8~9人と、ほとんど変わっていない。
ダブルカウント障害者を雇用して、
雇用率を水増ししているだけなのかもしれない。

ただ、『CSRレポート2011』を見ると、
コンプライアンス部会はあるし、
「盲導犬体験デー」、
フォトコンテストなんかやっているのに、
障害者雇用に関しては、一行も触れていないようだ。
宣伝広報活動はやるが障害者雇用はあまりしないところが、
マイナス・イメージになってしまうのかもしれない。
[PR]

by bunbun6610 | 2017-05-10 07:21 | 障害者問題・差別
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line