蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

デフサポって、何だ?

デフサポって、何だ?

http://nannchou.net/



難聴経験のある人ならばわかるのだが、
難聴者というのは、今の日本社会では本当に、
中途半端なサポートしか受けられない立ち位置
になってしまう。
その証拠に、下のような困り事が載っている。


【ユカコの話】難聴者の私が普通学校で感じたデメリット10選:前半編
〔2015.09.24〕
http://nannchou.net/schoolde


【ユカコの話】難聴者の私が普通学校で感じたデメリット10選:後半編
〔2015.09.25〕
http://nannchou.net/schoolde2



私も、子どもの時から、こんな経験を全部していた。
しかも、これはまだ、ほんの一部に過ぎないのだ。
だから放って置くと子どもの将来にとっても、
また家庭、社会にとっても、実は大変な損失になってしまう。


障害が軽い難聴でも?
『身体障害者手帳のない聴覚障害者(難聴者)は、
どうやって就職するのか?』
〔2013-01-16 18:00〕



障害が重くて、手厚い福祉的恩恵が受けられても?
『聴覚障害者の職場放棄』
〔2012-09 -08 18:33〕



何で日本は、こんなにいい加減なんだ?
え? 

「私は自分の子どもを、あなたのような非人格者に
育てたくない」

だって?
だったら余計、まともにしたほうがいいぞ。



こんな場合にはどうすればいいのか、本人は勿論、
親だって、どうしてもわからないものだ。


「音が聴こえるのだから、社会生活ではさほど
困らない。
補聴器をすれば聞こえる

(健聴者には理解しにくいと思うが、
「聴こえる」と「聞こえる」の、
私が意識して書いた言葉の違い、
意味の違いに注意してほしい)

と考えるのは、実は考えものなのだ。
それをやっているのは、健聴者。

それも、健聴者のなかでもエリートと
思われている医師が、
まだこんな前世紀的な考え方なのだから、
呆れてしまう。



『感音性難聴障害と語音明瞭度検査(聴覚検査)』
〔2014-03-15 18:30〕






だから、


『バカがいつまでも聴覚障害者差別をしている時代に』
〔2013-04-03 18:00〕


なんて、言われるのだ。
今の社会でも、それがまだ理解されていない。


例えば、聴覚障害者支援といえばよく、
ろう者と難聴者をごっちゃまぜにしてしまう
ケースが非常に多い。
聴覚障害者への情報保障というと、
手話しかないと誤解していた会社もあった。
口話メインの難聴者、聴覚障害者もいることを
知らない。



『聴覚障害者でも、しゃべれる人がいる理由①』
〔2014-03-14 18:30〕





『なぜ手話ができない聴覚障害者が多いのか?』
〔2014-07-19 18:30〕





『映画『レインツリーの国』(有村浩/原作)』
〔2015-12 -12 00:22〕




これも、「健聴者はバカだから」?
いやいや、単に「無関心」なだけかもしれない。
他人がどう考えているかはわからないが・・・・。

それぞれの聴覚障害者団体の、
思惑のせいになったこともあるのかもしれない。
でも正しい理解がされてこなかった一番の要因は、
当事者が声に出してこなかったことだと思う。

障害を隠すということは、
相手の差別を受け容れたのと同じだ。
たとえ社会からであっても、
差別は受け容れてはいけない。
社会の言う「正しさ」と、「真実」とは別のものだ。
真実を伝えられる勇気を持った人間になろう。
[PR]
by bunbun6610 | 2017-04-22 15:32 | 聴覚障害