蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

無期限自宅待機中の、会社(人事部)との第2回面談



就労後の聴覚障害者問題(■社)

 Y部長; ■■ ■■(人事総務部人事グループ 部長)

 M課長; ■■ ■■(人事総務部人事グループ 課長)


20■■年■月■日(■) ■■:■■~■■:■■

人事総務部Y部長、M課長との第二回面談。
最後の面談となった。

M課長;
「お疲れ様です。
前回は体調不良とのことでしたが、今はいかがでしょうか?
病院ではいかがでしょうか?」

私;
「前回はたまたま、変更した精神薬が自分に合わず、
副作用が強く出ました。
だから、薬をまた元に戻しました。
病院は月一回、精神科と内科に通っています。」

M課長;
「前回は「血圧が高い」とのこと。
このほうはいかがでしょうか?」

私;
「薬の量を増やしました。
で、大体130/90くらいに落ちついてきていますが、
睡眠の質で、左右されるみたいです。」

M課長;
「では、今日は普段と同様ですね。」

私;
「そうですね。」

M課長;
「では、メールの年金手帳の件、お返しします。
確認のため、この票にサインをして下さい。」

M課長;
「少し時間がたちましたが、この間、どんな気持ちですか?」

私;
「変化はないと思います。
生活習慣が不規則になってきたので、限界です。
仕事はしたほうがいいと思うのですが、
精神的にはまだ不安があります。
それでも、少しずつ働いたほうが良さそうに思うので、
ハローワークに行って仕事探しをしています。
パート・アルバイトで、時間を短くしてみようか、と。」

M課長;
「あなたが求める仕事はありましたか?」

私;
「自分が選べる、希望通りにいくものはありません。
聞こえないという理由だけで、雇用してもらえない
職種がほとんどです。
だから、自分で選べません。
何でもいいから、やるしかありません。」

M課長;
「障害者枠での求人はないですか? 少ないのですか?」

私;
「千件以上あります。
けど、その中で、聞こえない人が働ける仕事を探すと、
20件くらいしかないです。
ほとんどの仕事が、耳が聞こえる人対象だからです。
「電話応対あります」「危険な仕事です」「接客」・・・
これらは全部、応募できません。」

Y部長;
「いつ頃から、ハローワークへ行っていますか?」

私;
「■月です。」

M課長;
「在職中であるということが、就職活動のマイナスになる、
ということはないのですか?」

私;
「それは、自分も全くわかりません。」

M課長;
「あなたの希望や求める条件があれば、
転職も考えるということですか?」

私;
「今の会社は、辞めざるをえない、と思います。
何と言っても、生活(習慣)が不規則で、
このままではよくないです。
短時間アルバイトで急募のものならあるので、
そういう仕事からしようかと思いました。」

M課長;
「生活が不規則ですか?
今はあなたの時間は、会社は拘束していませんが。」

私;
「テレビで新型うつ病という特集をやっていましたが、
それとよく似ています。
会社が本人を拘束していなくても、精神保健上良くない
状態になることはあります。
特に今は、働いていないので夜、眠れないことが多く、
朝は血圧が下がりません。」

M課長;
「なるべく早く、そういう状態が良くなるといいですね。」

私;
「だから、働こうと思い、アルバイトの話はほぼ、
まとまりました。
やりたい仕事とは違うようですが、聞こえないと、
そうなるのはどこでも同じですので、
もう仕方がありません。」

Y部長;
「年金手帳は、そのアルバイトの為に必要だからですか?」

私;
「「アルバイトは社会保険に入れない」と言われましたので、
関係ありません」

M課長;
「アルバイトの期間は?」

私;
「わかりませんが、これから働く予定です。」

M課長;
「いつからですか?」

私;
「わからないので、■月■■日付で、
ここを辞めさせていただきたい、と思っています。
それが決まったらアルバイト先へ連絡し、
いつから働くのか決まると思います。
退職届です。」

M課長;
「では、必要書類を確認し、早く用意します。」

Y部長;
「退職は了解しました。」

M課長;
「他に手続きに書いてもらう書類もいくつかあるので、
今確認してみます。」
(M課長が一旦、席を外す)

Y部長;
「職場には私物の忘れ物はありますか?」

私;
「ないです」

Y部長;
「労働組合とは、その後、話はしましたか?」

私;
「していません。」

Y部長;
「連絡はありましたか?」

私;
「ありましたが。」

M課長;
「書類、健康保険証、■■■■カードを返送願います。
源泉徴収票、離職票はのち(■月)ほどに。」

Y部長;
「今までのブログへの書き込みをされ、
私どもから削除し、新たな書き込みをしない旨、
文書で申し伝えました。
■社のこと、内部のことやクライアント様について
退職後も、書き込みされないよう、
あらためてお伝えします。」

私;
「ブログについては、違反もあるのでしょうけれども、
書く権利は誰にでもある、と考えています。」

Y部長;
「個人のことなどよいと思いますが…。
書く権利を侵害するつもりはありません。
20■■年■月■日付『通知書』にあることはしないでほしい、
と言っています。」

私;
「そうですか。」

Y部長;
「約束してくれますね。」

私;
「約束はできません。」

Y部長;
「どうして?」

私;
「「書く権利」と「約束できない」は一体だと思うからです。」

Y部長;
「書くことは自由(権利)ですが、それによって相手を
害することがあった場合には、責任を問われます。」

私;
「その通りだと思います。」

Y部長;
「なので、当社を害するようなことは書かないで下さい、
と言っています。」

私;
「貴社の要望はわかりました。」

Y部長;
「約束してくれますね。」

私;
「要望を聞くことと、約束できるかどうか、
ということは別問題ではないでしょうか?
例えば、今、■本■郎というタレントが訴えられています。
自分が訴えられるということを知っていて、やったのです。
そういう自由意志だって、人間にはあるのです。」

Y部長;
「あなたの言っていることの意味はわかりました。
でも、そんなことをやって、何の意味があるのか、
私にはよくわかりません。」

私;
「聴覚障害者への差別とは何かを、社会に知ってほしい
からです。」

Y部長;
「今まで同じようなことをしてこられたと思いますが、
それで何か変わりましたか?
争う姿勢からは何も生まれないような気がしますが。」

私;
「人により、色々な対話の仕方があると思っています。
我慢しても、何も変わりません。」

Y部長;
「争わない、ということと、我慢するということとは違うと
思いますが。」

私;
「同じではないですが、同じようになってしまうことは
あると思います。」

Y部長;
「これが、あなたのやり方なのですね。」

私;
「やり方は、相手により変わるけど。」

Y部長;
「残念です。
最後まですれ違いのままですね。
今後も、ブログ等で当社を害するようなことがあれば、
次は本当に争わなければなりません。
本当にそれで、あなたの目的(差別をなくす)が
達せられるのでしょうか?」

私;
「やってみないと、わからないと思います。」

Y部長;
「いずれにしても、最後にもう一度。
「書き込まないように」。」

私;
「お話は聞きました。」

M課長;
「では、後で書類を送って下さい。」

(終わり)
[PR]
by bunbun6610 | 2017-04-28 19:30 | 就労後の聴覚障害者問題Z1