聴覚障害と仕事の能力



就労後の聴覚障害者問題(■社)

『聴覚障害と仕事の能力』

20■■年■月■■日(■)

インターネット上に、仕事ができない
聴覚障害者の話が載っていたりします。

「幾ら障害者雇用促進法という法律で
雇わなくてはならないと言っても、
こんな障害者まで雇い続けなければならない
なんておかしい」

といった声もあったりします。

聴覚障害者では、次のような事例も。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1234568532


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2702398.html


例えば、いわゆる

「仕事がきちんとできない聴覚障害者」

というふうに言いますが、仕事ができない原因
というのが、記事の読み手には本当のところは、
よくわからなかったりするものです。
ひょっとして健聴者のコミュニケーションの
しかたにも問題があって、
通じていない部分もあるのかもしれません。
そうであるならば、一方的に聴覚障害者本人が
悪いのではないでしょうし。

私も職場のコミュニケーションがなかったり、
不足が原因で、自分だけ知らなかった業務知識は、
幾つかありました。
それは当然、業務ミスにつながりました。




============================




【業務上のコミュニケーション・ミス事例】

当ブログ

『職場の問題事例をコンプライアンス部に告発(1)』
〔2016-02 -16 18:30〕


『職場の問題事例をコンプライアンス部に告発(3)』
〔2016-02 -29 19:30〕






============================



しかし、それは

「身体障害があるから、
仕事能力にもハンディがある」

のではなく、

「その障害者の障害に対する、
会社側の合理的配慮がなかったから」

なのです。

でもそういうこと以外の大抵のことは、
たとえ先輩の指導が下手だったとしても、
障害者本人にもやる気があれば、
自分で何とかできるものです。
[PR]

by bunbun6610 | 2017-04-16 19:30 | Z1.クレジットカード会社
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line