バイエル薬品“カルテ”無断閲覧、内部告発社員に「退社」勧める

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170413/Tbs_news_88472.html?_ga=1.124209549.602445057.1492059283




バイエル薬品“カルテ”無断閲覧、
内部告発社員に「退社」勧める


TBS News i 2017年4月13日 12時27分
(2017年4月13日 13時50分 更新)



大手製薬会社「バイエル薬品」が患者に無断でカルテを
閲覧していた問題で、社内で内部告発した社員に対し、
上司が「会社に法的責任はない」と話したうえで、
会社を辞めるよう勧めていたことがわかりました。

 この問題はバイエル薬品の社員が新薬の販売をめぐって、
上司から指示を受け、宮崎県の開業医に依頼して、
およそ200人分のカルテを患者に無断で閲覧していた
ものです。

 この社員は2年前、

「問題のある行為が行われている」

と会社のコンプライアンス室に訴えていました。
しかし、その後、バイエル薬品の当時の九州支店長は

「法的問題はない」

と話したうえで、社員に会社を辞めることを勧めていた
ことがわかりました。


【社員が録音した音声データより】
 「法的には問題ないですよ」(九州支店長〔当時〕)

 「問題ないわけないじゃないの」(内部告発した社員)

 「(再就職先を)なんとか1回相談してみようか」
 (九州支店長〔当時〕)

 「クビにするかどうかですか?」(内部告発した社員)

 「円満に辞められるように」(九州支店長〔当時〕)

 さらに、九州支店長は後日、退職一時金の額まで提示
していました。



【社員が録音した音声データより】

 「450万というのは退職一時金や。
 再就職支援、退職支援、もし希望があればな」
 (九州支店長〔当時〕)

 「ないです。ないです」(内部告発した社員)

 「ないの?」(九州支店長〔当時〕)

 「ない。会社は一切責任をとらずに、
 僕にだけこうやって押しつけるというか、
 辞めさせ方の常とう手段としか思えないんですよ。

 僕に(カルテの閲覧を)やらせた人たちはそのまんま。
 結局、僕にだけ責任をとらせて、とかげのしっぽ切り
 じゃないですか」(内部告発した社員)


 こうしたやりとりの結果、社員は

「会社に訴えても事態は変わらない」

と判断し、去年7月、厚生労働省に告発しました。
体調を崩し休職していますが、現在も現役社員のまま
です。

 内部告発をした社員に退職を勧めたことについて、
バイエル薬品は

「外部の専門家を交え、さらなる事実関係を検証している」

としています。
厚生労働省は、カルテの無断閲覧をめぐる詳しい
経緯を調査しています。(13日11:26)




============================





>「450万というのは退職一時金や」

嘘つけ。
これは、100%「口止め料」だ。
こういうことに経験がある者ならば、わかる。
密室でこういう交換条件を提示し、
守秘義務契約書を結ばせる手口だ。
もし拒否すれば、「解雇」という厳しい処分だけが
待っている。
だから

「どうせなら、この条件を飲んだほうが利口だ」

と思わせる気だ。

やっぱり、会社のコンプライアンス室というのは、
本当は会社組織をこのようにして守るために、
つくられた組織なのだと思う。


ある大手パチンコ店経営会社も、いろんな連絡・相談網
を社内外に展開しているが、正しく機能していなかった。
コンプライアンス・ホットラインは確かにあることはあったが、
利用しても返信がないのだ。
つまり事実上、幽霊組織であることを意味している。

それでも、内容は本社へ伝わっていると説明された。
しかも、内容次第では解雇になることも内部規程されて
いるのである。
勿論、これは就業規則にはない、法務部内だけの
特別な規程だ。
ということは、本当は会社が通報者をあぶり出すために、
こういうものを設置しているのだろう。
人事部にもきっと、このような内部規程があるはずだ。
だから皆、見て見ぬフリをするのだろう。
一人で堂々と正義ぶっていると、バカを見るぞ。

しかし働く障害者だって、いろいろな不正や悪事を
裏で見ているから、悩むものだ。
(例えば、不正釘曲げ行為やセクハラ、パワハラなど)
やっぱり、障害者だって「人間だもの」。


私立J大学附属J医院(東京都文京区本郷)の
内部実態も知っている。
ここは、JCI (Joint Commission International) 認証
https://www.juntendo.ac.jp/hospital/about/certificate_jci.html
を取得している、国際的評価が高い大病院だ。
ところが、障害者洗浄員や、医師の内視鏡の取扱い
がひど過ぎたために、修理代が年間2000万円も
かかったって知った(オリンパスからの報告)。
一般人、殊に患者様がこれを聞いたらどう思うか?
勿論、そのツケは補助金を出している国とか、
患者様の負担になるだろう。
そんな情報を、大学は暴露されてしまう可能性を
意識したから、解雇した可能性が十分にある。



>「とかげのしっぽ切りじゃないですか」

映画『土竜の唄』で観た、ヤクザの世界と同じだな。

『映画『土竜の唄 香港狂騒曲』』
〔2016-12 -24 08:53〕






〔参考情報〕

『内部通報社員による内部告発の脅威
 -バイエル薬品カルテ無断閲覧事件』
〔山口利昭 2017年04月14日 00:53〕

[PR]

by bunbun6610 | 2017-04-13 22:06 | 社会
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line