就労後の聴覚障害者問題H

2017年8月23日(水)

21時。出勤して最初に洗浄機から洗浄ラックを取り出すと何と! 焼きそばと紅生姜が付いた皿が入っていた。更に、洗ったビール・サーバーを入れる専用カゴが、生ゴミの入った汚いシンクの中に入っていた。そのことをすぐに、D主任に報告した。主任は「わかりました。伝えておきます」とだけ言って、ドリンク・オーダーに集中した。しかし、もうこれまで何度もあったことなので「いい加減にして欲しい」という気持ちだった。「これが洗浄機の中に入っていたんですよ。洗浄機の中が汚れてしまいます。そうしたら、その次に洗うものも、汚れてしまいますよ。それでいいんですか?」と言った。すると主任は「あなたもありますよ」と言った。冗談じゃない。明らかに、感情的になっているだけだ。本当は、主任は私の仕事ぶりなんか見ていない。いつもそうだった。フロントにへばりついていて、時々、厨房に来ても、スタッフと話をするだけだ。そんな人間が、わかるわけがないだろう。
私もムッとなってしまい、「あなたもありますよね。トイレチェック。やっていないのに、サインだけしているのを、知っていますよ」。すると主任もムキになって、「あれはやらなければいけないんです。他店もやっています」と、耳を疑うことを言い出した。私は「は? そういう店なの? カラオケ■は。呆れたもんだ」と吐き捨てた。主任は一瞬、「しまった!」という表情になったように見えて、その後、黙ってしまった。私は更に言った。「それなら、本部へ報告します。いっぱいあるんですよ」と言った。主任は、それでも黙って仕事を続けていた。口が滑りやすい人なのだろう。子供みたいな人だ。私は更に「『自分の店じゃないから』と思っているクルーなら仕方ないが、正社員がそんなことを言ったら、やる気なくしますよ」と言った。しかし、主任は言っても無視しているし、そのうちにすぐに忘れてしまう人だった。口論になった時はイラッとしていたが、私の退勤時にはケロッとしていた。

21時に厨房で調理担当をしていたIさんに最初、「あの皿を洗浄機に入れたのはIさんですか?」と聞いたら、「いいえ、違います」「じゃあ、誰だか分かる? Iさんの他には、21時退出のOさんか、20時退出のKさんしかいないと思う。どちらかだろう」「・・・・・」。
その後、またIさんが来て、幾つか聞いてきた。「主任から聞きました。主任が『みんなやっている』と言ったのですか?」「『みんなやっている』というのは、トイレチェックをしてないのにサインしているということを、他店もやっている、ということ。皿のことじゃない。やらないといけないから(やらされている)。でも、皿だって、もうこれまでに何度もあるよ」「でも、忙しい時もあって、その時までトイレチェックをやる事なんて、出来ない場合もあります」「それは、わかっている。問題なのは、トイレチェックをやっていない場合があるのに、やったようにサインをしていることです。そんな人を、信用できますか?」「・・・・」こんなやりとりをした。Iさんからはそれから、「あれはOだと思います」と聞いた。私は「別に犯人探しをしているわけではないよ。Oさんだとわかったとしても、彼を責めるつもりはない。でも、洗浄機の中が汚れてしまうような使い方は問題だ。上の人には指導責任があると思う。なのに、主任のあんな言い方はないだろう。」「一応、指導はしているが、同じことを繰り返す人もいる」と、やむを得ない事情も説明していた。
Iさんの「忙しくてなる場合もある」だが、21時の時は、Oはただ厨房に立っていて、Iさんが作っている料理が出来るのを待っている感じだった。だから、忙しいわけではないかったように思う。忙しいからといって、基本的なことも守れない人を遣っていることのほうが、むしろ問題だ。

その後、店長が厨房に来たので、この話をした。すると「聞いたよ。Oに電話してみた。でも、『よく憶えていない』という返事だった。『それで済むのかよ』と言ってみたが、本人は曖昧な態度のままだった」という。何度指導しても、同じことを繰り返す人はいる、という。
I本部長から、他社(第一興商?)営業店舗が食中毒事件を起こし、営業停止処分を受けたニュースを引き出し、「他人事ではありません」と、注意喚起していたばかりだった。Oは、食中毒事件を起こしそうなことをやっているのに、本人は認識が浅いというのは、一緒に働く者として不快極まりないことである。

油まみれになっていたノンフライヤー(1号機、2号機)だった。それを、調理担当のIさんが使い続けていた。ところが、隣の3号機はなぜか、全く使われていなかった。なぜだろうか? 新しい3号機はなるべく使うな、という指示が、主任からあったのだろうか? 油まみれになっても使い続けているから、バスケットの底に汚れがこびりついてしまうのではないだろうか? 洗う暇がないのなら、なぜその前に、3号機に交換しないのか?

トイレチェックの偽証記入(サイン)について。「やらないといけない。後でスーパーバイザーに言われるから、(仕方なく偽証サインでも)やっている」という感覚で、仕事をしているように思える。こういうことになったのは、スーパーバイザーにも責任があるのではないだろうか? 正社員はたった2人しかいないのに、30人ほどのクルーを抱えている。接客は2人だけでやっているのに、15室以上も客が入ったら、忙し過ぎてトイレチェックまでは無理に決まっている。それで、やっていなくてもサインだけしてしまうのが実態だったのでは?

清掃の仕事をしていると、本当に「他人の裏側を覗いている様な感覚になってしまう場合がある」と思った。

なぜか今日は全室、エアコンをつけっぱなしだった。暑いからとはいえ、一度も使用しなかった地下1階も含め、全室だった。

3時25分。3階女性用トイレの閉め清掃をしたら、汚物入れの中に「除菌消臭済」ビニール袋(マイクカバー)の束(40枚ぐらい)が捨てられていた。今日の出勤女性を調べてみたら、Yさん(他店ヘルプ)という人と、Kさんしかいない。どちらかだ。D主任も女性だが、それはありえないだろう。

3階男性用トイレの電球が切れていた。最終チェックの時間は2時、その時の担当者はヘルプのGさん。ヘルプも、仕事がろくに出来ない人だった。

店長に聞いた。「ISさんはどうしたの? 辞めたの?」。すると「パスポートを盗まれて、来れなくなってしまった」という。しかしもうすぐ新しいパスポートが発行される予定なので、いずれまた来日して働けるようになりそうだ。





【追記】
第一興商
http://www.dkkaraoke.co.jp/

『食中毒事故発生に関するお詫びとお知らせ』
第一興商 2017年8月11日(営業停止ではなく、営業禁止処分だった)
http://www.dkkaraoke.co.jp/stockinfo/pdf/20170811_info.pdf



平成29年8月11 日
各位
上場会社名 株式会社 第一興商
代表者 代表取締役社長 保志忠郊
(コード番号 7458 東証第一部)
問合せ先責任者
上席執行役員
兼経営企画部長
兼社長室長
國津 洋
(TEL 03-3280-2774)

食中毒事故発生に関するお詫びとお知らせ

このたび、当社が運営する店舗「鮮や一夜名古屋太閤通口店」におきまして、食中毒が発生いた
しました。同店舗、及び同一厨房を使用し営業を行っておりますビッグエコー名古屋太閤通口2 号
店は8 月10 日(木)付で所轄である名古屋市中村保健所より営業禁止処分を受けましたので下記の
とおりお知らせいたします。
発症されたお客様には多大なる苦痛とご迷惑をおかけしたことを心より深くお詫び申し上げます。
また、同店舗を日頃からご利用いただいているお客様、及び関係者の皆様にも多大なご迷惑とご心
配をおかけしましたことを、重ねてお詫び申し上げます。



1.食中毒事故の内容について
平成29 年8 月4 日(金)、「鮮や一夜名古屋太閤通口店」において、平成29 年8 月1 日(火)
に宴会コースをご利用されたグループのお客様29 名のうち15 名のお客様に食中毒の疑いの症
状が発症している旨、所轄である名古屋市中村保健所より連絡がありました。
その後、名古屋市中村保健所による調査の結果、お客様の共通食は当該施設の食事のみであ
ること、お客様及び調理従業員の検便からサポウイルスが検出されたこと、さらに、お客様を
診察した医師から食中毒の届け出があったことから、名古屋市中村保健所により「鮮や一夜名
古屋太閤通口店」が提供した料理が原因であると判断されました。

2.行政処分の内容について
同店舗は8 月10 日付で名古屋市中村保健所より、以下のとおり食品衛生法に基づき営業禁止
処分を受けております。
処分店舗 :鮮や一夜名古屋太閤通口店
ビッグエコー名古屋太閤通口2 号店
所轄保健所:愛知県名古屋市中村保健所
処分の理由:食品衛生法第6 条第3 号の規定に違反したため
処分年月日:平成29 年8 月10 日
病因物質 :サポウイルス

3.再発防止策について
当社及び当社グループ店舗では、日頃からの店舗従業員に対する教育のほか、定期に専門機
関による衛生検査や研修会を行うなど、衛生管理の徹底に努めてまいりましたが、このような
食中毒事故の発生に至りました。
当社といたしましては、この事態を真摯に受け止め深く反省するとともに、再発防止に向け
て以下の対策を実施し、お客様に安心・安全にご利用いただくために更なる衛生管理の強化を
図ってまいります。
(1)発生店舗の厨房設備・店舗設備の徹底清掃の実施、及び個別指導の実施
(2)調理従事者に対する衛生マニュアルに基づく手洗いの再徹底指導
(3)当社及び当社グループ店舗への事例共有、指導の徹底
(4)食中毒の予防及びまん延の防止のための指針とマニュアルの整備、及び食中毒予防に特
化した教育研修の実施
本件に伴い、お客様や関係者の皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしましたことを、改め
て心より深くお詫び申し上げます。

4.業績に与える影響について
本件による当社グループの連結業績に与える影響は軽微と考えておりますが、改めて開示が
必要な場合には、別途速やかにお知らせいたします。

以 上

[PR]
by bunbun6610 | 2017-08-24 08:00 | 就労後の聴覚障害者問題H


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(409)
(194)
(97)
(56)
(53)
(52)
(40)
(31)
(13)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(1)

ブログパーツ