就労後の聴覚障害者問題G


2017年3月31日(金)
今日は全員出勤。
Kさんが「何か書いて」と全員に言って、Oさんが何か書いていた。しかし、それを誰にも渡したり、見せたりすることなく、自分で捨てていた。
「理由をわかりやすく説明してほしい」
「周りの人ともっとあわせてほしい」
「~してほしい」という要望が多い。自己主張はできる。だがいつも、自己中心的なコミュニケーションが多い。他のコミュニケーションをしているのを、見たことがない。
Oさんとも結局、全く話をしたことはなかった。彼は特に、コミュニケーションが苦手なのだろう。TOさんも、同じだが、コミュニケーションが出来ないのではなく、彼女の場合は、彼女の胸の内にある心の壁が問題に違いない。
他の人は、何も書かないし、別れの言葉も一切言わなかった。特に冷淡だったのは、TAさんだった。やはり、私怨感情があるようだ。「ろう者と難聴者・中途失聴者との隔絶」のような雰囲気がある。それにしても、これほどの変人は見たことがない。彼は2月頃からのまま、変わらない。
退社15分前に休憩室に呼ばれ、退職者全員とナースさんたちと集まり、花束・プレゼント等を貰った。洗浄員からの出席者はSさん、Kさんだけだった。
無視して出席しなかったTAさんはリーダーでもあるのだが、あまりに非常識な変わり者だと思う。彼にも一応、「障害者」という名前は付く。でも中身(精神的に)は「子ども」だ。職場でのあの態度は、ただのガキ大将気取りだ。

Kさんからも最後に、個人的なプレゼントをもらった。資生堂のベイクドショコラだ。それと、短い手紙も。「■■さんへ。短い間でしたが、色々と勉強になりました。ありがとうございました。明日から洗い・・・大変!! 真面目な■■さん。真面目過ぎて損しているかも? ご活躍をお祈りします。お元気で!!」

『形式的平等は差別』
伝え方がわからないとか、苦手な障害者だっている。そういう人にまで、文句は言えない。しかし、だからといって、そのまま我慢させられるだけではたまらない。障害者であっても、マジョリティになる側の人には、それがわからないのだ。
[PR]

by bunbun6610 | 2017-03-31 21:00 | G.有名私立大学病院
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line