就労後の聴覚障害者問題G


2017年3月28日(火)
午前10時から、Sさんも洗浄に加わった。ボタンとAWチャンネル専用アダプターを混ぜて入れたり、洗浄機に何も入れないままボーッとしていたり、まだ手洗いもしていないスコープを間違えて洗浄機に入れたり、回収箱の中にボタンだけ何回も置き忘れたままにしていたり、仕事も遅かったりと、今日は特に“物忘れ”がひどかった。というより、軽度の認知症なのかもしれない。本人はあまり自覚していないのかもしれない。「歳だから当たり前」ぐらいの認識なのかもしれない。しかし、このままだと洗う物がどんどん溜ってしまい、私が大変になる。私がいなくなった後は、ここはもっと大変になるだろう

TOさんの仕事ぶりが、今日もひどい。TAさんとは随分違う仕事ぶり。障害を理由に妥協し過ぎている。甘えだ。他人に厳しく、自分に甘い人だ。彼女がクビにならず、私が「能力が低い」という理由でクビになるのは、やっぱり「おかしい」と思う。大学の人事部は間違いなく、デタラメ評価をしている。

午後3時半頃、ミーティングが始まる前にTAさんが寄って来て、「鉗子口ゴムを見てみろ。汚れが落ちていないだろ。ブラシでちゃんと洗ったか?」と言われた。証拠物を見ると確かに、TAさんが拭いたペーパータオルに、大便の付いた後がたくさんあった。鉗子口も多い。私はビックリした。今まで、こんなことは一度もなかった。確かに今日の午後からは、私一人で手洗い洗浄を担当していた。ただ、3時頃からはOさんも急に入ってきて、一緒に手洗い洗浄をしていた。その後に、言われた。だからTAさんも、「どっちだかわからないが、どっちかが洗ったものだよ」と言っていた。私が洗う場合は、オリンパスさん指導通り、流水を使いながら、鉗子口ゴムの2箇所の穴にブラシを通し、更にその後、もみ洗いをしてから、洗浄機に入れるカゴに入れている。Oさんもそうなのかもしれないが、スコープを洗う時によく、流水を使っていないことがある。もし鉗子口ゴムを洗うときも流水を使っていなかったら、ブラシを使っていても汚れが完全に洗い流せないことは、十分ありえる。実際は見ていないので、私にもわからない。ただ、この時だけ急いで軽く手洗いしただけにした、という可能性はあるのかもしれない。原因が何にしても、これは大問題だ。洗浄員が手抜き手洗いをしていたと上司(特に、責任者のN主任)に知れたら、大変なことになる。なぜ、こんなことが起きたのだろうか。
それだけでなく、Oさんは2度使用禁止のブラシ(BL-400〔超音波スコープ専用ブラシ〕)まで、2度使用している。これも、おかしい。他の人が知っている事を、Oさんだけが知らないはずはない。ブラシの個包装袋にも「再使用禁止」と書いてあるのだから。だからデタラメにやっている可能性は、あるだろう。
[PR]

by bunbun6610 | 2017-03-28 21:00 | G.有名私立大学病院
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line