就労後の聴覚障害者問題G


2017年3月21日(火)
TOさんの回収したスコープは、コードがきれいに巻かれていない。防護カバーが付いていない場合もあった。雑な仕事ぶりが目立つ。10時出勤のSさんも、同様に仕事ができていない。TAさんは年休取得。洗浄は、私とOさん。

3月末で退職する人は、Mさん、Sさん、Eさん、Kさん、Hさん、H山さん、Nさん、私。かなりいる。なぜ、こんなに多いのか?

9時に出勤すると、洗浄シンク左側にあったはずの『除菌クロス』がなくなっていた。TOさんに「ないと困る。どうしたの?」と聞くと、「すぐなくなるから」と言っていた。「だからと言って、なくなったら、回収箱のアルコール消毒はできなくなる。どうするの?」と聞くと、「出来ないでしょ」の返事。何を言いたいのか、よくわからなかった。だから「じゃあ、もうやらなくていいの?」と聞くと、「シンク右側にあるものか、廊下にあるものを使って」と言う。困った。「それでは、前よりも大変になる」と苦情を言うと、「何で大変なの? 何分もかからないでしょ」。「何回もやるのだから、距離が遠くなったら、時間のロスが増えることになる。それでいいの?」「・・・・」「TOさんの言っていることは、おかしいよ。だから、こうなる。ケンカになる」。そりゃそうだ。やる人の立場で言っていることと思えないのだから。「監査の人に言われ、ミーティングで回収箱をアルコール消毒すると決めたんでしょ。それなら、やるのが当たり前なのでは? なのに、なぜここに除菌クロスがなくなったのか?」「・・・・」「それならば、今後はもう、やらなくていいのか?」「・・・・」。
恐らく、除菌クロスの使用量が増えて無くなりそうになったので、減らしたいのが本音なのだろう。ところが、なぜかそれを言えない。監査の指示と相反するからだ。だから、黙って除菌クロスの設置場所だけを、減らしたのだろう。冗談交じりに「盗まれたの?」と聞いても、TOさんは何も答えなかった。理由すら言わないということは、やっぱり何か、勝手に決めてやっている部分があるのだろう。ここの現場では、よくあることだ。
[PR]

by bunbun6610 | 2017-03-21 21:00 | G.有名私立大学病院
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line