DVD『FAKE』(ディレクターズ・カット版)鑑賞後の感想(1/2)

ドキュメンタリー映画
『FAKE』
(監督・撮影; 森 達也)




〔関連記事〕

『佐村河内氏ドキュメンタリー映画6・4公開決定』
〔2016-03-09 21:46〕





DVD『FAKE』(ディレクターズ・カット版)鑑賞後の感想(1/2)

森;
「もし、言いたいことを言う機会を1分間だけ与えられたとしたら、何を言う?」

佐村河内;
「ゴーストライターがいることを隠していたというより、共作だったと言いたい」


ならばなぜ、最初から共作として発表しなかったのかと、
視聴者からは疑問に思うだろう。

それと、やはり

佐村河内;
「自分の聴覚障害についての、マスコミの嘘、間違ったこと」




森が佐村河内の前で「も」と言ってみるが、
佐村河内は「ぼ」と聞こえるらしい。
「も」と「ぼ」は、口型が似ている。
同じ一音だという点で、単語よりも推測が難しい。
昔のろう学校で、口話法教育を徹底的にやらされた
ろう者とかは、ある程度の読話(読唇術)が出来る
人もいるらしい。
だが佐村河内は元健聴者(中途難聴者)なので、
そういう訓練を徹底的に、しかも長くしたことはない
だろう。
すると、苦手であることは十分に考えられる。


(聴覚障害の程度を調べる)
「語音明瞭度検査では、口を隠してやる」

という。
すると今度は森が、口を隠して
「うぇ」と言ってみる。
佐村河内氏は今度は

「音は聴こえない」

と言っていた。

それから今度は、佐村河内に目をつぶってもらい、
森が「え」と言うと、今度は「て」と答えた。
今度は音が聴こえている。
が、正確に聞き取れていない、というわけだ。


『難聴体験ソフト』
〔2012-02-03 00:05〕



明らかに、誰が見ても「矛盾している」と思うだろう。
それが感音性難聴という、聴覚障害ゆえなのか、
それとも佐村河内氏の嘘なのかは、
本人と神のみが知ることだ。

さらにもう一度、目をつぶってもらった状態で、
森が「さる」と言うと、「わからない」と答えた。

森は素直に疑問を投げかけた。

「わからないっていうのは、聴こえないのか、
それとも・・・聴こえてはいるけど理解できないのか?」

佐村河内;
「そうですね。
音としては、凄く小さく入ってます。
だけども『ハーハー』っていう感じだと思うんですね。」



『ハーハー』っていう感じに聴こえたのなら、
なぜそう答えなかったのか、と疑問に思うだろう。
だから健聴者から見たら、
これでは誰も納得できないだろう。


(佐村河内が、自分の診断書を森に見せて、話し始めた)

佐村河内;
「ここに書いてあるんですけれども、ABRっていう、
科学的な検査結果、自分では操作のできない
脳波の検査だったんですけど、
普通の健常者の人は1デシベルでも聴こえる
わけです。
それが、こっち(左)が50いくつ。
こっち(右)が40いくつまで―
音量あげて、V波っていうのが、感知される。
それが聴こえるっていうことなんですね。
それで総合診断が“感音性難聴”。
入ってくる音が、ねじれて聴こえたり、
歪んで聴こえたりするような障害なんですね。」

森;
「これ、配ってるんでしょ?
記者会見のとき。」

佐村河内;
「はい。」

森;
「であれば、それについて、マスコミはちゃんと
報道しました?」

佐村河内;
「いいえ。
ここの科学的な、完全なる・・・科学的な検査である
ABR検査の結果は全部伏せられて、
こちらの“手帳を取り上げられました”というところと―
“聴覚障害には該当しない”というところだけ、
アピールされて」

森;
「何で、それが報道されないの?」

佐村河内;
「僕はやっぱり・・・
自分が悪いのかもしれないけど、全部メディアの、
これまでの復讐だと感じましたね」

森;
「復讐?
復讐の意味がよくわからない」

佐村河内;
「これまでですね、何年かにわたって、徐々に、
ある1つのメディアが取り上げたことによって、
人々がその曲を聴いて、それで感動する。
で、その連鎖が起きて、じゃあ次は取材が・・・で、
その人たちが見抜けなかったのかとか、
その嘘が誤った報道、著しく誤った報道を、
放送をした、というような・・・」

森;
「つまり、“俺たちを騙しやがった”って(意味ですか)?」

佐村河内;
「そうですね。
それが全部、自分に返ってきたと思ってます」

森;
「『耳が聴こえなかったと思ったことは過去一度もない』
と、新垣さんが言ってましたね?」

佐村河内;
「新垣が、そんな嘘をつく理由が、わからないんですよ。
そうやって付き合ってないですし。
僕が困っているところも、彼はずいぶん見てきてるし。
若い頃っていうか、18年前の最初の頃っていうか、
違いますね。
10年前の最初の頃とか、彼は結構頑張って
筆談もしてくれていたんで。
何の理由があって、彼は突然・・・。
これはひどいなと思ったのは・・・。
もう、聴こえるということは口止めされていたという話に、
嘘がどんどん進化しているわけです。
いや、これ国民が聞けば、とんでもない人でしょって、
やっぱり。
そんなのありえない話だし。」

森;
「香さんからは何かありますか?」

香;
「ちゃんと耳が聴こえていないっていうのをわかって
もらえないのが、すごく辛い。
パッと見には、喋っているから聴こえている人と
変わらないんですけど、本人聴こえていないので。
ちょっと伝えるのも難しいんですけど、状況的に・・・
感音性難聴で、さっきみたいに“あ”って言ったのが
違う音に聴こえてるのもあるし、
本当に会話が難しいので、普通に聴こえている人だと
思われているのが悔しいですね」

森;
「結婚してから、徐々に耳が悪くなったんですか?」

佐村河内;
「はい。」

森;
「香さんは、ずっとそれを見ているわけでしょ?
そばにいたわけですよね?」

香;
「うん」

森;
「昔は聴こえていたけど、どんどんそれが悪くなって
いく過程を。」

香;
「そうですね。
返事をしても『してない』って言われたり。」

森;
「最初の頃は?」

香;
「最初の頃は、『したよ』って言っても『してない』って
言われて喧嘩になったりしてたんですけど。」

佐村河内;
「うん。」




その後、佐村河内と森が一緒にタバコを吸う
シーンが撮られているが、
面倒くさそうなコミュニケーションの様子が映っていた。
口話だけでは、明らかにコミュニケーションが
取りづらそうだ。



フジテレビの人が佐村河内の自宅まで訪問してきた
時は、こう言っていた。


〔(佐村河内が)机を叩くリズム音〕
佐村河内;
「何もメロディーを聴いていなくてもわかったわけ
ですよね?
わかるでしょ?」

安永(フジテレビの);
「はい。
トゥルトゥルトゥ・・・」

佐村河内;
「“トルコ行進曲”だって、わかると思いません?
何もメロディーを聴いていなくても、
わかったわけですよね?
僕は鼓膜で、大きい音でタカタカタン・・・って
やられたんで、『わかりますけど言っていいですか?』
て言って、『わかるんですか?』って怪しまれて、
『トルコ行進曲ですかね』て言ったら、
『音階が聴こえてるんですね!』って。
いや、音階は聴こえません。
『何でわかったんですか』って言うから、
いやリズムで―『タラタラタン・・・って、
誰でも分かるんじゃないですか?』
って―言ったんですけど、やっぱり、
なかなか信じてもらえない。

例えば、知っている曲だったら、今、
プロコフィエフの“ピアノ協奏コンチェルト2番”
をやっていますって言ったら、
もうずっと子供のときから、
まぁ子供のときからではないですけど、
ずっと聴いてきたので、
ベートーベンの“第九”から、
それこそマーラーやショコスタコーヴィチまで
大好きな、ずっとレコードから聴いてますので、
叩き込まれているわけですよね。

クラシックが好きで、全く無関係の人間と
思われていますけど、僕は昔の記憶で、
喋る音の出し方、唇の形、息の出し方も――
子どもの時、口笛を吹いていたからできるん
ですよね。

僕は多分、モーツァルトの“ナハトムジィク”
を一発で、(これは)キーだから本当は
撮られるのは嫌なんですけども」

(佐村河内が、自分の両頬を叩いて、
音楽を再現して見せる)

安永;
「やっぱり、音楽が大好きなんですね。
本当に音楽が好きなんだということが、
わかります」




この部分の説明は、下の記事とほぼ同じだと思う。
皆、同じようなものだ。
聴覚障害者の世界では、常識的な範囲だと思うのだが、
健聴者はそれも知らない。
無知なマスコミも然り、だろう。


『聴覚障害者でも、しゃべれる人がいる理由①』
〔2014-03-14 18:30〕





就労後の聴覚障害者問題G
『知的障害者には、聴覚障害を理解できるのか?』
〔2017-02-07 21:00〕




『「音の記憶」の重要性』
〔2017-01-28 21:52〕




『手話歌&ダンスで、ろう者と健聴者は歩み寄れるのか?』
〔2017-02 -19 07:35〕




ひとりごと
『オカリナ演奏動画』
〔2017-03-08 09:42:16 〕
http://blog.goo.ne.jp/papipupepo12/e/29fced32649a62e657a78e2f5debcaac




ファッション雑誌でモデルになぜか新垣氏が出て、
「いつか佐村河内氏と一緒に謝罪したい」
と言っていたが、“自分だけいい子ぶっている”
ように思えた。
初めはそういうつもりではなかったにせよ、
そのうち彼の口に悪魔が入り、
自分を売り込むようにしたのかもしれない。
見え見えの売名行為(策略)だ。
新垣こそが“イスカリオテのユダ”
(イエス=キリストを裏切った弟子)だったのでは
ないか、とさえ、思えてくる。

神山氏のやっていることは、要するに、
カネになるネタにするための誘導報道?
宗教勧誘と同じで、それよりもさらに巧妙な手段
に変えただけに過ぎないような気がする。

所詮、神山氏のようなジャーナリストは利己的な
生物なのだ。
ジャーナリストよりも、エホバの証人にでもなった
ほうが、よっぽど成功しそうな人だと思う。

著名なジャーナリストにも、一部にはそういう人も
いるのだということを、全ての人が肝に銘じながら、
一人一人が情報リテラシーを磨いていくことが大切だ。
それが、今回のような問題を繰り返さなくする方法
であり、低劣なジャーナリストを撲滅させることにも
なると思う。


著作権問題に関しても、口だけで逃げている新垣氏
の動向が、弁護士事務所など第三者の立場からも
露呈してきた。



おぎやはぎ(司会者);
「(佐村河内は)才能があるように見せるのが上手い、
ということなんですか?」

新垣;
「まあ、うまく・・・振る舞いをしたり・・・」

おぎやはぎ;
「全然、何言っているのか聴こえない」

一同;
「全然わかんないよ」



自信のない返答に、嘘の可能性が表れていると思う。
続いて、


(タレント1);
「(佐村河内は)楽器は弾けるんですか?」

新垣;
「楽器は弾けるというレベルではないです」

(一同);
「えっ?」

(タレント2);
「じゃあ、自分の曲も別に演奏しているのを
見せたことがないんですか?」

新垣;
「そうです」

(タレント3);
「よくバレなかった」

(アンジャッシュ);
「じゃあ、人のピアノの感じがわかるっていうのは、
嘘なんですか?」

新垣;
「あ・・・えーっと」

(タレント2);
「どうしたの?」



ピアノに触って、音を(耳だけではなく、身体全体で)
感じたり、聴覚障害者でも重低音、
低音の音なら感じやすい人もいるから、
音楽を全く楽しめない人ばかりではない。
新垣は、そのことを知っている可能性が濃厚だ。


(一同);
「聞いちゃったから、一回休憩します?」

新垣;
「はい、はい。」

おぎやはぎ;
「“壁ドン”やってくれるのは―新垣さんです!」

アンジャッシュ;
「これもう、新垣さん特番じゃん。今日」

おぎやはぎ;
「今年の顔だから」

(観終る)

(中略)

森;
「テレビ番組を作っている彼らには―信念とか
思いとかが全然ないんです。
つまり、出てきてた人をどう使って、
一番面白くするかしか、考えていないから。
だから多分、守さんが、あそこに出ていれば、
多少は変わったかもしれない。」



「新垣は世間の人が思っているような、
本当にいい人なのか?」

と確実に思えたのが、フジテレビの大晦日特別番組
に出演した、新垣の「聴こえないフリ」パフォーマンス
を見た時だった。
佐村河内が断ったバラエティ番組だ。
聴覚障害者の立場から見たら

「本当に無神経なヤツ」

と思った。
フジテレビもフジテレビだ。

「我々は、片方の意見しか聞けていない」

と言っていながら結局、片方の意見だけを取り上げていた。
反論しない佐村河内にも、責任がないとは
言えないだろうが、あの状況では言うには無理がありそうだ。


佐村河内の父;
「みんなニュース、新聞雑誌全部、信用しとるわけですよね。
周りの人が。
これは怖いですよ。
だから、なんぼ私らが、あの・・・温度差があるわけ。
ある程度、耳は聴こえとるのに、聴こえんふりをしたというのが
一番でしょうね。
それがあるから、それを言い訳なんかしようもんなら、
『ああ、わかった、わかった。
あんたの言うことはわかった』
って、こうなるわけですな。
こっちは話・・・友人なんかにも話はできない。」




「なっちゃん」という、視覚障害者との交流のある
シーンがある。



森;
「今、守さんは、障害者を利用してクイモノにして、
今の地位、これまでの地位を獲得した、
とんでもない男であると―
そう思ってる人も多いけれど、
それに対してはどう思いますか?」

なっちゃん;
それに・・・私が怒りを感じたのは、
作曲がゴーストライターだったこととかじゃなくて、
耳が聞こえないことと、
障害者をいじめたっていうことで、
やっぱりさっき言ったように、
うーん・・・それは私がそういう付き合いをしてきて
ないっていうのは言い切れる。」

森;
「なっちゃんから見て、守さんと香ちゃんはどんな人なの?」

なっちゃん;
「家族です。

(自分が点字ライターで打った手紙を読み上げる)

私は、佐村河内さんと15年という年月の、
長い付き合いです。
その中で今、問題となっていることの誤解を解きます。
1つめは、障害者をいじめるという話です。
私は生まれつき、目が見えません。
そんな私を、からかったり差別したり、
いじめるなどということは一度もありません。
泊まりに行ったときは私を自分の娘のように
可愛がってくれていました。
だから、楽しい話、悲しい話、いろんな話を真剣に
聞いてくれ、とてもいいアドバイスをもらえるから、
いつも爽やかな気持ちで、自分の家へ帰ることが
できます。

あと、私が体調を崩したときも、親のようにすごく
心配してくれます。
とても感謝しても、しきれないくらい感謝しています。
ありがとう。
もちろん、奥さんの香さんも守さんと同じように。

優しく、たくさん話をしたり、遊んだりしました。
だから、私にとって二人は、命の恩人です。
これは自信を持って言いたいです。
だから守さんは障害者をいじめるなんて、
一度もしたことはありません。
私の友達も、聴覚障害や視覚障害、身体障害の人にも
差別はしないし、いじめなんてしません。
みんな守さんといたら楽しい、と言っています。

ここま言っても、あなたは佐村河内さんが障害者を
いじめてたと思いますか?
きっと、冷静に考えれば、わかると思いますよ。

終わりです。」




このシーンは、劇場版にはなかったような気がする。
子どもがバッシングを受けている佐村河内の擁護者
として出ているから、森監督や佐村河内が、
最初はそういう配慮(劇場版では出さなかった)
をしたのではないだろうか。

この子は、騒動後、即廃刊となった『交響曲第一番』
(佐村河内守/著者 株式会社講談社/発行所)
の「第八章運命の少女」
(「■見えない子供と聞こえない大人」P174~179)
に出ている、「ナツ」という女の子(全盲)である
可能性が高そうだ。




佐村河内;
「僕は、僕の報道によって、誰を傷つけたかって
いうと、やっぱり、同じ聴覚の障害者の人たちを
みんな嫌な思いとか、『お前も聴こえるんじゃないか』とか、
きっとたくさんの人たちを傷つけたと思って。」


前川修寛(聴覚障害者);
「あの記者会見で(守さんは)もう充分詫びてます。
だから私はもう、それ以上の謝罪はいらないと
思いました。」

佐村河内;
「ありがとうございます」

前川;
「そしてもう一つは、今回の報道を煽った、
フリーライターの神山典士さんですね?
この方が『僕と口話で話して下さい』とか、
『まだ手話通訳終わってませんよ』とか
言っていた方ですね?

これね、多分、日本中の聴覚障害者と難聴者に、
ケンカを吹っかけています。

だから、マスコミの皆さんが、ちゃんとこういうことを、
予め調べておけば、あのような記者会見には
ならなかったと思います。」

森;
「耳が聴こえない人にとって、っていうか、
もう前川さんにとって、音楽って、意味あります?」

前川;
「あります。
実は、耳は聴こえないけれども、一応聴こえている
部分で音楽が聴こえるんですね。
実際に音楽を、聴いているんですね。
補聴器に付ける、オプションの機械があるんですね。
こういう形です。
こうやって、これをこれで聴くということができるんです。」

佐村河内;
「へぇー、専用のがあるんだね」

森;
「でも今、前川さんは全部は聴こえないと、
おっしゃったけど。
全部が聴こえているか、聴こえていないかの判断は、
本当は出来ないですよね?」

前川;
「そうです。
そこまで全部の判断はできません」

森;
「多分、自分は一部しか聴こえていないんだろうと、
想像するしかないですよね?
全部は聴こえてないんだから。」

前川;
「あとはね、バイオリンの音なですけれども、
バイオリンのこれは、聴こえにくい。」

森;
「高い音は聴こえない?」

前川;
「はい。
いわゆる、欠落した音楽を聴いているんですね、
私は。
欠けてる音楽ね。」

森;
「口には、音にはできないけども、
頭の中にはあるんですよね?」

前川;
「あります。はい。」

森;
「はい。わかりました。」









音楽というより、パフォーマンスに近いが、打楽器の音ならば、
補聴器装用で聴こえる場合はある。
特に太鼓とか、、大勢の人でやる、よさこいは楽しい。
大きな太鼓だと、自分の胸板に重低音が当たり、
それで楽しむ方法がある。
耳だけで聞くのとはまた違った楽しみ方だが、
要するにそこが違うのだし、聴覚障害者にとっては、
それが当たり前なのだ。
バイオリンとか、高い音が多いチエロは、聴き取りにくい。
この傾向は、聴覚障害者には結構あるようだ。




〔関連情報〕


『ろう者音楽(Deaf Music)』
http://www.asahi-net.or.jp/~ai2s-tnd/RONBUN/DeafMusic.html




『「ろう者の音楽」を視覚化する全編無音のドキュメンタリー『LISTEN』』
http://www.cinra.net/news/20160129-listen




『"ろう者にとっての手話と音楽"』
http://www.geocities.jp/suzuring5815/essay14.html




『手話歌&ダンスで、ろう者と健聴者は歩み寄れるのか?』
〔2017-02 -19 07:35〕

[PR]
by bunbun6610 | 2017-03-19 18:00 | 難聴・中途失聴
<< DVD『FAKE』(ディレクタ... 豚骨 一燈(本郷店) >>