蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

「残酷なるかな、森達也」- 神山典士(ノンフィクション作家)

「残酷なるかな、森達也」
 - 神山典士(ノンフィクション作家)

BLOGOS編集部
2016年06月06日 09:52

http://blogos.com/article/178313/


佐村河内守氏と新垣隆氏のゴーストライター騒動の発端となるスクープを「週刊文春」誌上で発表した神山典士氏による寄稿です。


森達也監督作品、『FAKE』をとても興味深く観てきた。
いうまでもなく、私にとっては懐かしくもある「佐村河内守」と「香」夫妻の事件のその後を描いたドキュメンタリー映画だ。
試写の前に、試写状に添えられた森監督のコメントを読んだ。
概略すると、


「誰かが笑う。それをニコニコと書くかニヤニヤと書くかでうける印象は全く違う。(略)どちらが真実でどちらが虚偽かなどと論じても意味はない。(略)これを記述する人が、その笑い(あるいは笑う人)に対してどのような意識や感情を持っていたかで、表現は全く変わる。(略)

それが情報の本質だ。メディアに限らずぼくたちが認知できる事象の輪郭は、決して客観公正な真実などではなく、あくまでも視点や解釈だ。言い換えれば偏り。つまり主観。ここに客観性や中立性など欠片も存在しない(以下略)」



なるほどそうだよなと思う。日頃「ノンフィクション」を標榜する身として、客観を装いながら主観で報じていないか、身につまされる思いだ。果たして森監督は、ジャーナリズムに属する者の逃れがたいこのジレンマから、どう自由になっているのか。否応なくそこに興味は募る。
だが上映が始まってから1時間50分後―――、私は愕然とした。


調査報道の跡がまったく見つからない作品
一言で言えばこの作品は、「中国の山奥に分け入ってジャイアントパンダの生態撮影に成功しました」という類の記録映画だった。最近では、ナレーションも音楽も挿入せず、ひたすら被写体を撮り続ける「観察映画」もあるが、この作品にもどこにも調査報道の跡はない。
パンダは目の前で巨大なハンバーグを食べ、毎食豆乳を一リットル飲み干す。時として「自分は聴覚障害者で聴こえない」「一連の作品はゴーストライター作品ではない。共作だ」と吠える。その姿を延々と淡々と撮り続けているばかりで、その生態、その主張の裏を掘り進んで描くシーンは皆無だ。(ちなみにこの事件で人生を愚弄された障害児たちや被災地の少女への謝罪もコメントも一切ない)
確かに新垣隆氏がバラエティ番組や雑誌にモデル気取りで露出するシーンを連続して並べる場面では、氏に対するメディアの偏った報道と氏のはしゃぎぶりは印象的だ。佐村河内氏がそこで呟く「新垣は世間で思われているようにいい人なのか」という一言は効果的に響く。
佐村河内氏の記者会見における私の「まだ手話が終わっていませんよ」という発言も、そこだけ切り取れば「聴覚障害者を侮辱している」というイメージで解釈することもできる。だがそれは編集によって見せる角度を変えただけのイメージ操作だ。調査報道ではない。
目新しいとすれば、守と香の二人を並べて、「言葉で言ってください」と森監督が強要するシーンか。
「妻を、香を愛しています。相手が香でなかったらいまの自分はいない。ありがとう」
「こちらこそ、ありがとう」
「辛かったよね」
「大丈夫です」
ボニーがいてクライドがいる。阿部定がいて吉蔵がいる。ジャイアントパンダの求愛表現として、それはそれで貴重なシーンではある。


既に明らかになっている調査報道の結果
だがこの作品、撮影には事件が発覚した2014年秋から約1年半を費やしたというが、その間BPO(放送倫理、番組向上機構)から約1年を費やして出された詳細な調査報道レポートを全く無視している。

『「全聾の天才作曲家」5局7番組に関する見解』(2015年3月6日発行)

そこには、「佐村河内氏は作曲したのか」「佐村河内氏は全聾だったのか」という、まさに『FAKE』の中でパンダが吠える2つのテーマに関する調査報道がなされている。 その結論は、こうある。


「佐村河内氏には交響曲を作曲する音楽的素養や能力はなかった。(略)佐村河内氏が果たした役割は、新垣氏に楽曲のイメージ構想を指示書等で伝えるプロデューサー的なものだった。実際にメロディ、ハーモニー、リズムを作り、譜面にして曲を完成させたのは新垣氏である」



聴覚障害については、佐村河内氏が所持していた2002年の医師による診断書と、2014年の事件発覚後に行われた医師による診断書をもとに、慶応大学医学部耳鼻咽喉科・小川郁教授が医学的な意見を寄せている。
2002年の診断書には「感音性難聴、右101デシベル、左115デシベル、障害者二級に該当する、鼓膜・著変なし」とある。

2014年の診断書では「純音聴力検査、右48デシベル、左51デシベル、語音聴力検査最高明晰度右71%、左29%(略)鼓膜・正常 上記の結果により聴覚障害には該当しない」と記されている。両者を比較して、小川氏はこう記す(概略)。
「両耳が純音聴力検査で100デシベルを超えるような高度な感音難聴になった場合、自然に改善することは現在の医学的知見ではまずありえない」
「2002年当時、100デシベル以上の結果が出ている理由としては、軽度から中程度の感音性難聴にくわえて、機能性難聴(心因性難聴または難聴であることを偽る詐聴)を合併したものと考えられる」
「2014年の語音聴力検査の結果では、右耳は7割以上の音が聞きとれており、左耳が3割程度の落としか聞きとれないとしても、両耳聴効果があり、両耳で聴いた方が聞き取り能力はあがりわかりやすくなる」

「これらの検査結果を総合すると、佐村河内氏は現在、軽度から中程度の難聴があると考えられる。(略)この状態にある難聴者は、補聴器を使用して会話をするのが一般的である。佐村河内氏に手話通訳は必要はないのではないか」
これが医学界からの診断結果なのだ。


ラストで浮き彫りになる森監督の“残酷さ”
森監督は、この結果を知らなかったのだろうか。あるいは無視したのか。
ジャーナリズムは、どんな事件においても、先達の報道や調査をもとに、そこからより深部へより広角度で調査報道を展開し積み上げていくものと私は思っている。
森監督も試写状に書いているが、「メディアの最前線において『真実』とか『真相」』などの語彙がとても安易に消費されている」という現状を共有する者として、私たちジャーナリストはせめてバトンを繋いでいくことが、読者視聴者観客に対する真摯な姿勢だと信じる。(もちろん時には先達のバトンを否定することもありうる)
残念ながら1年半もの時間を費やしながら、『FAKE』にはその足跡は欠片も見られない。ただ漫然と、ジャイアントパンダの生態と主張を映し出すだけだ。
そして森監督の残酷さが浮き彫りになるのは、試写状によれば「誰にも言わないでください。衝撃のラスト12分」と書かれた部分で描かれたシーンだ。
その直前のシーンで、佐村河内氏はアメリカからやってきたジャーナリストの厳しい質問にたじたじとなる。


―――この18年間でなぜ楽譜を覚えようとしなかったのか?

「覚えませんでした」

―――あなたは指示書を書くことが作曲だと思っているのか?

「この何十倍もの密度で指示書を書きます」

―――音源を弾いているところを聴かないと証拠にならない。この指示書を音楽に変える方法がわからない。弾くところを見せてもらえますか。そしたら一目瞭然です。 「もう長いこと鍵盤に触っていない。(香に)いつだっけ(キーボードを)捨てたの?家にはないです」

―――なんでないの?捨てる必要ないじゃない。

「部屋が狭いから。すごく狭くて」



このやりとりのあと、ジャーナリストが去った部屋で森監督はいう。
「音楽をしませんか。作曲しませんか。本当に音楽が好きなんでしょ?頭の中にあふれているんでしょ?出口を求めているはずです。これだけ時間があったんだから。ぼく(曲ができるまで)たばこを辞めます」
そしてしばし時が流れ、「ご無沙汰しています」と森監督が佐村河内宅の玄関を開けると、香氏が「守さんは音楽部屋にいます」と誘う。そこには立派なシンセサイザーが鎮座し、左右には何本かのスピーカーが積み上げられている。
補聴器をつけた佐村河内氏が、両手でキーボードを弾きながらシーケンサー等を使って短いメロディを打ち込みで重ねていく。雅楽の音、鐘の音、弦楽器の和音、ファンファーレ、シンバル、暗い主題部分、鐘が鳴り響くカーン、カーン、カーン。
やがて曲が完成し、メロディが鳴り響く。打ち込み音楽だから「演奏」というよりは「再生」だ。約4分の作品が流れる。そこにタイトルロールがかぶさる。一見、佐村河内氏の隠れた作曲能力がベールを脱ぎ、そこから後光が指すかのように―――。
ところが皮肉にもこのシーンにこそ、「森達也」の残酷さが示されている。
この作曲方法は、実は新垣氏と出会う前の佐村河内氏のやり方だった。佐村河内氏はロックバンド「KIDS」時代にもシンセサイザーを操って、メロディだけは仕上げてきたと仲間が証言している。
だがその自作のメロディは、ついぞ日の目を見ることはなかった。どんなにレコード会社や音楽事務所に売り込んでも、誰も相手にしてくれなかった。 駄作だったからだ。
だからこそ若き日の佐村河内氏は、己の才能に見切りをつけ「新垣隆」という才能にすがったのだ。
佐村河内氏は森監督の要請により、この作品の中で自ら捨て去った凡才をここに再生しなければならなかった。ただ凡庸なだけの旋律を世間に披瀝するために――――。
このシーンでわかるのは、プロデューサーとしては比類なきペテン師の冴えを見せた佐村河内氏が、クリエイターとしては凡百の存在であるという、残酷な事実だ。


「この作品に、真相や真実を問う姿勢などない」
さらにいえば、森監督が「主観と客観の狭間の表現で苦悩する」ジャーナリストであるならば、このシーンのあとには次の質問を用意しておくべきだった。
「自分で作曲演奏できるのに、なぜ他人に創作を委ねたのか?」、と。
まったく音楽に無知無能な者が他者に創作を委ねるならば、まだ理由もたとう。けれど仮にも4分の曲を仕上げることができる者が、なぜ他者に創作を全面依存するのか。 それは無知無能よりも愚かな、唾棄すべき「打算」以外の何者でもない。
その問いかけすら放棄するこの作品は、ジャーナリズムではない。単なるエンタテインメント作品だ。ならば冒頭に掲げた「主観か客観か」という問いは、完全に無意味だ。ここには真相や真実を問う姿勢などないのだから。
試写状の中で森監督は書く。

「僕がドキュメンタリーを撮る理由は何か。(略)最終的には『見て見て!こんなのできたよ』です。全ての人に『見て見て』とお願いしたい作品になりました」


まるで甘やかされて育った「末っ子長男」の性癖そのものだ。
試写状には、こういう表記もある。

「本作『FAKE』は15年ぶりの新作ということになります。『下山事件』に『中森明菜』、『今上天皇』に『東京電力』など、撮りかけたことは何度かあったけれど、結局は持続できなかった」


さもありなん。こうしてみると森作品は、オウム真理教事件や佐村河内事件といった「メディアクライシス」がないと成立しない。数多のメディアの視線にさらされた被写体の裏側からメディアを、世間を逆照射することしか方法論を持たない。森監督は過去20年間に渡って、同じ方法論を繰り返しながらいくつかのテーマを追い作品を紡ぎ、その方法論が成立しないケースでは未完に終わってきた。
いわば過去の自作の再生産の繰り返し。それはクリエイターたる者の姿勢だろうか。 「見て見て、こんなジャイアントパンダが撮れたよ」というそのはしゃぎぶりと作家としての性癖を見てくると、ペテン師としての矜持すらこの作品で失ってしまった佐村河内氏が哀れにもなる。
残酷なるかな「森達也」。とはいえ最も残酷さを被るのは、このエンタメ記録映画を見せられてしまう観客でこそあるのだけれど。


プロフィール
神山典士(こうやま・のりお)1960年、埼玉県入間市生まれ。1984年、信州大学人文学部心理学科卒業。1996年、「ライオンの夢 コンデ・コマ=前田光世伝」で小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞し、デビュー。2014年、週刊文春(2月13日号)に発表した佐村河内守のゴーストライター新垣隆氏への独占インタビュー記事「全聾の作曲家はペテン師だった!」で第45回大宅壮一ノンフィクション賞(雑誌部門)を受賞。こうやまのりお名義で児童書も執筆。

・「熱血」ライター神山典士がゆく - 公式サイト
http://www.the-bazaar.net/



新垣隆オフィシャル・サイト
http://www.takashi-niigaki.com/

『映画「FAKE」に関する新垣隆所属事務所の見解』
〔On 2016年7月8日〕
http://www.takashi-niigaki.com/news/576



===============================




これを読んだ感想である。
残酷なのは、神山氏のほうだろう。
そもそも神山氏のような、当事者問題に無知な
人間には言われたくないことだ。
こういう人は、難聴の当事者団体の人が

「突発性難聴になった人のうち、
1/3の人は回復するが、
1/3の人はその後、失聴への道を辿っている」

と言っているのを、知らないのだろう。


>『調査報道の跡がまったく見つからない作品』


だから何だろう?
何が言いたいのだろうか?
そもそも、これはドキュメンタリー映画作品だろう。
森氏は、調査報道をやるつもりで撮ったのではない。
神山氏はそれを承知で、観に行ったんだろう。
ドキュメンタリー映画なら、あれもアリだろう。
違うのか?

「期待外れだった」と言いたいのだろうが、
「表現の自由」も知らないのか?
そんなに「佐村河内調査映画」を観たいのなら、
今度は自分で撮ればいい。
そうすりゃ、自分でも納得できるだろう。
これは(調査)報道の映像じゃないんだよ。
映画だぞ。
それとも“区別できない頭”をしているのか?



>『既に明らかになっている調査報道の結果』

借り物の医学界からの見解を並べて自慢しているようだが、
それが本当に真実なのかな?
自分で確かめたのか?
難聴体験はしたことがあるのか?
ない人間に、それを語る資格があるのか?
医師の知見は、あくまでもその範囲のものに過ぎない。
それが真実だと、医師も証明できたわけではないのだ。



『語音明瞭度 - 医師(健聴者)の誤解』
〔2014-05-23 18:30〕




神山氏が出した小川郁慶応大医学部教授は、
こうも言っている。
神山氏も結局、自分に都合のいいところだけを
抜き出しているに過ぎない。
マインドコントロールを得意としている
『エホバの証人』(ものみの塔)と、同じやり方だ。



https://matome.naver.jp/odai/2139366509071825501

地方紙ですが、改めて詐病や、風評の影響を取り上げた記事がありましたのでご紹介します。
脳波検査(ABR)は万能ではありません


詐病まれ、偏見懸念ストレスで難聴も-耳の障害単純ではない(その2)

手帳があれば医療費の助成などを受けられる。では取得までの手続きはどんな流れなのか。
まず専門医による検査を受ける必要がある。ヘッドホンの音を聞かせて反応を見るなど、検査にはさまざまな種類があるが、「受ける人がどれだけ小さな音まで聞こえるか、自分で申告をするのが基本」。そう説明するのは、日本耳鼻咽喉科学会の理事を務める小川郁慶応大医学部教授。
本当は聞こえるのに、うそをつくケース(詐病)などに対応する検査法もあるのか。詐病対策が目的ではないが、音を聞いた時に出る脳波から聴力を測る方法はその一つ。本人が眠っていたり、乳児のように話せない状態だったりしても測定でき、かなり正確な結果が得られる。小川教授は「詐病はまれ。私の経験でも、数百例に1例あるかないかだろう」。
2014/03/04静岡新聞夕刊 4ページより


詐病まれ、偏見懸念ストレスで難聴も-耳の障害単純ではない(その3)

今回の問題を受け、関連の学会には問い合わせが相次いでいるが、聴力が衰える原因は加齢やストレス、心身の状態などがあり単純ではない。「いじめなどで非常に強いストレスを受けた子が、一時的に聞こえなくなることもある。(今回の問題で)偏見で見られる当事者がいたら、気の毒でなりません」と小川教授は懸念する。
実態を知る機会は少ないが、誰でも当事者になりうる耳の障害。正しい知識を持っておきたい。
■聞こえは人それぞれ
【障害の特徴】聞こえる音の大きさや高低、両耳か片耳かなど、聴力の状態は人それぞれ。
【聴力低下の要因】生まれつき聞こえない人もいれば、年を取ったり心身にストレスを受けたりして、途中から聴力が衰えるケースがある。
【聴力の検査】専門医による検査を受け、どこまでの音なら聞こえるか自分で申告をするのが基本。音を聞いた時に出る脳波から聴力を測る方法もあり、本人が眠っていても測定できる。
【障害者手帳】聴覚の障害で身体障害者手帳を持っている人は約45万人。交通機関の割引などサポートを受けられる。
2014/03/04静岡新聞夕刊 4ページより


詐病まれ、偏見懸念ストレスで難聴も-耳の障害単純ではない(その1)

「両耳の聞こえない作曲家」として知られ、身体障害者手帳を取得していた佐村河内守さんの問題をきっかけに、手帳の交付や聴覚検査の在り方が議論されるなど、波紋が広がっている。関係者からは、耳が不自由な人への誤解や偏見を懸念する声も上がるが、聴覚の障害とはどんな特徴があるのだろうか。
「見た目では分かりにくく特に誤解されやすいのが耳の障害。今回の問題で、当事者が周りから『本当はどうなの』と、疑われなければいいのですが」。そう心配するのは、社会福祉法人全国盲ろう者協会の山下正知事務局長。「一口に耳が不自由といっても、聞こえの程度にはいろいろな状態があることを知ってほしい」と強調する。
厚生労働省によると、聴覚の障害で身体障害者手帳を持っている人は、国内に約45万人(2012年度末、平衡機能障害も含む)。手帳は5段階の等級に分かれており、両方の耳がほとんど聞こえない場合は最重度の2級。最も軽い区分は、耳元から40センチ以上離れた話し声は聞き取れないといったケースが該当する。
2014/03/04静岡新聞夕刊 4ページより





注意してほしいところは、
医師が「聴覚障害には該当しない」と言っている、
この言葉の意味をきちんと捉えることだ。

「日本での障害者手帳を取得・保持するに足る、
認定基準をクリアしていない」

という意味であり、決して

「聴覚障害がない」

という意味ではないのである。

国の聴覚障害認定基準と、実際にはそれよりも
幅広く存在する聴覚障害について、
神山氏は混同して伝えようとしている。
それはまさに、当事者の長年にわたる思いを
踏みにじる行為であり、
大きな誤りだということを知らなければ
ならないはずだ。



〔関連記事〕

『デシベルダウン運動』
〔2013-09-29 19:00〕






国連・障害者権利条約があるが、
神山氏や新垣氏のやっていることは、
その理念にも反しているということを、
理解しなければならない。

医師だっておそらく、「障害がない」と主張したいとは
思っていないだろう。

ここでは

(聴覚障害はあるけれども、手帳取得・保持に足るだけの)
「国の認定基準をクリアしていない」

と言っているに過ぎないのである。
それは、日本の認定基準が高過ぎるから、
こういう問題になるのだ。


これは、下の記事を読めば、わかるだろう。
日本の認定基準が異常に高過ぎることが原因で、
起こっていることなのだ。


『厚生労働省
『第2回 聴覚障害の認定方法に関する検討会議事録』(2/5)』
〔2015-06-06 19:00〕





結局は、神山氏は持論の正しさを証明したいが為に、
こういうことをやっているに過ぎない。
理解じゃないんだよ、そんなのは。
神山氏がやっていることは、アメリカみたいな偽善戦争を
やっているに過ぎない。



>『ラストで浮き彫りになる森監督の“残酷さ”』

何度も言わせるな。
ジャーナリズムとドキュメンタリー映画は違うんだよ。

曲については、ほとんどは新垣隆氏が作曲したというらしいが、
私は知らないし、新垣氏の曲にも全く興味がない。
何でこんなモラルの低いジャーナリストが
大宅壮一賞を受賞できたのか、わからない。


『FAKE』は神山氏に対して向けられている
メッセージではないと分かる。
神山氏のような連中との質疑応答なんか超えたものだ。
それが分からない凡ジャーナリストが、
くだらないことばかり書いているんじゃないよ。
残酷なのは、神山氏のほうだ。



〔関連記事〕
『週刊文春の佐村河内氏批判について』
〔2014-03 -14 21:31〕





〔関連情報〕

『詐聴』
http://audiology-japan.jp/audi/?p=3841


『詐聴をどう見抜くか』
〔2014-02-11 00:00:54〕
http://ameblo.jp/mildix/entry-11769488828.html
[PR]
by bunbun6610 | 2017-03-18 18:20 | 難聴・中途失聴