就労後ミスマッチ―職域差別は誰の責任か?



就労後の聴覚障害者問題(■社)

20■■年■月■■日(■)

『就労後ミスマッチ―職域差別は誰の責任か?』

私が■社に入社したのは、20■■年■■月です。
その一ヶ月前に、二次面接があって、それが終わってすぐに、
就業場所を見学させてもらいました。

そこでの仕事が、私が入社してから行う仕事だと
説明してくれました。
ですから、そこにいる皆と一緒に働くのだと思って
いました。

■■月に私と同時入社した人もいました。
その他に■月から入社していた人もいたようですが、
それは入社時期の個人の都合のためだったようです。

私よりも後に、他部署からの異動で入ってきた人も
いました。
そんな状況で、初めは皆で一緒に(先輩も後輩も
あまり関係なく)
仕事をしていたのですが、日が経つにつれてすぐに、
私だけが他の人とは違い、初日と同じ単純労働
ばかりをやらされていることに気づきました。

私は次第に

「これは職域差別ではないのか」

と、疑問に思うようになりました。
そこで、S課長にこのことを聞いてみたのです。

けれども、S課長の言うことには一貫性がなくて
納得できず、その疑問はむしろ、
職域差別であるとの確信へと変わってゆくだけ
でした。


『聴覚障害者が、就労後に直面する職域差別』
〔2014-08 -01 18:30〕
参照。

『課長の聴覚障害者に対する職域差別』
〔2015-05 -29 19:00〕
参照。

『会社側と3対1の面談 結果は、聴覚障害者の大幅譲歩に』
〔2015-09 -18 18:30〕
参照。


『聴覚障害者は、健聴者の仕事道具か?』
〔2015-12 -18 19:00〕
参照。


残念でしたが、ここから会社と私との間に溝が
出来始めていたのだと思います。
事実は否定できません。

しかし、その事実を受け入れるということは、
被害者にとっては大変な苦痛なのです。
それを会社は全然わかっていません。

会社はそれにも気づかず、そのままコミュニケーション
を取り続けていたために、両者の間にある溝は
どんどん深くなっていきました。
差別による被害者と加害者とでは、
こんなにも違うんだな、
と感じさせられてしまいました。

確かに、人事の人の言うことや、
入社時の会社の説明では、

「今ここで見せている、こういう仕事をやっていただく」

ということは、理解できます。

しかし、そこには健常者向けの仕事内容と、
障害者向けの仕事内容とに仕切られている、
ということまでは、入社して働き続けるようになる
までは気がつきませんでした。
「職場内障害者授産施設」の存在に気がつかないほうが
当たり前です。

『障害者は、永遠の子ども?』
〔2012-03-28 00:48〕
参照。

会社によっては、後になってこういうトラブルに
ならないために、雇用契約書に主な仕事内容を
具体的に明記しているところもあります。

しかし、■社の場合は、雇用契約書に仕事内容は
明確に記載していませんでした。
そして、見学での期待とは反対に、
障害者の職場内授産施設として、
目には見えない枠を設定し、
そのなかに障害者を押し込んでいたのだと思います。

これが、■社の障害者職域差別だと思います。
[PR]
by bunbun6610 | 2017-03-26 19:30 | Z1.クレジットカード会社
<< 就労後の聴覚障害者問題G 環七土佐っ子ラーメン(池袋店) >>