就労後の聴覚障害者問題G

2017年3月3日(金)
TAさんは機嫌が良かったり悪かったりと、いつも心の状態に波があるみたいだ。孤独な一匹狼の性質は初めて会った時から、ずっと変わらないが、気まぐれがとても激しい。だから、周りの人はあまり彼に近づかない。私も、もう彼とは必要以上には話さなくなった。
私は先週の金曜日頃から、3月でここをクビになることを、Sさんに話した。それがTAさんにもようやく伝わったと思うが、最近は妙に機嫌が良くなったように思う。2月28日(火)のブチキレ以来は、そういうことがなくなり、バッタリと態度が変わってしまったので、不思議に思えるぐらいだ。ということだから、もしかしたら、この問題の首謀者はTAさんだということも考えられる。「追い出し工作」の首謀者ということだ。だとしたら、腹黒い人だ。そうでなかったら、かなりの異常性格者というか、変人だ。障害者にも、こういう人はいる。
そういえば、TAさんは今までに一度も、私には挨拶をしたことがない。他の人には挨拶をしても、私にだけ挨拶をしないのだから、これは明らかに意図した行為だ。昔のタイプのろう者特有の、難聴者や中途失聴者への差別意識からだろうか。

TAさんは、自分の話・説明が通じないと、「あれぇ? 自分の説明の仕方が、下手なのかなぁ??」という手話を、自虐的に表す。そう言われると、私も困ってしまう。例えばこの前も、「さっき、患者様用ドアを通った?」と言われた。勿論その時は、その意味がわからなかったので、「いえ、何のことですか?」と答えた。しかしTAさんはその時に確かに、私がそのドアを通っていく姿を見た、という。だから、TAさんはまたその話を、今度はマスクを取って、口型をハッキリ見せて、手話で繰り返した。なるほど、「さっき、患者様用ドアを通った?」と言っている。そこで、やっと通じたとわかった。しかし、よく自虐的なことも言う。「自分の手話が下手だから、通じないのかな?」とも。いやいや、そうじゃなくて、私の読み取りの力が、まだまだ不足しているから、ろう者同士ほどには通じないだけなのだ。自虐的に言われると、ちょっと悪い気がしてくる。
[PR]

by bunbun6610 | 2017-03-03 21:00 | G.有名私立大学病院
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line