真の日本語教育とは何か ――ろう学校教育から考える

ろう学校と聖書を愛する男
『何故、ろう学校教師は日本手話ができないのか?』

http://blog.goo.ne.jp/kuuro-tanada/e/c00459e59741f94eeaeb0be1aab3eecf


>「これに対して、明晴学園関係者は以下のように
回答した。

聾学校の先生の多くは日本手話ができない。
子どもと十分なコミュニケーションができない。
このような状態で、手話を日本語に云々というのは
言語道断である。
日本手話をみっちり学んで子どもと十分なコミュニケーション
ができるようになってから質問して欲しい。」」


これって、ビックリすることだ。

私の知っている、ろう者・Tさんから聞いた話がある。
Tさんは秋田県立ろう学校卒業だという。

(現在の秋田県立聴覚支援学校。
なお、現在のこの学校では、手話が使われるように
変わっている、という)
http://www.kagayaki.akita-pref.ed.jp/chokaku-s/


Tさんがこの学校に通っていたのは、35年以上も前のことだ。
その頃は手話禁止時代だったという。

学校の先生の日本語指導は厳しく、毎日、
日本語の読み書きを教えていた。
その教育法は体罰法で、授業で手話を使うと
手を叩かれたり、水を張ったバケツを両手に持たされて、
廊下で立たされるといった罰を受けたという。

普通学校に通ったろう者から話を聞いたら

「手話を使うと日本語を覚えなくなってしまう。
子どもが日本語を使わなくなってしまうから」

と言っていた。
Tさんが通っていた当時の秋田県立ろう学校でも、
学校の授業では手話禁止だから使えなかった。
だが寄宿舎に戻ると皆、手話で話し始めた。
みんな大げさ、オーバーな手話だった。
だが学校と違って、楽しかった、と懐かしげに言っていた。

そのTさんだが、実は頭がものすごくいい。
誰よりも早く、仕事を覚えてしまったので、
皆が一目置くほどの存在だ。
それはなぜか?

私はその理由が、彼がろう学校時代に覚えた
日本手話にあるのではないか、と思う。
ろう学校時代の授業だけではないかもしれない。
なぜなら、彼はこう言っているからだ。

「学校の授業を幾ら見ても、単語までなら覚えられるが、
それに付く「てにをは」とかまでは、理解できなかった」


神奈川県立平塚ろう学校
http://www.hiratsukarou-sd.pen-kanagawa.ed.jp/

でも、何年か前から外国人向けの日本語教育に着目して、
日本語教育方法を転換している。
ということは、昔の教育法が間違っていたのだろう。


私は子供時代から難聴だったが、普通学校に通った。
聞き取れなくて、学校の先生の授業はほぼわからなかった。
だが、たくさんの同級生と休み時間に遊んでいるうちに、
それと担任先生に読書を勧められてどんどん読んでいるうちに、
日本語をしゃべるようになったし、読み書きもある程度、
出来るようになった。
普通の子供よりも日本語の獲得が遅かったが。


この話と比較すると、ろう学校の教師たちも

「やはり、ろう児に日本語を教えるには、
手話をやめさせなければいけないのだろうか」

と思うかもしれない。
そう思うのも無理もなかったかもしれない。

ちなみに、普通学校に通ったろう者は、
日本語がきちんと書けるし、日本手話も出来る。
どうしてなのかはわからないが、
本人から聞いた話では

「普通学校に通う傍ら、ろう学校に通っていた、
ろうの友だちにも会い、一緒に遊んだ」

と言っていた。
つまり、子どもの頃からバイリンガルだったのだ。
ということは、明晴学園の教育法は間違っては
いないことになりそうだ。


>「ろう児の手話が読み取れていないことを
自覚しない教師は実は多いのである。
ろう学校で、きちんとした手話研修が行われて
いないということ、

「子供が声を出さないと、何を言っているのか
分からないので、声を出してくれるとありがたい」

と自分を擁護する教師もいることを考えると、
時には厳しい発言は必要であろう。」



これは一体、どういう意味だろうか。

例えで言うならば、私の母語は日本語である。
だが聞こえないので、手話が分からない健聴者には
筆談してもらうことが多い。
それで通じる。
ただし、これは

「筆談で同じ母語(日本語)でコミュニケーションを
したから通じた」

とは、実は限らないのである。
私は筆談でも通じないと思う経験を、たくさんしてきている。
そんな時に、相手に「筆談力」がないことが原因だと
思うこともあった。
その証拠に、筆談で通じる人とは、ちゃんと通じているからだ。
コミュニケーションは、母語が同じであれば必ず通じる、
と思っていたら大間違いだ。

私は第二言語として手話(日本語対応手話と日本手話)
も不完全ながら獲得しているが、それでも十分に通じる
場合がある。
つまりこのことが、コミュニケーション能力とは

「母語にとらわれることなく通じることが可能な力」

を意味している、と思う。
ろう学校教師たちの大きな間違いの理由が、
ここにあるのではないか、と思う。
言語の違いがコミュニケーションを難しくすることは
あるが、だからといって、不可能だとは限らない。
言語が違っていても意味を正しく伝えられる場合も、
実はたくさんあるのである。
日本手話は、ろう児に

「言葉の意味〔言葉と事象の関連性〕を正しく伝える力」

において優れているという事実を、忘れてはならない
と思う。
言葉の上っ面に頼っているから、そして自分(教師)が、
ろう児の言葉(日本手話)が理解できないから、

「子供が声を出さないと、何を言っているのか
分からないので、声を出してくれるとありがたい」


と言うのではないか。
そういうのは、真の人間教育ではない。
「日本国」という、管理社会をつくるための教育だ。
[PR]
by bunbun6610 | 2017-02-18 23:30 | 手話言語法
<< 手話歌&ダンスで、ろう者と健聴... 麺屋『義』 >>