今の社会のほうが「障害のある社会」なのか?

魔女のおうち『発達障がいと2次障がい。』〔2017-01-27 13:26〕



「眠れない→鬱になる→受診する→発達障がいが確認される。
運動ができない→学校に行くのが嫌になる→不登校になる
→受診する→発達障がいが確認される。」



この部分に、とても引っかかった。
「眠れない」「運動ができない」は、自覚的症状。
だが、その結果として起こる障害は、社会モデルだ。
もしも、障害を個性、多様性だと認めるようになれば、
社会には障害がなくなる。
逆に言えば、今の社会こそ、「障害」と言えるのだろう。
聴覚障害も同じだ。
だが、難聴者が自覚しにくいのは、
障害がボーダーだからだろうか。


「障がいだから、仕方ない。
そんな気持ちで受け入れると、お母さんの気持ちも
少しは楽になります。

どうして、この子はこうなんだろう?
なぜ、この子はあぁなんだろう?

そんな風に考える日々から見えてくるものは、
マイナスな感情でしかなく、この症状は障がいなんだー
と思えると、対策の方向性が見えてくるものです。
怖がらず、もう半歩前に進むと、見えてくる景色は
違います。
その半歩が、何十年も先には、大きな大きな足跡に
なっているものだったりしますよね。」



そうだよな。
出来ないことばかり考えたって、人間はマイナスに考えるのが
むしろ、普通だよな。
なら、逆の発想をしたらいいんだ。
当たり前のことだが、いやー、いいことが書いてあるよなぁ。
[PR]

by bunbun6610 | 2017-01-28 17:30 | 障害者問題・差別
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line