会社のコミュニケーション文化? マナー?


『コンニャクみたいな、つかみどころのない話術』



なぜ健聴者は、曖昧な話し方が多いのか、
健聴者に聞いたことがあります。
そうしたら、

「ハッキリ言わないほうが、
後で都合がよい場合もあるからよ」

という、信じられない理由でした。

よく言えば
「臨機応変にできるから」、

悪く言うならば
「優柔不断だから」や「曖昧模糊にしている」
ということなのだろうか?

どっちにも転べるように余地を残しておくあたりが、
確かに「都合がいい」と言えなくもないが。


当ブログ

『無期限自宅待機中の、会社(人事部)との第1回面談』
〔2017-02 -05 19:30〕


では、会社人事部と話した内容を述べました。

そこでやっぱり、健聴者の話し方は、
その言葉をまともに受け取って
コミュニケーションをしてはいけない、
と思いました。


相手のコミュニケーション文化を受け入れて
コミュニケーションをしないと、すれ違ってしまう

と思いました。

いや、受け入れたくない場合はそれでいい。
必要なのは、それも考慮して、
意味を考える、ということだろう。

例えば、表面では「解雇ではない」と言っていても、
解雇と同じ意味だってあります。

相手が「解雇」とは言っていないからといって
「自分には職場に留まれる可能性が残っている」
と考えていいわけでもありませんでした。

会社が私の腹の底から聞きだしたいことは何なのか、
また私が何を悟ってほしいのか、
会社が何を求めているのか、
そういったことを、
それが非常に大事な話であっても、
会社はストレートに伝え合おうとはしません。

心理戦みたいな馬鹿馬鹿しさがあって、
本当にやりきれませんでした。
しかも、その時間の無駄遣いのスゴイこと…。

これは日本人特有の、ダメなコミュニケーション方法
かもしれません。

『「コミュニケーション力」とは』〔2011-04-12 21:04〕

も参照。

一発で言うと、ろう者の木村晴美氏が言っているように、
健聴者はやはり「察する文化」なのです。


■月■日にY人事部長が言った

「あなたが自宅待機中に考えること。
自分にとって、本当にこのまま、ここで働くことがよいのか?
職場の人間関係を元に戻すのは、相当の協力が必要です。
ストレスが重なり、さらに環境が悪くなったり、最悪、
あなたの心身の健康を害することは好ましくない。
リフレッシュをして、ゆっくり、冷静に考える機会にもなる」

という言葉は、まるっきり会社の本意ではありませんでした。

本当は

「まず、時間を与えるので、今後の自分のことを考えてほしい」

という意味だったろう。
それから段階的に、自主退職ロードマップを
考えてほしかったのだろう。

最終的には、再就職活動をして、
職場復帰は諦めてほしかったのだ。
今までのことも全て、忘れてほしかったのだ。

ただ私に恨みの感情を残されたままでは、
またインターネット上で何をされるかわからない。
それを防ぐのも、人事部の役目だから、

初めはクッションを与えて伝えたのだ。
健聴者は、そういう言葉の文化だ。


まず1ヶ月間落ちつかせてから、

「給料をあげるから、再就職活動をしなさい」

という意味のことを言ってきたわけだ。

普通、規則違反をした者に対し、
会社がそんな親切なことをすることは
ありえません。
だから、何か本心があるのだと思います。

「いい会社じゃないか」という見方もあると思いますが、
自分は納得していません。

会社は、私の気持ちなどまるで理解せず、
どこまでも権力を乱用して、
屈辱的なやり方で封じ込めようとする。

その目的はやはり、会社は助成金の
メリットを捨てたくないから、
そう作戦を練ってきたのだと思って
間違いありません。

それと、会社は、私がインターネット犯罪の
暴挙に出ることも、念のために恐れ、
それを防ぐために恩情を与えているのだと思います。

また会社として今まで、落ち度が全くなかったとも
思っていないでしょう。

謝罪はしないが、慰謝料のつもりで、
残りの雇用契約期間の給料は払う、
と決めたのだろう。

謝罪の事実があったら、裁判にされた場合、
会社はほぼ負けるだろう。

だから、そういう事実は絶対につくらない。

さすが、障害者対応にも場慣れした部長だ。
この手腕で、今まで相当の人のクビを切ってきた
のかもしれない。

私は、この人事部長に、こう言ってやりたい。

「あなたの胸には、良心は詰まっていないのですか?」

いやいや、でもこの人物にそんな古い言葉は、
もう通用しないだろう。
この人は、すでに会社を守るためにしか、
生きていないのだから。


[PR]

by bunbun6610 | 2017-02-12 19:30 | Z1.クレジットカード会社
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line