就労後の聴覚障害者問題G

2017年1月27日(金)
私は今、様々な障害者がいる職場で働いている。
ろう者、肢体不自由者、その他にも、障害名は知らないが恐らく、知的・精神障害者の人がいる。
その人たちと一緒に働いていて

「この人達が障害者とは、とても思えない」

と思う毎日である。
なぜなのだろうか。

彼らには特別な合理的配慮なんて、何もない。
一方、私には筆談という合理的配慮をしてもらっている。
聴覚障害者は、他の障害者とは大きく違うということを、痛感させられる。

だがそれでも、このハンディキャップを自力で乗り越えていかなくては、ここでの職場定着は無理だろう。
同じ聴覚障害者が、私以外に一人だけいる。
その人はろう者Tさんで、少ししゃべれるそうだ。
だが聴力がかなり悪い私は、Tさんの声など聴いた事がない。

Tさんは東北地方出身で、ろう学校卒業、母語は日本手話だ。
それも、手話禁止時代のろう学校で育ったので、今の若い人たちが使う手話とは違い、読み取りがなかなか難しい。
Tさんは難しい手話は使わず、とにかく簡単なジェスチャーだけで、健聴者とコミュニケーションを取って、仕事をしている。
その鮮やかさは、流石だった。
いや、もしかしたら、声も併用しているのかもしれないが、聴こえない私にはそこまでわからない。
でもとにかく、Tさんと比べたら、私のコミュニケーションはまだまだで、非常に苦労している。
ただ私は日本語を出せるので、それが武器だ。
だから『オウム返しのマジック』を頻繁に使う。
それでうまくいくこともよくある。
細やかなコミュニケーションも可能になることがある。
しかし、想像力がついていけない場合だと、オウム返しもうまくいかない。
だから経験不足の私は、まだまだ苦戦している。
今はとにかく、慣れてくるまでの我慢だ。


2017年1月27日(金)
私が入れて洗浄したスコープを見て、TOさんが「TAさんに教わった通りに入れていますか?」と言うので、「今さらまたそんな基本的な話になるの?」と思った。また「やり方が違う」と文句を言い出す人が出てきた。なぜこうも、人により、違うのか? その後、私が新しく入れたスコープを見て、Oさんが入れ直していた。細かいことにこだわるだけなのか、それとも私が本当に間違っているのか、わからない。Oさんの場合は、理由説明が一切ないのだ。


























































Sさんの指導では、他にも理由があった。激しい水流によって、スコープの先端部がバタバタと動かないようにするため、先端部を底に沈めたり、他のファイバーに軽く絡めて固定する場合もある。

Oさんに聞いても、自分のやり方についての理由を説明しなかったが、TOさんの今日の意見・要望では、「洗浄後、取り出しやすくなるように入れてほしい」というものだった。それを、Sさんの理由と比較すると、重要度はSさんの理由のほうが高い、ということになる。私には当然、この正誤は判断できないので、1月30日(月)14:00にオリンパスのS氏が指導に来た時に、どうすべきなのかを聞いてみようと思う。


【今日の悪事例】(スコープ回収時)
1つの回収箱に2本のスコープを、重ねて入れていた。

保護カバーが付いていないものが複数あり。

使用済みスコープを、丸くて狭い(深さのある)バケツに入れて持ってきた。オリンパスさんのレジュメ写真にも、これは悪事例として紹介されている。


【最近見た事例】(スコープ回収時)


























今日の16時55分ミーティングで「もしも、回収したスコープに『AWチャンネル洗浄アダプター』が付いていないものがあったら、運び担当の人に言って下さい」と言われた。「『AWチャンネル洗浄アダプター』がない場合も多い」と言う。でも、洗い場も忙しいので、そんなことにいちいち気づいていない。気づいた人がいるのなら、なぜその人が言わないのか? 今まで、内視鏡室内で隠蔽してきたような気がする。皆、見て見ぬフリだったのだと思う。

洗い物をあまりしない人が広いシンクを使い、洗い物をする人が狭いシンクを使うのはなぜか? 広いシンクで作業をしたほうがやりやすいので、当然仕事も速くなるはず。なのに、仕事をしない人が広いシンクを使うのは、効率が悪い。古い体質の職場を改善すべきだと思う。

3時~4時の間だったと思うが、Kさんが誰か(TOさん?)と話し中の時だった。
「(洗った下部スコープは)ここでいいですか?」と、Oさんに聞いた。すると、Oさんはこっちに来て、洗浄機を「バンッ!」と叩いた。なるほど。叩いた洗浄機に入れればいい、というわけだ。でも、その指示の出し方に不快感があったので、「何で叩いたの? 一緒にやりたくないの? 嫌いなのか?」と聞いた。でも、都合の悪いことだと思ったのか、無視しているので、やはりそうなのかと思って、「なら、もう帰ろうか。今日はKさんに言って帰るから」と言って、Kさんに伝えた。ところが、Kさんが許可しなかったので、仕方がないと思いつつも、やはり納得できないと思った。Kさんが側にいたのだから、もう一度、Kさんに言ってみた。しかし、聞き流しているふうだったので、諦めるしかないのかと思った。なら、こっちで話すよりも、後でN主任か人事にメール相談したほうがいいだろうと思っていた。そこにOさんが「つかれるとイライラする」と書いた紙を見せた。いやいや・・・誰だってこんなに働けば、疲れている。それでも皆、給料を貰って働いているのだから、我慢している。それができないでキレてしまう人は、上司から注意を受けたり、クビになるのが世間なのだから、我慢するのが当たり前。それに、ただ「ここでいいですか?」と聞いただけで、何で突然、あんなリアクションを起こされるのかがわからないし、やられたほうは不快になると思う。指摘はするが、その他のコミュニケーションは全くしない。仕事ぶりは真面目で、健常者よりも出来るほうだ。とても障害者とは思えない。Oさんは一体、何の障害なのだろうか? そして、これからもOさんのこういう怒り方を気にしないで接してほしい、というのだろうか? それが、配慮なのか? こんな障害って、あるのだろうか? 障害ではなく、むしろ本人の性格や人格の問題なのでは? と疑問に思ったりすることが、しばしばある。
参考だが、私の知っている聴覚障害者で、過敏性聴覚障害の人がいる。これは外見では全く障害者に見えないほど、障害者だとはわからない障害である。何せ、その人は手話講習会にヘッドフォンをして受講していたものだから、「ふざけてんのかな?」と思った。しかし数日後、その人は「自分は、こういう障害を持つ者なのです。どうか理解して下さい」と言って、『過敏性聴覚障害』について書かれたインターネット情報を見せてくれた。それでやっと、私や周りの人が、彼を誤解していたことを知った。このように、自分の障害についてきちんと説明し、理解してもらうということは、誤解による関係障害を防ぐことになるので、大変有効だと思う。しかし、障害者の中には、自分の障害について言いたくない人もいる。プライベート問題でもあるので、会社からも無理にそうしろと言う事はできないと思う。しかし、周りの人が理解できなければ、やはり誤解や衝突が避けられなくなる可能性もありうる。沖野さんは仕事が出来る人であるだけに、障害者には見えず、「この人がなぜ障害者雇用なのか?」という疑問も尽きないので、なおさら理解しづらい。
Kさんに聞いたら、「今までこんなことはなかった」と言っていた。ということは、やはり私が嫌いなので、「もう本当に面倒なヤツ」と思って、腹が立ったのかもしれない。ただ、Oさんの仕事ぶりは厳格なほうなので、後になってよく文句を言う。だから私は、念のため聞いただけだ。どのようにやるのかは、人ぞれぞれの考え方があり、違ったりするのも当然。私はそこまで文句を言っているわけではなかった。だがそれでも、Oさんはいつも一方通行の命令・指示・文句みたいなことしか言わない。双方向性コミュニケーションが下手というか、苦手だ。関係障害になりがちで、付き合うのが難しい人だと言える。


洗浄機; オリンパス製(超音波洗浄装置)、ジョンソン&ジョンソン製(超音波でない)
手洗い用洗剤; 洗浄インスルネットEZ
除菌クロス(アルウェッテイ)
ピュレル・ゴーショーMHS(アルコールジェル)
ハクゾウ・プラスチックガウンFE(洗浄員用)
ディスポーザブルコンビネーション・クリーニングブラシ BW-412T 有効長; 2200mm  適用チャンネル径; 2mm~4.2mm
手袋; パープルニトリルエクストラ(洗浄員用)S、M、L 1箱=50枚入、2120円
ラベンダーニトリル(運び員用)S、M、L
マスク; ファイン・フィット・マスク 50枚入り 株式会社エフスリィー
アイガード; 3M(スリーエム社)
キッチンペーパー; 『シェフ』(中サイズ)


〔2017/01/27/21:22〕
看護部

N主任へ

1月27日(金)に感じたことです。
これ以上の混乱は避けたいところだと思います。
ひょっとして、洗浄室に派閥でも出来ていたりしていませんか?
人によって、やり方、説明も様々なのが現状です。
職人世界、俗人的な伝授法では、バラバラになるのが当然かと思います。
オリンパスさんの指導も、まるで意味がないようです。


洗浄機使用方法については30日(月)に、できるだけオリンパスさんに質問する予定です。

詳細は、添付ファイルをご覧下さい。

25日(水)はN主任がお休みでしたが、高額修理代について個人の感想を正直に述べさせていただきました。
辛辣な批判と受け止れるかもしれませんが、私はごく一般論だと思います。

よろしくお願い致します。


内視鏡室
■■
[PR]
by bunbun6610 | 2017-01-27 21:00 | G.順天堂


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(411)
(196)
(97)
(56)
(53)
(52)
(40)
(31)
(13)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(1)

Skypeボタン

ブログパーツ