蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

就労後の聴覚障害者問題G

2017年1月12日(木)
『プッシュスプレーの使用法の説明が、人によりまちまちなので困っている』
「プッシュスプレー」⇒空気圧で管の中の水分を出すために使うスプレー。青い○孔に入れる。
「人間ドッグ用の超音波検査用スコープには必ず使う」(Mさん)
「水が溜りやすいものにはよく使う」(Mさん) →説明が曖昧でよくわからない。具体的には、どんなスコープなのか?
「プッシュスプレーは、特定のスコープには使う」(Mさん)
「ぶら下げて保管すると、床に水が垂れてくるものがある。そういう場合には使う」(Oさん)
「「AZI」「ZI」など下部用スコープは、必ずプッシュスプレーを使う」とか。(Oさん)
「富士フィルム製スコープには必ず使う」(Oさん)
Oさんに「使い分け方は?」と聞いたら、考え込んでしまった。結局、明確な規準はないように見える。曖昧でも困ることは無いが、業務スピードやコスト優先に考えるならば、やめたほうがいいし、衛生上の安全を最優先に考えるならば、全てのスコープに使ったほうがいいように思う。水が入っているのかどうかは外見上はわからないので、使ってみて確認もできる。実際上は、くしゃみ程度の水分しか出ない場合もあれば、残尿のように出てくる場合もある。細い管のスコープでも、割と大量に出てくる場合はある。
「使い方は人により、まちまち」(TAさん)
「プッシュスプレーを使った?」と言う場合も、「それは使わなくていい」と言う場合もある。その区別の説明については無い。(TOさん)
結局、みんな曖昧に使用しているか、使用していない可能性がある。
[PR]
by bunbun6610 | 2017-01-12 21:00 | 就労後の聴覚障害者問題G