障害者雇用 - 一般社団法人 ありがとうの種

==========================


障害者枠求人票(パートタイム)

受付年月日; 平成28年12月1日
紹介期限; 平成29年2月28日

求人番号; 13010-40219962


〔1.求人事業所名〕

事業所名; 一般社団法人 ありがとうの種

所在地; 〒113-0033
東京都文京区本郷5-23-11
野神ビル2F

就業場所; 事業所所在地に同じ 転勤の可能性なし

丸の内線本郷三丁目駅下車 徒歩3分


〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)ホールスタッフ、調理、カフェ業務全般

仕事の内容; 調理に関しては、スープ作り・デザート
作り、ホールスタッフとしては、レジ・接客などを担当
して頂きます。

また、カフェ運営にも携わって頂くため、セミナー企画
などのお仕事もあります。

その他、カフェ運営全般として、清掃などの庶務、
雑務もやって頂きます。


雇用形態; パート労働者

雇用期間; 雇用期間の定めあり 6ヶ月
契約更新の可能性あり(条件あり)

学歴; 不問

必要な経験等; パソコン(エクセル、ワード)できれば
尚可

必要な免許・資格; 手話必須
普通自動車免許あれば尚可

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

賃金(税込); 932~932円

賃金形態; 時間給

通勤手当; なし

昇給; なし

賞与; なし

加入保険等; 労災

退職金制度; なし

就業時間; 
(1)9:00~13:00
(2)13:00~17:00
(3)17:00~21:00

就業時間に関する特記事項;
シフト制
9:00~21:00の間の4時間程度(応相談)

時間外; なし

休憩時間; 0分

休日等; 休日 他  週休二日制 毎週

休日 その他の場合; シフトによる

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 

求人条件特記事項;
*紹介・問い合わせの際は必ず補足事項を確認
してください。

*応募・問い合わせ等は、必ず安定所職員を通じて
ご連絡をお願いします。

※ 直接の電話連絡はご遠慮願います。

有給休暇は法定通り

・エレベーター; 無
・車椅子移動スペース; 無
・階段手すり; 有(片側)
・トイレ; 洋式
・出入口段差; 有
・出入口ドア; 開き戸

※ 必要な合理的配慮についてはお申し出下さい。


〔4.会社の情報〕
従業員数
企業全体;    7人
就業場所;    7人
(うち女性     3人)
(うちパート    6人)

創業; 平成23年


事業内容;食べられるスープを中心として扱う
ソーシャルカフェです。
聾者(聴覚障害者)が経営しているカフェで、
「手話」という空間で紡ぎだされる営業を通して
「スープ」という温かみのある料理を販売。


会社の特徴;
「手話」と「スープ」と「スイーツ」を通して「憩い」
「学び」「相談」ができるカフェです。
壁全体がホワイドボードで、手話ができなくても、
広々と筆談でやりとりできます。


労働組合; なし

定年制; なし   勤務延長; なし
再雇用; なし

利用可能託児施設; なし

育児取得実績; なし

介護休業取得実績; なし

看護休暇取得実績; なし

週所定労働日数; 週3日~4日程度

就業規則; なし


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤1人

選考方法; 面接 本社にて面接

応募書類; ①ハローワーク紹介状
②履歴書(写真貼付) ③職務経歴書
④備考欄参照 求人者の責任にて廃棄

日時; 随時

選考結果; 7日後

結果の通知方法; Eメール

試用期間; なし


〔備考〕
*面接日は後日連絡

障害の種別、等級を応募書類(写真貼付の
履歴書、職務経歴書)に記入するか、
又は障害者手帳の写しを持参して下さい。
また、メールアドレスを記入して下さい。


担当者; ひまわり会計事務所
家野(いえの)


==========================





〔過去情報〕

『障害者雇用 ― 一般社団法人 ありがとうの種』
〔2016-06 -15 20:30〕



『障害者雇用 - ありがとうの種 柳匡裕(パートタイム)』
〔2015-04 -12 20:00〕



『障害者雇用 - ありがとうの種 柳匡裕(フルタイム)』
〔2015-04 -12 19:30〕



事業開始して3年以上が経過、
法人なのに就業規則もない、というのは疑問に思う。
よく法人として認可されたものだ。
まさか、オーナーの独裁経営になっていたり
しないだろうか。
求職者からこの求人票を見る限りでは、
そのような心配を持たれる可能性が、
ゼロではないと思う。


交通費が支払われないことからも、
現在ここで働いている労働者も含め、
都営交通無料乗車券を持つ聴覚障害者で、
日本手話を使えるろう者に限定されている
ことは容易に推測できる。
今回の募集も、そういった人に限定されている、
というわけだ。

日本手話ができるろう者となると、
おそらく2級または1級の身体障害者手帳
保持者ということになるだろうから、
その非正規雇用者を入れ替える度に、
新たな特定求職者雇用開発助成金を、
繰り返し受給していることになりそうだ。

もしそうであるならば、ハローワークからも、
あまり良い目で見られていないだろう。


実は、この法人からは同一内容の求人票が、
今までに何度も出されている。
今年だけでも数回目になる。
それでハローワーク職員に聞いてみたのだが、

「若い人が中心の職場らしい。
中年の聴覚障害者も応募したが、みんな落ちている。
今までに何度か採用があったが、短期で辞めている。
辞めている理由は、わからない」

という情報が入ってきた。

応募の受付担当者も前回募集時とは、変わっている。
なぜなのかは、わからない。
応募するにも、

ハローワーク;
「最初にハローワークから、応募者の名前、年齢、
メール・アドレス等を会計事務所に電話で伝える。
会計事務所の健聴者が担当者で、応対している。
それからこの法人へ連絡し、法人からメールで直接、
応募者に回答しているらしい」

私;
「なぜ、そんなに面倒なシステムでやるのですか?
直接、お店やオーナーにメールするようにすればいいのに」

ハローワーク;
「そんなこと言ったって、向こうがこう決めたんだから、
しようがないでしょう」

こんな状況なのだ。

使用者、求職者とも聴覚障害者なのだから、
最初からメールなどでやりとりをすればいいのに、
なぜか双方が健聴者(会計事務所の担当者と
ハローワーク職員)を介して連絡を取るようにしている。
この時は、会計事務所へ電話はつながったが、
たまたま担当者が不在だった。

有給休暇は、6ヵ月後に法定通り付与されるというが、
もし6ヵ月後に更新契約が結べなかったら、
1日ももらえずに退職ということになる。

そして、仕事の内容は俗に言うと「何でも屋」に
なりそうだ。
自動車免許証は、配送業務をするために必要だという。
入ってみなければ、どんな仕事を任され、
覚えられるのか、全くわからない。
将来の目標を明確に持つ求職者にとっては、
この点も大きな不安材料だ。

もし、雇用保険に加入させてもらえなかったら、
失業後は失業給付がもらえなくなる恐れもある。
違法になるので、そんなことはまずないと思うが、
記載が曖昧だ。

経営上の問題点は尽きないかもしれない。
最悪だと、それで皆すぐに辞めていっている状況、
そして、だから「年に何回も人を募集している」、
ということもありうる。



【追記】(2017年1月5日)
あるハローワーク職員からの話
「ここはろう者のために設立した会社。
だから、ろう者しか入れないよ。
代理人に電話をしても、いつもいないか、
たまに奥さんらしき人が出てくるだけで、
代理人とはつながらない。
ろう者を雇えば、特定求職者雇用開発助成金
が国から出るから、ろう者目的はありえる」
明らかに、応募はお薦めできない、という態度だった。

採用しないのにハローワークに度々求人票を
出しているのは、もしかしたら自社宣伝という
狙いもあるかもしれない。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-12-14 23:00 | 就職活動・離職

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610