ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

『聴覚障害になって仕事したい時は通訳者を付けますか?』

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1143472636


『聴覚障害になって仕事したい時は通訳者を付けますか?』




docomo543さん
2010/7/1017:41:17


聴覚障害者に質問です。聴覚障害になって仕事したい時は通訳者を付けますか?
意見をお願いします。
健聴者は断ります。
僕も聴覚障害です。



=========================



ベストアンサーに選ばれた回答



sarapo43さん
2010/7/1418:48:55



私は読唇術や発音に自信がない(両親にだけ通じる)ので、筆談と手話が主な聴覚障害者です。会社の面接を受けた時、手話通訳を依頼してないですが、健聴者との会話ができる聴覚障害者の先輩がそこにいたため、私の通訳をしてくれて、面接がスムーズに進められました。入社した後、研修などで先輩に手話通訳をして頂いたが、普通の仕事(事務)をしている間では健聴者と筆談やメールで済ませるので、手話通訳はあまり必要性を感じなかった。手話通訳の必要性は、状況や自分のコミュニケーション手段や仕事内容によるでしょうかな。


=========================



ベストアンサー以外の回答




nishiyamake24802480さん
2010/7/1601:58:29


「健聴者は断ります」という部分に引っかかりを感じます。
例えば、外国の方で日本語があまり話せない方や言語障害の方の中にも、通訳者というか補助の方をつけた経験のある方がいるはずです。

もう少し視野を広く持ってください。

「聴覚障害になって仕事をしたい時」とは、採用時ですか?それとも採用後働き始めてからでしょうか?

働き始めてからですと、実際通訳をつけられる場面は限られると聞いたことがあります。
通訳をつけるなど、方法は先方と相談してみてはいかがでしょうか?

健聴者ですが、回答させていただきました。



=========================


noppei46さん
2010/7/1522:50:50


ろう者です。
転職のとき、面接に手話通訳同伴で行きました。
十分話しがつうじた上で、採用されました。
仕事上では、筆談とメールでコミュニケーションを取っています。



=========================


ri09riさん
2010/7/1022:02:37


聴覚障害の人の話(就活仲間及び働いておられる方)を障害者としての就活の中で聞いたことがあるんですが、
自身は健聴者なのでお気に召さなければなるべく早く削除します。

人によってやりかたはありますが
紙やPCに入力することで会議に参加できるようできるようにしてもらったり
(後で問題が起こらないようにと言う意味でも形に残すのが通例だそうです)
口を読めば大丈夫と対話に支障ないという方もいらっしゃいます。

面接で自分はどういう風に対応してもらいたいか言わなければなりませんし
通訳者をつけて欲しいと願い出ればつけてもらえると思いますが
企業の規模にもよりますので、
確認してみたらよいと思います。


=========================




『大阪在住のDeaf Pharmacist(ろう薬剤師)
のブログ』




このブログ主のろう者・Sさんの場合は、
職場への手話通訳者配置の必要性を、
もっと訴えている立場だと思います。


しかし、現実はかなり厳しい。
絶望的とも言える状況だ。

「聴覚障害者側からは通訳者配置の要望がない」

からといって、「通訳は不要」とは断言できないと思う。
下の状況を見てほしい。

『障害者雇用 - 楽天ソシオビジネス株式会社』
〔2015-01-31 18:30〕

今は国連・障害者権利条約も批准され、
国内法で『障害者差別解消法』の施行されているが、
それでも大企業の特例子会社ですら、
こんな状況だったのだ。

やはり、障害者福祉制度上の手話・要約筆記通訳
だけでは、問題の根本解決は無理だ。
そこでドアとなりうる方法として注目されているのが、
『手話言語法』なのだろう。

>「健聴者との会話ができる聴覚障害者の
先輩がそこにいたため、私の通訳をしてくれて、
面接がスムーズに進められました。」


こんな状況が社会のいたるところにもっと広がれば、
解決の道が少しずつ開けてくるかもしれない。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-12-20 20:00 | 情報保障・通訳(就労)