ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

『仕事をさせてくれない会社…』

http://blogs.yahoo.co.jp/uchayamamingkun2000/31434852.html


炎のジョブコーチ
『仕事をさせてくれない会社…』
〔2010/2/17(水) 午後 11:57〕


以前担当した会社のことですが、配属された
集配センターの担当者から

「(失敗すると・間違えると)怖いから、ちょっと…」

といって、なかなか仕事させてくれません。

確かに郵便物の誤配は業務に支障をきたすかも
しれませんが、ジョブコーチとしては集中支援の
期間になるだけチャレンジさせていただき
失敗もしてほしいというスタンスです。
何処でつまずいているのか、どうすればいいのかなど、
職場の人と一緒に考える期間だからです。

でも、何時までたっても本格的な仕事が始まりません。
ジョブコーチはダミー(宛名を書いた封筒)で練習し
精度を数値化し確認する方法を提案しますが、
本当の郵便物と間違えて配達されると心配、
ということで却下。

終に

「このままでは支援計画通り進みません」

と申し出ると、その担当者

「リスクを考えると仕事を任せられない」

とのこと。

そう言われると、そこまでということになります。
残念ならが会社のレベルとしか言い様がありません。

ジョブコーチのモチベーションも低下、
がんばる企業担当者にはジョブコーチも影響を
受けるのですが、後ろ向きの企業担当者からは
マイナスの影響を受けます。
ジョブコーチが居なかったら放置されるのではないか
など先行きの不安も感じます。
もう一つの会社の方がよかった…。

人の才能を見つけられない職場は、当然に人も
成長しません。


ジョブコーチを燃やすのは企業担当者の本気です。



=========================




いやはや、こりゃほりゃ・・・・。(笑)
こんな会社があるなんて・・・・。
あっても、日本ぐらいだろ、どうせ・・・・。

よっぽどダメな会社なんだろうな、ここは。
笑っても笑いきれない、クソ笑い話だ。(笑)

障害者を多く雇用していることで有名な
SGフィルダー株式会社の可能性もあるが、
「郵便物」となると日本郵便の可能性が濃厚だ。


でもそういえば、

「会社に出勤して仕事をしてはならない」

という業務命令もある。
(事実上は、会社による違法な「退職勧奨」と
言えそうだ)

健常者にも「追い出し部屋」の話があったな。
今では、別に珍しい話ではない。



『『エグすぎる“リストラ追い出し工作”実例集』』
〔2013-05-03 22:47〕




『ユニクロの障害者雇用いじめ・パワハラ問題について』
〔2014-04-27 18:30〕




『森・濱田松本法律事務所 高谷知佐子弁護士』
〔2012-09-03 23:30〕



『障害者を辞めさせるプロフェッショナル』
〔2015-11-26 19:00〕






【追記】(2016年11月19日(土))

『松屋でも障害者就職差別?』
『松屋』でのこと。
朝食メニューの「納豆定食」を頼んだら、
お新香を2個トレーに載せて出して来た。
使っている食器だって汚い。
目の前にあるテーブルの調味料入れも汚い。
こんな単純ミスをする外国人は雇い、
自由に仕事をさせているのに、
障害者は何で働かせないのか?
外国人は障害がないからか?
障害がないことは能力を有していると
いえるかもしれない。
だが、障害がないからといって、
必ずしもこうしたことをきちんとやる人
だとは限らないのだ。
逆に、障害があっても、
こうしたことにきちんとやれる人だって、
世の中にはたくさんいるはずだ。
それなのに、松屋では外国人労働者
ばかり急増し、障害者は見たことがない。
雇用機会の差別ではないだろうか。

もしかしたら松屋も、セントラルキッチン
などで障害者雇用を進めていて、
店舗では外国人雇用で賄っているの
かもしれない。
だが、ハローワーク障害者用求人票
コンピュータでも、松屋の求人票は
全然見かけない。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-11-18 23:34 | 就労後の聴覚障害者問題B