『就労継続支援A型とは』

『就労継続支援A型とは』
http://www.fukushi-navi.jp/keizoku_A.php



ハローワークでは最近、やたらと

「就労継続支援A型事業所」

なんて書いてある会社(事業所)の
求人票が目に付くようになってきた。

求人内容を見てみると、民間企業と変わらない。
仕事の内容、賃金は民間企業とほとんど同じだ。
社会保険は、あるところとないところがあり、
あっても勤務条件次第のようだ。
つまり、加入の可否は会社が決めることに
なるようだ。


とりあえずハローワークの窓口に聞いてみると、
以下のような回答があった。

ハローワーク職員Aさん;
「あなたのように、民間企業で働ける能力のある
人が行くところではないですよ。
あなたがこんな所に行ったら、もったいないです」

ハローワーク職員Bさん;
「就労継続支援A型事業所は、
民間企業での就労が難しい人が行くところです。
知的障害者や重度の障害者が主に働いています」


私が応募することについては、明らかに賛成して
いなかった。
ハローワークではなぜか、就労継続支援A型事業所は、
民間企業よりも「レベルが下」の事業所だという
認識のようだ。

いやでも、民間企業よりもレベルが下の仕事を
していても最低賃金がもらえる所ならば、
障害者はここへどんどん行こうとするかも
しれないぞ・・・。

それにしてもだ。
ハローワークの障害者対象求人票としてちゃんと
コンピュータ上にあるのに、職員からはどうして
このように区別されている(嫌われている?)
のだろうか。

それでも、問い合わせ段階で100社以上は軽く
断られるくらい、私だって民間企業への就職
・転職は難しい。
聴覚障害が原因だからだ。
いや、企業の就職差別が原因と言ったほうが適当だ。

そのことを理由に、就労継続支援A型事業所の
求人票を持って、職員に問い合わせを頼んでみる。
すると、こちらは

「是非、まず職場見学にいらして下さい、とのこと。
いつにしますか?」

という返事。
民間企業と違って、好感触なのだ。
だがそれでも、ハローワークでは紹介を渋るのだ。
一体、なぜなのだろうか。
障害者を差別するだけでなく、
障害者が行く所のA型事業所も差別している
かのようだ。
これは明らかにおかしい。

確かに、私は民間企業で働いていても、
きちんと評価されてきたことは、
自分でもよくわかっている。
それなのに、就労継続支援A型事業所に行くことは
ないだろう。
でも現実は、そんなこともわからずに門前払いして
しまっている民間企業が物凄く多いのである。
それで困っているから、就労継続支援A型事業所へ行って、
一体何が悪いというのだ。

ただ、就労継続支援A型事業所は民間企業とは違い、
国や自治体から補助金とかを受けて運営している
らしい。
もし本当にそうならば、税金を投入して運営している
ことになり、こういう事業所が増えてしまうと、
それだけ税金を遣ってしまうことにもなるだろう。

その上に、事業所の中には、利用者(障害者)から
利用料を徴収する所もある、と聞いている。
このシステムはつまり、ピンハネと同じだ。
ピンハネされたら、それだけ所得は下がるので、
障害者からも税金はもっと取れなくなるだろう。
ならば、ハローワークが阻止しようとするのはわかる。

さらに社会保険にも入れないとなると、
年金制度が簡単に破綻してしまうだろう。

結局、将来は生活保護しかなくなる、という悪循環だ。
こんな障害者を増やしたら、国はもっと悪くなるに
決まっている。
もう生活保護ビジネスだけでなく、
障害者ビジネスも増殖している、というわけか。
道理でこうした目的で、障害のある人に安易に
障害者手帳取得を勧め、そして取らせるわけだろうな。
そして、その人を福祉漬けにして、カネ儲けをしている
ビジネスなのかもしれない。
生活保護では「貧困ビジネス」と呼ばれているが。
最近、認定医でない医師が精神障害者手帳を
不正取得させる事件が発覚したが、
それはこの手口なのかもしれない。



『夢破れ突然の変貌 相模原障害者施設殺傷』
〔2016-07-27 22:07〕
『「精神指定医」
100人不正疑い、
「相模原」判断医師も
…診療歴偽り取得か』



これは『障害者の経済学』の観点からも、感心しない。


これはもしかして、『障害者奴隷雇用促進法』が
原因かもしれない。
障害者奴隷がどんどん就労継続支援A型事業所に
逃げ込んで行ってしまったら、障害者奴隷が民間企業
からいなくなってしまうからだ。
それではきっと、健常者は困るからに違いない。



〔関連情報〕

『A型事業所への規制について』
〔2016-04 -26 00:17〕


ということだから、障害者の就労移行支援どころか、
障害者をダメにしてしまう制度にもなりかねない
危険もある。
[PR]

by bunbun6610 | 2016-11-15 21:30 | 就職活動・離職
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line