手話通訳者の卵さんたちが、ひそかに行っている手話学習法

東京都教育委員会主催『聴覚障害者のための文章教室』

という講座がある。

※ この講座は聴覚障害者優先だが、
健聴者も参加可の場合あり。(条件あり)



もともとは聴覚障害者のための教室で、
私も過去に何度も受講してみたことがある。
その時の感想としては、担当講師が何人かに
分かれているので、人によって教え方も
特色も違っていた。
当然、一言では言い表せない。

担当講師によって、

「これは本当に、日本語の文章の勉強になるな」

と思った場合もあれば、

「いやこれでは読む・書くための文章力を
身につける勉強にはならないのではないか。
どちらかといえば、手話で日本語を学ぶ、
日本語がわからない聴覚障害者に、
日本語の意味を手話で勉強する会
みたいなものだな」

と思うような学習法もあった。


他の講演会の話になるが、ろう学校(小学校)の
国語教師の指導法を聞いたこともあった。
ろう学校と聴覚障害者対象の文章教室とでは、
教え方も目指す成果も全く違っているな、と思った。

最近、外国人向けの日本語学校の教材を
目にする機会があった。
それは、日本の小学校の国語授業で使われている
教師作成のプリント(練習問題)と、あまり変わらない
内容だったが、実践的な会話内容を取り上げ、
なるべく易しくし、コミュニケーション言語として
身につきやすいように編集されているのではないかな、
と思った。
実際のそのプリントを紹介してみよう。
東京・新宿にある、某日本語学校の教材からだ。



=======================


(A)から言葉を選んで(    )に書いてください。
必要なら形を変えてください。

(A)
実感する  訪問する  応募する  戦う


①先輩が働いている会社を(    )して、仕事の様子を聞いた。

②一人暮らしをしてはじめて、親のありがたさを(    )。

③コンビニのアルバイトに(    う )と思って、履歴書を書いた。

④力の限り(    )が、結局負けてしまった。



=======================



外国人向けの日本語学校の場合は、「形容詞」とか
「疑問文」とか「二重・三重否定文」などといった、
曖昧で難しい説明がなければ、勉強もしない。
意味が難解になったり、使いづらい言葉は、
勉強しても無駄だからだろうか。
実生活ですぐに役立つ、すぐに使える日本語から、
最低限学習内容に絞っているようだ。
それだけにシンプルで、外国人には覚えやすく、
勉強したら使うのも早くなると思う。
聴覚障害者向けの文章教室でも、時事用語を毎週
取り上げて、すぐに使える日本語の勉強をやって
いたものだ。
そして、これは手話学習についても、
同じことが言えるのだ。

外国人向けのプリント(練習問題)を読んでみて、

「これは外国人にも聴覚障害者にも難しそうだな」

と思ったのは、

「自分で言葉に変化をつけて使ってみる」

問題だろう。

「聴覚障害者の場合は、名詞や動詞は比較的
覚えていくけれども、助詞などが苦手」

という話を、ろう学校の国語教師から聞いたことがある。
「てにをは」「にでを」などの使い方である。

これはやっぱり、勉強でより、実際に用例を何度も
聞いたり読んだりして、自分でも使ってみることが
必要だろう。
さらに、失敗していたら、それをきちんと指摘してくれる
環境も必要だ。
母が日本人だったので日本語は話せたが、
それでも日本に来てから日本語の勉強に苦労した
アメリカ人も、日本語をきちんと教えてくれる日本語学校
にわざわざ通った、という。

ろう者のように手話で固まっていて、声を出さない、
筆談もしない(日本語も書かない)ままの生活だと、
せっかく正しい日本語を習っても、
結局覚えられなくなってしまうのが当たり前だろう。

反対に、「手話で学ぶ日本語学習」とは面白いもので、
聴覚障害者対象の文章教室なのに、
健聴者受講生のほうが数が多い、
という話を聞いた。
なるほど、確かに・・・・。

特に、手話通訳者を目指している人に、
勉強になりそうだ。
彼(彼女)らはまず日本語を耳で聞いてから、
それをろう者に意味が正しく伝わる手話に、
瞬時に変換させなければならない。
そうすると、聴覚障害者対象の文章教室
(いや、本当は「手話で学ぶ日本語教室」)は、
いい勉強になるのだろう。


手話習得に成功したV6の三宅健氏も、
次のように語っている。

「どれだけ単語を知ってるかってのが重要
なので、とにかく単語を覚えるのが一番じゃ
ないですかね。
知らない単語は読み取れないので」

『V6・三宅健の手話に称賛の声
 NHK・Eテレのパラリンピック番組で
連日披露』
〔2016-09-17 20:00〕

まずは、手話単語を覚えることから始める
勉強方法も、一つにはあるだろう。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-11-22 23:30 | 手話

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610