三つの世界を経験した中途失聴者





時々、開いて見ることがある、松森果林氏のブログ。

『松森果林UD劇場~聞こえない世界に移住して~』


著者プロフィールには、こう書いてある。

「強みは聞こえないこと。
聞こえないならではの感性と視点で情報発信!」


そして、下の記事にも、

「三つの世界を経験した中途失聴者」

としての、自己紹介がある。

『2016-10-18 リアルワンポイント手話付きセミナー』




「強みは聞こえないこと」

いや、彼女にはそれ以上の強みがあると思う。
まさに、

「三つの世界を経験した中途失聴者」

としての、希少な経験である。

単に「聞こえない」だけの人とは違う。
「難聴者」とも違う。
「健聴者」でもない。
三つとも経験がある人なのだ。
三つの世界にすむ人たちの、架け橋になれる存在だ。

同様の体験をした人が、
過去にもNHK『みんなの手話』(初代講師・石原茂樹さん)
で紹介されていた。
全く同じ体験談だった。


『自伝に書かれた思い出もニセモノ
…佐村河内氏の“偽り人生”』
〔2014-02-13 19:30〕

[PR]
by bunbun6610 | 2016-10-20 21:30 | 聴覚障害
<< 『人口知能の話を聞いた・・・』 がんばっても、手話を覚えること... >>