<NHK>「障害者を感動話に」方程式批判

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160828-00000069-mai-soci



<NHK>
「障害者を感動話に」
方程式批判


毎日新聞 8月28日(日)22時3分配信



NHKのEテレの情報バラエティー番組「バリバラ」で
28日夜、

「検証!『障害者×感動』の方程式」

と題した生放送があった。
「清く正しい障害者」が頑張る姿を感動の対象にする
ことを「感動ポルノ」と表現し、「感動は差別だ」との
障害者の声を伝えた。
同時間帯は日本テレビ系で障害者の姿を伝える
チャリティー番組「24時間テレビ」が放送中だった。

 番組では、自身も障害者で「感動ポルノ」の言葉で
問題提起した豪州のジャーナリスト兼コメディアン、
故ステラ・ヤングさんの「障害は体や病気よりも、
私たちを特別視してモノ扱いする社会の方」との
発言を紹介した。

 出演者は「笑いは地球を救う」と書かれたそろいの
Tシャツ姿。
難病の大橋グレース愛喜恵さんを主人公にした
模擬ドキュメンタリーも流した。
生活の大変さや障害者になった衝撃、明るく前向きな
姿を強調。
本人の実感や意思を無視して「感動ポルノ」に仕立て
られるさまを示した。
大橋さんは今回の24時間テレビにも出演した。

 「障害者の感動的な番組をどう思うか?」と健常者と
障害者100人ずつに聞いた調査では、
「好き」は健常者が45人に対し、障害者は10人。
健常者の好きの理由は

「勇気がもらえる」

「自分の幸せが改めて分かる」

など、障害者は

「取り上げてもらえるなら、感動話でも仕方ない」

だった。
英BBCが障害者を英雄や被害者として描くことが
侮辱につながるとしたガイドラインを20年前に
策定したことも紹介した。

 出演した脳性まひの玉木幸則さんは番組内で

「(障害者と健常者が)同じ人間として怒ったり
笑ったり、思いを重ねることがホンマの感動。
一方的な感動の押しつけは差別だ」

と話した。

 「バリバラ」は「バリアフリー・バラエティー」の略。
2012年に始まり、障害者の性や結婚、高齢化
などを当事者らが本音で語る場を提供してきた。
「笑い」の要素も大きく、障害をネタにする当事者も
出場する、お笑いコンテスト「SHOW-1グランプリ」
も開催。
今春からは障害者のほか性的マイノリティーなどに
対象を広げ、生きづらさを抱える当事者の声を
伝えている。

【鈴木英生】




=========================




「感動ポルノ」か。
こりゃ、面白い解説だ。
健常者が上から目線で障害者と自己を比較し、
優越感に浸る。
障害者で視聴者を感動させるテレビは、
そのための道具。
感動モノの障害者テレビ番組や映画は、
健常者の自慰思考のオモチャというわけか。

スポンサーも自社イメージアップの道具にする。
何もやろうとしない障害者にもお恵みが入る。
結果、皆幸せになる、という勘違いだ。


「愛は地球を救う」だと?
笑わせるな。
そんなものが、本当の愛だと思っているのか?

障害者の実際の意識とは関係無しに、
健常者が勝手に「感動した」「勇気をもらった」
と言って騒ぎ、せっせと働いて募金をしたり、
税金を払ったりしているのだ。
そのお金のお陰で、障害者は食っていける。
確かに、それしかないよな。
だが、それが「成熟した社会」だと思っていたら、
それこそ大間違いじゃないのか?

障害者の実際は差別がある為に働けず、
文句も言えずにそんな社会に従わざるを
得なくなっているだけだということもわからずに。
全くお見事なバカっぷりだこと・・・・。

24時間テレビとは違い、痛快な内容だった。




〔関連情報〕

『24時間テレビを「感動ポルノ」と痛烈批判
  NHK障害者番組バリバラに絶賛の声』

Excite Bit コネタ 2016年8月29日 16時35分
ライター情報:和泉涼







=========================



http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160824/Taishu_24108.html

衝撃の内幕!?『24時間テレビ』の「タブー」を暴露!
日刊大衆 2016年8月24日 07時00分 (2016年8月26日 14時33分 更新)


(一部引用記事)

では、最後に番組内における感動のコーナーに目を向けてみたい。

障害者や被災した子どもが出演するコーナーでは、あざとい演出が批判された過去がある。「03年には、番組に出演した、手足に障害を持つ子どもの父母らの会が“今後はもう協力しない”“事実は曲げないでほしい”と日テレに猛抗議。行き過ぎた演出に、不信感を抱いたようです」(芸能ライター)


 13年には震災で被災した子どもたちを“富士登山”にチャレンジさせたが、「人混みを避けるためか、マイナーで過酷なコースを登らせ、風雨で子どもたちの姿がレンズから消えるほどの悪天候なのに、登山を断行。テレビ的に“苦労を乗り越えた!”という画が欲しかったんでしょうが、演出のためなら子どもの命を危険にさらしてもいいと考えていると勘違いされかねない映像でした」(前同)


 芸能ライターの三杉武氏は、こう苦言を呈す。「番組が始まった当初は、もっとチャリティ色が強かったんです。でも、タレントやCMスポンサーが群がることで、おかしな方向に向かっている気がします。看板番組として安定した今こそ、知名度は低くても日頃からボランティアに勤しんでいる方を取り上げるなど、“チャリティの原点”に戻るべきときですよ」


 今夏は“民放の王者”にふさわしい、感動的なチャリティ番組に期待したい。



=========================





〔参考情報〕



『障害自体は哀れむべきものでも悲劇でもない』
〔2011-10 -16 10:21〕




『価値のある「かたわ者」になれ?』
〔2011-11 -28 00:14〕




『障害者は哀れみの対象』
〔2012-01 -12 21:50〕




『変わらなければいけないのは社会』
〔2012-02 -07 22:44〕




『心の叫び (3)『愛は静けさの中に』』
〔2014-11 -03 18:30〕






LITALICO(りたりこ) 発達ナビ
『「障害者の感動ポルノ」を巡る議論で、
私たちが見落としていること 』

イシゲスズコ/著者
〔2016/09/03 更新〕

[PR]
by bunbun6610 | 2016-08-29 20:00 | Eテレ『バリバラ』

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610