夢破れ突然の変貌 相模原障害者施設殺傷

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160727-00010841-kana-l14


夢破れ突然の変貌
 相模原障害者施設殺傷


カナロコ by 神奈川新聞
7月27日(水)7時3分配信


一方的に偏見と殺意を募らせ、26歳の青年は
未曽有の凶行に走った。
相模原市緑区の障害者施設「神奈川県立津久井
やまゆり園」で26日未明、19人が死亡、26人が
重軽傷を負った殺傷事件。
逮捕された元職員の男(26)は地元では好印象を
持たれていたが、夢破れ、家族と離れて暮らす中で、
一時はやりがいを見いだそうとした障害者支援の
現場を去っていた。
そして、予告した行為への準備が重ねられていた。

「障害者は生きていても意味がない」

「安楽死させた方がいい」

 それは寝耳に水の発言だった。
容疑者が、津久井やまゆり園の同僚に

「日本国の命令があれば(大量殺人を)実行する」

と打ち明けたのは2月18日。
驚いた園長が翌日に問いただすと

「1、2月ごろ、こういった考えに気付いた。
自分は間違っていない」

と力説。
その場で自主退職が決まった。

 元々は穏やかで、礼儀正しかった。
小中学校時代の知人は

「明るい性格で盛り上げ役。
人を傷つけたりもしない」。

都内の私立大のフットボールサークルの
先輩も

「社交的で顔が広いイメージ」

と振り返る。

 教師を目指し、約5年前に母校の相模原市
立千木良小で教育実習した。
当時、授業を受けた中学3年の女子生徒(14)


「自分から子どもたちに声を掛けてくれて、
放課後は鬼ごっこをした。
他の先生や児童から『いい人』と評判だった」

と明かした。

 だが、夢をかなえることはできず、2012年末
に同園に就職。
同じ頃、両親と離れて千木良の実家で1人暮らし
を始めた。

 周囲が異変に気付いたのはその数年後。
2学年上の幼なじみの男性(29)は、飲み会で

「革命を起こしたい」

と熱っぽく語る同容疑者の姿に戸惑った。

「ノリで言っているのか、本気か分からなかった」。

園の仕事も、当初は

「施設の入所者がかわいい」

と意欲的だったが、約2年前から

「思い通りにいかない」

「大変だ」

とこぼすようになったという。

 14年秋ごろ、元職員の女性(74)は施設職員
から

「(同容疑者が)入所者に暴力を振るっていて、
どう対応していいか分からず困っている」

と相談された。
同容疑者は昨年1月、背中一面の入れ墨の
写真をツイッターに掲載し

「会社にバレました。
笑顔で乗りきろうと思います」

とコメント。
今年2月20日には、精神保健福祉法に基づく
緊急措置入院先で大麻の陽性反応を検出
-と転がり落ちていった。

 幼なじみの男性は、同容疑者の“主張”に
取り合おうとせず

「彼の発想は

『入居者のせいで自分が笑顔を失った』

『こいつらが死ねば(自分が)平和になる』

ということ」

とばっさり。

「それにしても、ここまでのことをするとは…」

と言葉を失った。




=========================




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160726-00010824-kana-l14


神奈川県知事
「心からお詫び」
 被害者支援に全力
 相模原障害者施設殺傷


カナロコ by 神奈川新聞
7月26日(火)13時34分配信

相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で
入所者が殺傷された事件を受け、黒岩祐治知事は
26日午前、記者会見し、

「県は(指定管理者を)指導、監督する立場から、
心からおわび申し上げる。
亡くなられた方々に心から哀悼の意を表する」

と陳謝した。
今後、指定管理者の社会福祉法人「かながわ共同
会」と連携して被害者支援をするとともに、捜査にも
協力し、再発防止に全力を尽くすとした。

 県保健福祉局によると、逮捕された男は2012年
12月から同園の非常勤職員として働き始めた。
13年4月に共同会の常勤職員に採用され、引き続き
同園に勤務していたが、今年2月19日に退職したと
いう。
退職理由や働きぶりについては、現時点では把握
していないとしている。

 同園には7月1日時点で19~75歳の男女149人
の知的障害者が入居。
障害の程度区分のうち、最も重い区分6が116人、
区分5が31人、区分4が2人だという。

 事件当日は夜勤体制として、職員8人と非常勤の
警備職員1人の計9人が勤務。
約20人を1ユニットとして、全8ユニットにそれぞれ
1人ずつ夜勤の職員が配置されていたという。

 共同会について、県は

「非常に実績があり、信頼している。
運営へのクレームも聞いていない」

とした。



=========================





私は障害者だから、障害者を否定することなんか、
できない。
だから逆に

「健聴者なんか、いなくなればいいんだ」

と思うことが、よくある。
健聴者を皆殺ししたいと思うことも、よくある。
あるいは、自分が安楽死すればいいと
思うこともある。
私の気持ちも、彼とそう変わらない。
ただ立場が逆なだけだ。

障害者施設にいようが職場内障害者授産施設
にいようが、障害者はいらない者扱いしか、
されていない。
障害者に対して、いじめ・虐待・パワハラが
起きやすいのも、分かる気がする。


『ユニクロの障害者雇用いじめ
・パワハラ問題について』
〔2014-04-27 18:30〕





この事件で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。


〔参考情報〕


『われわれ自身のなかのヒトラー』
(マックス・ピカート/著者、佐野利勝/訳者、
みすず書房)

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%82%8F%E3%82%8C%E8%87%AA%E8%BA%AB%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC-%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%94%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%88/dp/4622004038


http://www.msz.co.jp/book/detail/00403.html


犯罪者だけが特異な存在なのではなく、
誰にでもヒトラーのようになってしまう可能性はある。
狂気性は、人間なら誰にでもある潜在的可能性だ。
私は、それを特殊なケースだとは思わない。
障害と同じなのである。
健常者も障害者も同じだ。
IS(イスラム国)のテロ犯だって同じだ。




「私たちも、一歩間違えれば、こうなっていたかも
しれない・・・」

『映画『フリークス』(1932年制作・公開)』
〔2014-11 -06 18:30〕






『佐村河内氏ドキュメンタリー映画6・4公開決定』
〔2016-03 -09 21:46〕


社会の、特にマスコミの取り上げ方も気になる。
佐村河内氏問題と同様に、マスコミ側が勝手に
商業的価値のある部分だけを切り取って情報化し、
一般民衆に提供する。
その影響力で、人格まで壊していく。
「怖いな」と思う。

でも、人間は皆その社会の中で、上手く利用して
いかなかったら、誰も生きてゆけないだろう。
「ネコをかぶっている」のは、皆同じなのだ。
別に驚くことではない。


最後に思ったのは、下の本のようになる事を
願うことだ。

『凶悪犯罪者こそ更正します』
(岡本茂樹/著者、新潮新書)

https://www.amazon.co.jp/%E5%87%B6%E6%82%AA%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E8%80%85%E3%81%93%E3%81%9D%E6%9B%B4%E7%94%9F%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%B2%A1%E6%9C%AC-%E8%8C%82%E6%A8%B9/dp/4106105799


https://www.amazon.co.jp/%E5%87%B6%E6%82%AA%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E8%80%85%E3%81%93%E3%81%9D%E6%9B%B4%E7%94%9F%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%B2%A1%E6%9C%AC-%E8%8C%82%E6%A8%B9/dp/4106105799




======================


追記

サラッと速報
『津久井やまゆり園は
強度行動障害支援を
積極的に受け入れて
いる施設か』

〔2016年7月26日〕
http://sarattosokuhou.com/news/tsukui-yamayuri/



======================





https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160902-OYTET50020/


「精神指定医」
100人不正疑い、
「相模原」判断医師も
…診療歴偽り取得か


読売オンライン ヨミドクター
〔2016年9月2日〕


全国の複数の医療機関の精神科医が、
強制入院などの判断を行う「精神保健
指定医」の資格を不正に取得していた
疑いのあることが、厚生労働省の調査
でわかった。

不正取得が疑われる医師とその指導医
は計100人前後に上り、神奈川県相模原市
の知的障害者施設で起きた殺傷事件で、
逮捕された容疑者の強制入院措置に
関わった医師も含まれているという。

 同省は、各医師の弁明を聞く聴聞の
手続きを進めており、早ければ月内にも、
処分の是非を決める同省の審議会部会
を開く。

 指定医を巡っては、昨年4月、聖マリアンナ
医大病院(川崎市)で、11人が十分に
治療に関わっていない患者を診療したと
偽るなどして、資格を不正取得していた
ことが発覚。
取得時に提出する症例リポートについて、
複数の医師が同じ患者のものを使っていた
が、厚労省の審査では見抜けなかった。
このため、同省が過去5年間に申請された
医師のリポートを調べていた。

 関係者によると、調査の結果、同省が
禁じている同じ患者の同一期間の症状に
関するリポートが多数見つかり、同省で
診療記録を取り寄せて精査したところ、
治療に十分に関わった痕跡がないケース
が数十件あった。
指導医は管理監督を怠っていた疑いが
ある。

 不正取得が疑われるのは、相模原市の
殺傷事件で逮捕された植松 聖(さとし)
容疑者(26)の強制入院措置に関わった
医師や、聖マリアンナ医大病院に在籍して
いた医師のほか、中国や中部地方にある
病院などの医師がおり、不正は全国に
広がっているとみられる。

 読売新聞の取材に応じた中部地方の
大学病院の精神科教授は、不正取得が
疑われる事態となったことについて、

「日頃から複数の医師で患者の診療に
当たっており、指導医も複数いるため、
同じ症例のリポートを提出したことに
気づかなかった。
管理が甘かった」

と話している。

 植松容疑者の措置入院については、
厚労省の有識者検討会で妥当性を
確認したところ、特に問題はないとの
見解が多数を占めている。
          ◇
精神保健指定医  精神保健福祉法に
基づいて厚生労働相の指定を受け、
重い精神障害で他害などの恐れが
ある患者を強制的に入院させる
「措置入院」や入院解除、家族の同意
だけで入院させる「医療保護入院」を
判断できる精神科医。
人権を制限する難しい判断が求めら
れるため、指定には、精神科医として
3年以上の実務経験に加え、資格を
持つ指導医のもとで統合失調症や
依存症、認知症などの患者8例以上
を診療したリポートの提出が必要と
なる。
指定医は昨年7月時点で全国に
1万4793人いる。



======================

[PR]
by bunbun6610 | 2016-07-27 22:07 | 障害者問題・差別


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(409)
(194)
(97)
(56)
(53)
(52)
(40)
(31)
(13)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(1)

Skypeボタン

ブログパーツ