映画『Start Line(スタートライン)』(今村彩子/出演・監督)



映画『Start Line(スタートライン)』




===========================



松森果林UD劇場~聞こえない世界に移住して~
『「コミュニケーションが苦手」な全ての人に送る映画
『Start Line』』
〔2016-06-28〕




印象的なシーンがある。
道中、パンクした自転車を修理している
人がいても

「聞こえない私は力になれないから」

と素通りした彩子さんに、

「できないって自分で決めつけている」

とぴしゃり。
たとえ力になれなくても、聞こえなくても、
一人より一緒の方が安心できるんだ、と。
それでも

「私なんかいない方がいいと思ってしまう」

と自分を卑下する彼女に、
もう一度言う。

「そんなことを君が決めてはいけない。
相手に聞いてから決めて!」。

テツさんファンになった瞬間だ。
その後ケンカとなり、目をそらす彩子さんに
対し怒ったテツさんが倒した自転車の
カメラが二人の様子をとらえる。

「怒っていても話さないと解決しない。
あなたが目をそらしたらそこですべてが
切れてしまう。
あなたが自分で世界を切っている」。

そう、音声言語での会話は目をそらしても、
相手の話しは聞こえてくる。
しかし視覚言語である手話は目をそらした
時点で遮断される。

「コミュニケーションができないのは
聞こえないせいじゃない」

というテツさんの冷静な論旨が、
コミュニケーションの本質を浮かび上がらせる。




===========================




私も、コミュニケーションが非常に苦手だ。
今村氏とは違ったタイプだと思うが。

で、私の場合はよくケンカする。
相手が誰であっても、上司であってもだ。
かなり損する性格をしている。
能力は高くても、コミュニケーションが
ダメだからと、いつも最低評価を
与えられてしまう。

仕方がない。
すぐに変えられるわけではないし。

社会人として、私の致命的な欠点だ。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-06-28 21:10 | ろう者世界

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610