障害者雇用 ― 住友不動産建物サービス株式会社

==========================


障害者枠求人票(フルタイム)

受付年月日; 平成28年5月6日
(障害者差別解消法の施行後)

紹介期限; 平成28年7月31日

求人番号; 13080-39060661


〔1.求人事業所名〕

事業所名; 住友不動産建物サービス株式会社

所在地; 〒160-0023
東京都新宿区西新宿7丁目22番12号
泉ホシイチビル

ホームページ;
http://www.sumitate.co.jp/



就業場所; 事業所所在地に同じ 転勤の可能性なし


新宿駅下車 徒歩10分


〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)一般事務

仕事の内容; 
*書類作成
*PCへのデータ入力
*コピー
*ファイリング
*郵便仕分け業務
*郵便発送

その他庶務業務




雇用形態; 正社員以外

雇用期間; 雇用期間の定めあり
12ヶ月
契約更新の可能性あり(原則更新)

学歴; 不問

必要な経験等; 不問

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

賃金(税込); (月額)175000~175000円

賃金形態; 月給

通勤手当; 実費(上限なし)

昇給; なし

賞与; あり
(前年度実績; 年2回 計30万円~30万円)

加入保険等; 雇用 労災
健康 厚生 財形

退職金制度; あり(勤続2年以上)

就業時間; 
9:00~18:00

就業時間に関する特記事項;


時間外; なし

休憩時間; 60分

休日等; 土日祝  週休二日制 毎週

休日 その他の場合; 年末年始 12/31~1/3

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 10日

求人条件特記事項;
【障害者用設備状況】
エレベーター; 有
出入口段差; 有(5cm)
車椅子移動; 不可
階段手すり; 有
点字表示; 無
トイレ; 洋式

※ 合理的配慮についてはお申し出下さい。



〔4.会社の情報〕
従業員数
企業全体; 3202人
就業場所; 426人
(うち女性 139人)
(うちパート 16人)


創業; 昭和48年


事業内容;
マンション及びビルの総合管理
その他各種サービス業

会社の特徴;
住友不動産グループ

労働組合; なし

定年制; なし    勤務延長; なし
再雇用; なし

利用可能託児施設; なし

育児取得実績; あり

介護休業取得実績; なし

看護休暇取得実績; なし

年間休日数; 122日

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤1人

選考方法; 面接 書類選考

応募書類; ①ハローワーク紹介状
②履歴書(写真貼付) ③職務経歴書
求人者の責任にて廃棄

日時; 随時

選考結果; 14日後 〔書類到着後7日程度〕

結果の通知方法; 郵送 電話

試用期間; あり
(3ヶ月 労働条件変更なし)



〔備考〕
*質問等がなければハローワークの紹介を
受けた上で応募可能です。

*障害の種別・等級を応募書類(履歴書・
職務経歴書等)にご記入いただくか、
障害者手帳の写し(障害がわかる部分のみ)
を応募書類と共に郵送して下さい。

*応募書類は返却いたしません。



担当者;
人事課
長木



==========================






『これは“聴覚障害者差別”になる? ならない?』




※ 合理的配慮についてはお申し出下さい。

の字句は、一体何のため?
聴覚障害者差別を隠すため?
ここも、ただの形式的平等をやっているつもりか?


ハローワーク職員に、ろう者も応募できるかどうか、
確認を依頼した。
すると、会社からの回答は

「他の障害者ならいるが、聴覚障害者の雇用実績は、
今までにない」

「手話ができる人はいないので、手話は不可」

「電話対応もやってほしい。
以上の理由で、ハードルが高いかも・・・」

と言っていたという。

だが、住友不動産グループの会社はだいぶ以前から、
同じ理由で何度も、聴覚障害者の応募受付を
渋っていた。
私がグループ企業の何社かに、
応募前問い合わせを頼んだ事があるのだ。

ということだから、それをいつも言い訳にして、
あるいは、この状況を改善しようとしなかったから、
聴覚障害者にだけのバリアが放置されていた、
のだと言える。
つまり、これは“聴覚障害者差別”だと、
断言できると思う。

上記の理由を常套手段にして、聴覚障害者の応募を
渋らせているのだから、これは悪質ではないかと思う。






『ハローワーク職員も、何も知らないで仕事をして
いる人がいる』

私;
「やっと1社だけ見つかり、応募することができた!」

ハローワーク職員;
「障害者の方って、みんな選択に迷っていますよね」

私;
「・・・・(唖然とした)」

(「えっ? 何を言っているんだ、この人って。
聴覚障害者が応募できる求人票を探すことが
どんなに大変なのか、この職員は知らない
のかな?」
と思った。)

私;
「いやいや・・・。
選択に迷っているのではなくて、
聴覚障害者を雇う企業が少ないからなのですよ。
それでやっと幾つか候補を見つけても、
応募前の問い合わせ段階で断られたり、
『難しい』と言われるので、結局、諦めざるを
えなくなる。
我々には選択する権利はあっても、
実際にはないに等しい」

ハローワーク職員;
「なるほど・・・」
[PR]

by bunbun6610 | 2016-05-10 23:55 | 就職活動・離職
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line