ろう重複障害児の現状

地下鉄に乗っていた。
ろう重複障害児と、その母親がいた。
児童は男児で、たどたどしい手話を使っていた。
母親は読書に夢中になっていた。
子どものことには全く構おうとしない。
子どもは読書中の母に何度も話しかけたが、
手話と口話の両方を併用していたらしい。
かなりあいまいだが、独り言、不満を発しているようだ。
それが、理解できる言葉だったのかどうかはわからない。
もし、母親にも理解できない言葉だったとしたら、
相手にしても仕方がなかったのだろう。

しかし、この時期に話し相手がいないと、
言葉の学習が遅れ、様々な副次障害が起こり、
将来必ず困ることになる。

それをこの母親は、わかっていないのかもしれない。
その親子は、W駅で降りた。
知的障害者がよく降車している駅だ。
すると、知的障害もあり、その施設に通っている、
ということだろうか。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-05-07 23:20 | 聴覚障害

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610