【2016年4月熊本大地震】二次・三次災害としての風評被害の怖さ




好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」
塾長・カメライターかさこのブログ
kasakoblog.exblog.jp


『地震被害がひどい?!
大分湯布院に行ってきたけど、
ひどかったのは地震より観光キャンセル』

〔2016年 04月 26日〕
http://kasakoblog.exblog.jp/24333883/





こういうことは、ニュースではなかなか
報道されないことだなぁ。

悲惨な状況とか、被害を迅速に報道するのは、
確かに人命・安全にかかわることなので
第一となってしまうのだろう。
でも、それで風評被害化してしまっている
とは正直、あまりよくわからなかった。

地震で大変な時に、観光というのは確かに、
気が引けてしまう。
東京だと、外国人がいっぱい観光を楽しんで
いるのだが、九州では今、こうなっている
とは・・・・。
今回の地震はとても大きかったので、
その被害が大きいのは勿論だが、それ以上に、
人の対応による被害という点では、
聴覚障害と酷似しているんだな、と思った。

情報が偏り過ぎているから、
九州でも聴覚障害者でも、
そうなってしまうのではないだろうか。

情報リテラシーも、きちんと自分で持とうとする
姿勢が大切だ。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-04-28 18:00 | 社会

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610