『A型事業所への規制について』



http://blogs.yahoo.co.jp/uchayamamingkun2000/37152297.html


炎のジョブコーチ
『A型事業所への規制について』
〔2016/4/23(土) 午後 6:34〕


先日、福祉新聞の記事で、リタリコの社長さんが
厚労省のヒアリングか何かで、安易なA型への
就労を抑制すべき・・・とのことでした。

このような現象になることは、関係者の間では、
A型事業所ができた時点で危惧していたこと
なのですが、実情を知らない人達による制度
設計であることが障害者者就労をぐちゃぐちゃ
にしているように思います。
また、その兆候も随分と前からありましたが
適切な対応ができなかったのかと思います。

逆に、これから始まると思われるA型への規制
に、今度はA型の事業主が気の毒になります。
多くの真面目に事業に乗り出した人達、
相応の投資をしているにちがいありません。
こんなことがあると、怖くて新規の参入も抑制
されるでしょう。
国の一貫性のなさが、障害のある方の就労
支援を、さらに特殊なものへとしていきます。
大きな声に左右されず、規制は現場の現象を
しっかり分析し、ぜひ頭を使って、良い方向で
誘導してほしい・・・そんな思いです。
大小の株式会社、人材紹介、派遣・請負様々な
プレイヤーがあって、活性化し、柔軟で多様な
働き方が実現します。
規制緩和はある種、お金を使わないで効果を
得る手法です、反対に規制は間違うとお金と
セット、そして現場は考えなくなります。




========================




上の記事を読んで、ちょっと思ったことです。
的を得ているかどうか、自信がないのですが、
とにかく書いてみます。

就労継続支援A型事業所って、どういうところなのか、
私も知らないのですが、安易に増やしたり、
あるいは規制していったりするのは、
疑問もあるのではないか、
と思っています。

参考情報として、例えば下のような記事があります。


〔参考情報〕

『障害者雇用
 ― 一般社団法人 アイエスエフネットベネフィット』
〔2016-04-05 18:21〕



仕事内容が本当に、作業所並みのような気が
してなしません。
いや、作業所よりはもうちょっと良い単純労働
かもしれません。
そういうところで働くのが良い障害者もいると
思いますが、そこでずっと満足してしまい、
自分を伸ばす機会を失ってしまう障害者だって
生まれかねないように、私は心配します。
私はそれを、大真面目に懸念しています。
それも、障害者の本当の自立を阻んでしまう
要因になるのではないかと。
障害者もきちんと育てて、「福祉漬け」のような
差別はもうしないでもらいたい、と思います。


『違法薬物依存症と障害者福祉依存症との共通点』
〔2016-02-04 00:05〕



これは本当の「福祉」ではなくて、
「間接差別」ではないですか?
[PR]
by bunbun6610 | 2016-04-26 00:17 | 就労前の聴覚障害者問題A

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610