ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

障害者雇用 ― カフェ・カンパニー株式会社

==========================


障害者枠求人票(パートタイム)

受付年月日; 平成28年4月12日
(障害者差別解消法の施行後)

紹介期限; 平成28年6月30日

求人番号; 13070-35477561


〔1.求人事業所名〕

事業所名; カフェ・カンパニー株式会社

所在地; 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-27-8
Los Gatos 2階


http://www.cafecompany.co.jp/



就業場所; 転勤の可能性なし

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-4-1
丸ビル1F
当社店舗
「Marunouchi Cafe × WIRED CAFE」

東京駅下車 徒歩1分
千代田線二重橋駅前から237m


〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)食器洗浄及び調理補助
(障害者トライアル)

仕事の内容; 
 ・主に食器洗浄
 ・清掃
 ・簡単な調理補助


雇用形態; パート労働者

雇用期間; 雇用期間の定めあり
6ヶ月
契約更新の可能性あり(原則更新)

学歴; 不問

必要な経験等; 不問

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

賃金(税込); (時間額)910~910円

賃金形態; 時間給

通勤手当; 実費(上限あり 日額500円まで)

昇給; なし

賞与; なし

加入保険等; 雇用 労災
健康 厚生 厚生年金基金

退職金制度; なし

就業時間; 
(1)12:00~18:45


就業時間に関する特記事項;

時間外; なし

休憩時間; 45分

休日等; 休日 他  週休二日制 毎週

休日 その他の場合; 休日はシフトによる。

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 10日

求人条件特記事項;
障害者トライアル雇用併用求人
(トライアル期間中同条件)
週の所定労働時間30時間以上必須です。

■施設設備状況
エレベーター; 有
階段手すり; 両側
建物内車椅子移動スペース; 有
トイレ; 洋式
出入口段差; 無
その他; 中二階(階段有)

必要な合理的配慮についてはお申し出ください。


〔4.会社の情報〕
従業員数
企業全体; 1502人
就業場所; 38人
(うち女性 20人)
(うちパート 35人)


創業; 平成13年


事業内容;
飲食店の直営事業(WIRED CAFE等)
都市・商業企画プロデュース事業、設計、
業態開発プロデュース事業。

会社の特徴;
カフェを、人と人、街が繋がる
「みんなが集まるコミュニティの場」と考え、
個性のある店舗を創っています。
社員平均年齢30歳の私達と一緒に、
それぞれの価値を大切に育んでいきましょう。

労働組合; なし

定年制; あり 一律65歳   勤務延長; なし
再雇用; あり 70歳まで

利用可能託児施設; なし

育児取得実績; あり

介護休業取得実績; なし

看護休暇取得実績; なし

週所定労働日数; 週5日程度

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤1人

選考方法; 面接 書類選考

応募書類; ①ハローワーク ②履歴書(写真貼付)
③障害者手帳(写)等
選考後は返却

日時; 随時

選考結果; 7日後

結果の通知方法; 郵送 電話 Eメール

試用期間; あり(3ヵ月 労働条件変更なし)



〔備考〕
※ 応募書類、ハローワークの紹介状を
薬事採用センター(千代田区丸の内)に
郵送して下さい。

※障害者手帳(写)等については、
障害種別・等級を応募書類にご記入
いただくか、手帳の写し(障害種別
・等級がわかる部分のみ)を添付して
下さい。




担当者;
人材開発室
岩田よう子



==========================



 0人―0人―0人



==========================


障害者枠求人票(パートタイム)

受付年月日; 平成28年4月12日
(障害者差別解消法の施行後)

紹介期限; 平成28年6月30日

求人番号; 13070-35482061


〔1.求人事業所名〕

事業所名; カフェ・カンパニー株式会社

所在地; 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-27-8
Los Gatos 2階


http://www.cafecompany.co.jp/



就業場所; 転勤の可能性なし

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55
NEWoMan SHINJUKU6F
当社店舗
「ROSEMARY’S TOKYO」

新宿駅直結


〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)食器洗浄及び調理補助
(障害者トライアル)

仕事の内容; 
 ・主に食器洗浄
 ・清掃


雇用形態; パート労働者

雇用期間; 雇用期間の定めあり
6ヶ月
契約更新の可能性あり(原則更新)

学歴; 不問

必要な経験等; 不問

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

賃金(税込); (時間額)910~910円

賃金形態; 時間給

通勤手当; 実費(上限あり 日額500円まで)

昇給; なし

賞与; なし

加入保険等; 雇用 労災
健康 厚生 厚生年金基金

退職金制度; なし

就業時間; 
12:00~23:00の間の6時間


就業時間に関する特記事項;

時間外; なし

休憩時間; 45分

休日等; 休日 他  週休二日制 毎週

休日 その他の場合; 休日はシフトによる。

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 10日

求人条件特記事項;
障害者トライアル雇用併用求人
(トライアル期間中同条件)
週の所定労働時間30時間以上必須です。

■施設設備状況
エレベーター; 有
階段手すり; 両側
トイレ; 洋式
建物内車椅子移動スペース; 有
出入口段差; 無

必要な合理的配慮についてはお申し出ください。


〔4.会社の情報〕
従業員数
企業全体; 1502人
就業場所; 63人
(うち女性 25人)
(うちパート 60人)


創業; 平成13年


事業内容;
飲食店の直営事業(WIRED CAFE等)
都市・商業企画プロデュース事業、設計、
業態開発プロデュース事業。

会社の特徴;
カフェを、人と人、街が繋がる
「みんなが集まるコミュニティの場」と考え、
個性のある店舗を創っています。
社員平均年齢30歳の私達と一緒に、
それぞれの価値を大切に育んでいきましょう。

労働組合; なし

定年制; あり 一律65歳   勤務延長; なし
再雇用; あり 70歳まで

利用可能託児施設; なし

育児取得実績; あり

介護休業取得実績; なし

看護休暇取得実績; なし

週所定労働日数; 週5日程度

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤1人

選考方法; 面接 書類選考

応募書類; ①ハローワーク ②履歴書(写真貼付)
③障害者手帳(写)等
選考後は返却

日時; 随時

選考結果; 7日後

結果の通知方法; 郵送 電話 Eメール

試用期間; あり(3ヵ月 労働条件変更なし)



〔備考〕
※ 応募書類、ハローワークの紹介状を
薬事採用センター(千代田区丸の内)に
郵送して下さい。

※障害者手帳(写)等については、
障害種別・等級を応募書類にご記入
いただくか、手帳の写し(障害種別
・等級がわかる部分のみ)を添付して
下さい。




担当者;
人材開発室
岩田よう子



==========================



 1人―1人―0人





上の2つは、同一企業の店舗別求人票である。

「ろう者の雇用実績」があるかどうか、
ハローワークに確認を求めてみた。
回答は次の通り。


ハローワーク職員;
「この企業では、ろう者が他店舗で働いています。
ただし、口話コミュニケーションが必須で、
口の読み取りができることが条件です。
年齢は不問だそうです」

私;
「口話必須、ですか?
口の読み取りはできるが、
そのろう者は話すことが出来る人ですか?
ならば、難聴者なのかもしれませんね」


佐川急便にも、難聴の人が働いている。
その人は両耳に軽・中度難聴者用補聴器を
装用していた。

「障害者手帳は所持していない」

という。
仕事内容は宅配物を届けたり受注するもので、
荷物の受け渡しの際に、ちょっとした
コミュニケーションが必要だった。
しかし、1メートル以内での口話コミュニケーション
だったので、問題ない様子だった。

上の企業で雇用実績のあるろう者というのも、
そういう聴覚障害者ではないか? と思う。

ろう者と難聴者は大きく違う。
難聴者の中には、ほとんど合理的配慮が
必要ない人もいるが、ろう者の場合には、
ある程度の合理的配慮が必要だ。
それが国連・障害者権利条約で認められ、
日本国も批准したから、障害者差別解消法が
作られたのである。
そして、ついに求人票にも差別となる事項が
撤廃されるように変わりつつある。


確かに、4月からの障害者枠求人票には

>「■必要な合理的配慮についてはお申し出ください。」

とは書いてある。
ところが、電話問合せをしてみると

「手話は使える人がいないので、口話が必須です」

と言われてしまう始末。
合理的配慮は一体どうなったのか?
ただのお飾りなのか?

「当社では障害者差別は行っていません」

と宣伝したいからなのか?
仮に雇うとしても、ろう者はまた皿洗いマシン
として、こき遣うだけなのか?


『誰からも愛されるパンを』
(Eテレ『ろうを生きる難聴を生きる』)
〔2015-09-24 23:29〕




職場で働く健常者だけに配慮していて、
ろう者には配慮しないという姿勢は、
結局のところ、今までと全く変わっていない。
文言だけの「合理的配慮」なんて一体、
何になるというのか。
非常に残念であり、悲しいことである。


ろう者を雇用した、ある小さなカフェがある。
そこの創業者は、こう言った。
(これは私がごく短く要約した文であるが)


「障害者を雇用して事業を始めてみたい、
と思った。
最初は知的障害者を、と思ったが、
知的障害者は複雑な仕事を覚えさせること
だけでなく、やらせるのが難しい。
しかし、聴覚障害者はコミュニケーション方法
に配慮しさえすれば、健常者と全く同じように
働けることがわかった」


私や、他の優秀なろう者が働く姿を見て、
そう思ったそうだ。
実際は、その聴覚障害者によって、
複合障害を抱えていたりしていることもあるので、
単純ではないが、簡単に考えれば上の通りである。

例えば、職場で使う簡単なサインを皆で考案し、
使えばいいのである。
初めから

「手話なんて健聴者には難しいものを・・・」

なんて考えていたら、簡単なこともできなくなる。
それを差別というのではないか。
ろう者への合理的配慮は、決して手話だけではない
と思うのだが。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-04-19 21:26 | 就職活動・離職