ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

『きしむ車輪が油を得られる』



ヒューマン・エラー対策セミナーの情報保障は
どうなったのか、Bさん(ろう者)にも
聞いてみました。
すると、相変わらず

「上司からは何も話がない」

という。

本人はもう、どうでもいいように

「私はどうせ、耳が聞こえないから
(セミナーに呼ばれないんだ)」

というふうに話していました。

そうじゃなくて、手話・要約筆記通訳が
付く日が決定していて、
私もAさんも出席することに決まって
いるのに、なぜBさんは呼ばれていないのか、
それが疑問に思っているのですけれども…。

私とAさんは、会社に聴覚障害者対応の
通訳の必要性を訴え、情報保障が得られましたが、
Bさんはそうしてはいないらしい。


「手話通訳なんか要らない」

と言っていたCさん(ろう者)は

「仕事が嫌いになった」

と言い、現在も休職中です。


Dさん(ろう者)は、
とっくに会社に見切りをつけていたのか、
さっさと自主退職してしまいました。

以前に私は、労働組合に聴覚障害者労働問題
の話をしました。
そのときは、組合側は

「そういう問題があることを、
今まで知らなかった」

と話していました。
ということは、私が最初に話した聴覚障害者
だということになります。

古いですが、次のような資料があります。

著者/水野映子氏

 ・(A)『聴覚障害者の職場におけるコミュニケーション
―聴覚障害者・企業対象の調査にみる現状と課題―』
   →http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/ldi/report/rp0711.pdf

 ・(B)『障害者雇用は進んだが・・・』
   →http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/ldi/watching/wt0903a.pdf

資料(A)を見ると、会社側と聴覚障害者側
との意識ギャップが存在しています。
この原因は何かというと、一口に言ってしまえば、
コミュニケーション障害だと思われますが…。

ただ、それをもっと突き詰めていくと、
次の3つの要因があり、
それぞれが複合して関係している場合が
多いのではないか、と考えられるような気が
します。


①会社(健聴者)側の原因…聴覚障害者への
理解不足など。
会社からは、よく

「具体的にどうしたらよいのか、わからない」

と言われ、ほったらかしにされてしまう状況
が多い。


②聴覚障害者側の原因…聴覚障害者心理である
「言えない障害」や、言葉が話せないことや、
伝える手段がわからないろう者などの問題。
諦めてしまうことや、本人の努力、勉強不足の問題。


③社会環境因子的な問題
…聴覚障害者が相談できるところさえない。
相談しても、誰も取り合ってくれない、
解決策を提案することもできないなど、
専門家や支援機関の不足問題が背景にある。
また、そういうところがあっても、
実際にほとんどの聴覚障害者が知らない、
また知らされない場合が非常に多い。
全体的に、社会的な取り組みが不十分だと言える。

さらに、③と①が複合すれば、もう聴覚障害者の
方は負担が重過ぎて、諦めてしまいやすくなる
のではないだろうか。

厚生労働省や、ハローワークの障害者担当部署
(専門援助第二部門)の働きが不十分だと
言えそうです。

また、会社と聴覚障害者との力関係の差が
あり過ぎることも、問題解決を遅らせる要因に
なっているのではないでしょうか。

障害者雇用の場合、有期契約の雇用が圧倒的に多く、
会社に合理的配慮や差別問題をしつこく言うと

「雇用契約を更新しないことも有り得る」

とさえ言われることもあります。
それは、脅しと本気の両方に受け取れるので、
普通は諦めてしまうだろう。

しかし、だからと言って聴覚障害者が諦めたら、
会社の思う壺です。

ドン・マッケイ氏の

「きしむ車輪が油を得られる」

(諺…「音を立てれば、人々は聞いてくれる」という意味。)

という諺のように、何か伝えるアクションを起こさない者には、
何も与えられないのだろう。
(当ブログ
『ドン・マッケイ氏の講演(2009年12月)から』
〔2011-09-26 21:14〕

参照)

聖書にも、こんな言葉があります。

「求めなさい。そうすれば、与えられる。
探しなさい。そうすれば、見つかる。
門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。」
(マタイによる福音書 7章7節)

これからは、それをする者と、しない者との
間にも差が出てくるのでは、と思います。

合理的配慮は、自然にできるものではなく、
人がお互いに努力し、理解しあって、
つくっていくものだと思います。



〔参考情報〕

のんびりのびみり
『軋む車輪は油をさされる?』
〔2009.07.01〕

[PR]
by bunbun6610 | 2016-04-04 19:30 | 就労後の聴覚障害者問題Z1