ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

『聴覚障害を持った売春女性、視覚障害を持った売春女性』

http://www.bllackz.net/blackasia/content/20140625T0016120900.html


BLACKASIA - www.bllackz.net
『聴覚障害を持った売春女性、
視覚障害を持った売春女性』
〔2014-06-24〕



生活に追い詰められた貧困女性が売春ビジネスに
堕ちる姿はよく見るが、生活に追い詰められたと
言えば、障害を持つ女性たちもまた追い詰められて
いく。

売春地帯でよく見かける障害を持った女性は、
ダントツで多いのが聴覚障害者だ。

タイでも、カンボジアでも、インドネシアでも、インドでも、
聴覚障害を持った売春女性は山ほどいる。
メキシコの売春地帯でも聴覚障害を持った女性が
売春していた。

タイでは1990年代頃から聞こえない女性が売春
ビジネスをしている姿があった。

2012年もスクンビット通りで英語で

「私は聞こえません。
生活のためにお金が必要なので助けて下さい」

という手書きのメモを持った女性が白人(ファラン)に
声をかけている姿を目にしたので、もう伝統のように
なっているのだろう。

インドネシアの売春地帯では、そういった女性が数人
集まった売春宿もあって、彼女たちを管理する売春宿
のママサンが手話を使って会話していたのが印象的
だった。

......

この記事は非公開のものです。
会員の方は、ログインしてからお入り下さい。
残念ながら会員ではない方は記事を読むことは
できません。




========================




>「売春地帯でよく見かける障害を持った女性は、
ダントツで多いのが聴覚障害者だ。」


「障害者の中でも聴覚障害者の場合は、耳が不自由で、
中には話すことも出来ない人もいる、という障害ぐらいで、
売春婦としての利用価値は健常者と変わらない」

と思われているからではないだろうか。

日本でも風俗嬢の「豹ちゃん」と呼ばれるろう者女性
が昔、話題になったのを覚えている。
店では手話を交えてコミュニケーションをしていたらしい。



『あらくれ姐さんのウロ覚え書
~今年はやってますわ!
…何かを。。。~』

http://ameblo.jp/pink58/entry-10431905497.html



『90年代半ば、週刊SPA!で
「ろうあのヘルス嬢・豹ちゃん」として
連載ページを持っていて、・・・・』

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1229283992
[PR]
by bunbun6610 | 2016-03-18 21:34 | 障害者問題・差別