会社にも要約筆記通訳を要望


人事部・Mさんに、会社の就業時間中に行う
ヒューマン・リスク・セミナーで、
要約筆記通訳の手配を、メールで要望した。
手話通訳配置日はあるのに、要約筆記通訳は
ないからだ。

どうなるかわからないが、また

「出るも出ないも自由だから」

とか、

「あなたには筆記で対応しますので」

などと言い

「要約筆記通訳まではつけられません」

と言われるかもしれない。

メールには、三菱東京UFJ銀行の
聴覚障害者差別裁判の記事

参考資料として添付した。

さらに、労働組合のT、S、W・Y、SIの4名の他に、
人事部のY部長にも「CC.」で送信した。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-03-23 19:30 | Z1.クレジットカード会社
<< 『精神障害のある人の雇用促進が... 合理的配慮をしなければならない... >>