ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

一般社団法人 遊技産業健全化推進機構

一般社団法人 遊技産業健全化推進機構
https://www.suishinkikou.or.jp/index.php


ここは一体、どんなことをしているのか?
その目的と活動内容。
https://www.suishinkikou.or.jp/image/2008-12-1_03.pdf



『誓約書提出証明証』
よく、パチンコ店のカウンター壁に掛けられて
いるのか、コレだ。
https://www.suishinkikou.or.jp/image/2008-12-1_09.pdf




しかし、である。

一般社団法人 遊技産業健全化推進機構
『不正改造事件』
https://www.suishinkikou.or.jp/eventList.php?o=&i=7

には、次のように書いてある。

「平成23年7月
大阪府大阪市内のパチンコ店3店が、
設置しているパチンコ機を不正に改造したとして、
大阪府警察により摘発され、
経営者らが逮捕された。」



不正をした会社名は書いていない。
不正内容も書いていない。
なぜなのだろうか?
機構は、どこのホールが不正事件を起こしたのか、
知っているはず。
なのに、それは伏せて情報公開している。

このページを読んでも結局、
一般人、殊に遊技者には何の利益もない。
一般の新聞紙だったら、こんな不透明な情報公開
はあり得ない。

「当機構は、不正根絶に取り組んでいます」

というPRをしているだけで、実態は何をやっているのか、
どんな公益になったのか、全くの不明だ。
パチンコ店のイメージアップの為にやっているだけ、
なのだろう。
不正をしたホールも、機構にとってはやっぱり
顧客だから、当然だ。


『機構立入検査ぱちんこ遊技機等(回胴式遊技機を除く。)
チェック表』

https://www.suishinkikou.or.jp/image/2008-12-1_10.pdf


今問題視されている、パチンコ台の盤面釘に関しては、
何も記載されていない。
ということは、釘に関しては検査を実施していない、
ということではないか。


ところが釘問題は、ここに載っている。

https://www.suishinkikou.or.jp/image/20160223.pdf


「オレは知っていた。

けれど、「不正」だという認識はほとんどなかった
というのが正直なところだ。」


パチンコ店で働いている人、働いていた人は、
皆そう思っているのではないだろうか。
実際には、納品したパチンコ機は、釘の調整を
してから、ホールに設置している。
パート・アルバイトも含めて、それを皆、見ている。

ただし、それを漏らしたら、就業規則違反になる為、
懲戒解雇されてしまう可能性が大だ。
それだけではなく、誓約書の保証人になってくれた
人にも、迷惑をかけてしまうだろう。
だから皆、黙っているのだろう。
不正を見たからなのか、入社してもすぐに辞めて
しまう人も多い。


就労後の障害者支援のみを目的とする、
手話通訳者やジョブコーチ派遣をパチンコ店が
一切認めないのも、この不正行為が口外される
のを防ぐためだと思われる。

障害者の雇用率は2%強と、確かに良いほうである。
これならば、ハローワーク職員のお墨付きだ。
しかし、一般人は

「パチンコ店は障害者を雇うだけで、
合理的配慮もしていない。
裏を返せば、障害者差別をしている」

という事実を知らない。
企業の障害者雇用率しか見ることができない
健常者は、騙される結果になるのである。




〔関連記事〕


『パチンコ台の釘曲げ行為、店はまだ止めていない』
〔2016-02-28 23:17〕



『パチンコ台釘曲げ問題は、本当にメーカー責任なのか?』
〔2016-01-23 23:38〕



『パチンコ台釘曲げ問題について』
〔2015-12-29 22:54〕

[PR]
by bunbun6610 | 2016-03-04 23:35 | 就労後の聴覚障害者問題F