映画『カッコーの巣の上で』

映画『カッコーの巣の上で』をご存知だろうか。

「1975年度アカデミー賞・主要5部門を
独占した、不朽の名作」

である。


『カッコーの巣の上で』あらすじと結末ネタバレ



主演は名優ジャック・ニコルソンで、
ランドル・P・マクマーフィーを演じている。
ベン・キージーの原作を映画化した作品だ。

DVD作品の解説の最後に「感動のラストシーン」
と書いてあるが、感動というよりも、
すごく考えさせられる作品なのである。
特に、障害を持つ人だけでなく、障害者福祉に
関わっている方全ての人に観て、
そして考えてほしいことがある。

もともとは、マクマーフィーは健常者で、
ただ刑務所の強制労働を逃れるために、
精神病を装っていたようだ。
ところが、精神病院に入ってみると、
そこはマクマーフィーにとって、
あまりにも想定外だったようだ。

完璧な保護管理で、病院長からも厚い
信頼を受けているラチェッド看護婦長に
よって、病棟にいる精神病者は皆、
無気力化されてしまっていたのだった。
それに反抗し続けたマクマーフィー。
だが、その代償は・・・・。

マクマーフィーは堪らずに逃げ出そうと
するが、何度も失敗しただけでなく、
病院側のその対応として、異常な療法に
掛かる度、マクマーフィーも精神が病んで
いったようだ。

ある時、ビリーも一緒に脱走するつもりが
失敗してしまい、ビリーが自殺をしてしまう。
それに衝撃を受けたのは、マクマーフィー
だけでなく、この映画を観る側も驚いた
だろう。
見た目には、確かに自殺にしか見えない。
しかし、私の目には

「ビリーはラチェッド看護婦長に殺された
ようなものだ」

と思った。
激高(げきこう)したラチェッド看護婦長が、
ビリーを追い詰めてしまっていたことは、
間違いないと思う。
マクマーフィーも、そしてこの映画を観た人
の多くも、そう思ったのではないだろうか。

当然、納得できないマクマーフィーは、
ラチェッド婦長に襲いかかった。
暴力は良くないとはいえ、あれは当然の
“怒り”だったと思う。

だが、その報いとしてマクマーフィーは、
廃人のようにされてしまった。

それを冷静に観察していた、チーフという
入寮者がいた。
実は彼も、周囲を騙して入寮していた、
健常者だった。

映画のラストシーンでは、
チーフがマクマーフィーを哀れんで殺し、
一人で脱走する。
それがなぜ、感動的だというのだ?
あれは悲しいことだ。

ただし、これが意味していることは、
実は精神病者や障害者にとって、
非常に大きな意味を持っている
のではないだろうか。

「人間社会への反抗=悪」ではないのだ。
人間社会は、断じて“健常者だけ”のもの
ではない。
例え何と言われようと、何をされようと、
間違ったことに対しては障害者も自己主張
をし、社会を正していくべきだ。
それが真の社会人であり、「自立」だと思う。

こんなことをいつも考えている私もよく、
周囲や、会社から問題児扱いされている
ので、決してオススメはしないが・・・・。
[PR]

by bunbun6610 | 2016-02-21 22:43 | 障害者問題・差別
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line