映画『カッコーの巣の上で』

映画『カッコーの巣の上で』をご存知だろうか。

「1975年度アカデミー賞・主要5部門を
独占した、不朽の名作」

である。


『カッコーの巣の上で』あらすじと結末ネタバレ



主演は名優ジャック・ニコルソンで、
ランドル・P・マクマーフィーを演じている。
ベン・キージーの原作を映画化した作品だ。

DVD作品の解説の最後に「感動のラストシーン」
と書いてあるが、感動というよりも、
すごく考えさせられる作品なのである。
特に、障害を持つ人だけでなく、障害者福祉に
関わっている方全ての人に観て、
そして考えてほしいことがある。

もともとは、マクマーフィーは健常者で、
ただ刑務所の強制労働を逃れるために、
精神病を装っていたようだ。
ところが、精神病院に入ってみると、
そこはマクマーフィーにとって、
あまりにも想定外だったようだ。

完璧な保護管理で、病院長からも厚い
信頼を受けているラチェッド看護婦長に
よって、病棟にいる精神病者は皆、
無気力化されてしまっていたのだった。
それに反抗し続けたマクマーフィー。
だが、その代償は・・・・。

マクマーフィーは堪らずに逃げ出そうと
するが、何度も失敗しただけでなく、
病院側のその対応として、異常な療法に
掛かる度、マクマーフィーも精神が病んで
いったようだ。

ある時、ビリーも一緒に脱走するつもりが
失敗してしまい、ビリーが自殺をしてしまう。
それに衝撃を受けたのは、マクマーフィー
だけでなく、この映画を観る側も驚いた
だろう。
見た目には、確かに自殺にしか見えない。
しかし、私の目には

「ビリーはラチェッド看護婦長に殺された
ようなものだ」

と思った。
激高(げきこう)したラチェッド看護婦長が、
ビリーを追い詰めてしまっていたことは、
間違いないと思う。
マクマーフィーも、そしてこの映画を観た人
の多くも、そう思ったのではないだろうか。

当然、納得できないマクマーフィーは、
ラチェッド婦長に襲いかかった。
暴力は良くないとはいえ、あれは当然の
“怒り”だったと思う。

だが、その報いとしてマクマーフィーは、
廃人のようにされてしまった。

それを冷静に観察していた、チーフという
入寮者がいた。
実は彼も、周囲を騙して入寮していた、
健常者だった。

映画のラストシーンでは、
チーフがマクマーフィーを哀れんで殺し、
一人で脱走する。
それがなぜ、感動的だというのだ?
あれは悲しいことだ。

ただし、これが意味していることは、
実は精神病者や障害者にとって、
非常に大きな意味を持っている
のではないだろうか。

「人間社会への反抗=悪」ではないのだ。
人間社会は、断じて“健常者だけ”のもの
ではない。
例え何と言われようと、何をされようと、
間違ったことに対しては障害者も自己主張
をし、社会を正していくべきだ。
それが真の社会人であり、「自立」だと思う。

こんなことをいつも考えている私もよく、
周囲や、会社から問題児扱いされている
ので、決してオススメはしないが・・・・。
[PR]
by bunbun6610 | 2016-02-21 22:43 | 障害者問題・差別


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン編)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
就労後の聴覚障害者問題C
就労後の聴覚障害者問題D
就労後の聴覚障害者問題E
就労後の聴覚障害者問題F
就労後の聴覚障害者問題G
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題M
就労後の聴覚障害者問題R
就労後の聴覚障害者問題Z1
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(162)
(93)
(51)
(45)
(40)
(31)
(21)
(13)
(7)
(5)
(4)
(1)
(1)

ブログパーツ