もう一人の障害者ヤクザ・月原旬

関わったヤクザが何人も障害者になって
しまうとは、主人公・菊川玲二も罪な
ヤツだ。
しかし、そこからが面白くなる。
月原旬も、その一人だ。
月原は菊川から逃れるため、
自ら片手を切断した。

他にもクロケン(黒河剣太)が
パピヨンとの激闘で、
片目になってしまっていたな。
元健常者の障害者が結構、
出てくるマンガだ。

どっちかと言うと、菊川よりは月原のほうが、
俺は好きだな。


http://mogura.shogakukan.co.jp/


http://spi-net.jp/weekly/comic032.html



マンガなんだから、どうせなら二人の
激闘のクライマックスは、
玲二が「腕をやるよ」と自ら言った時に、
月原は本当に切り落としてしまえば、
もっと面白い展開になったんじゃない
かな。
そうして菊川も障害者になれば、
今後の展開も面白そうだった。

しかし、そうしなかったのは月原も、
そこまでの復習鬼じゃなかった、
ということだろう。
それもそれで、月原に意外性を持たせ、
やさしさのあるマンガに仕上がっていると
思うが。



〔関連記事〕

『日浦匡也(通称「クレイジー・パピヨン」)
 ―漫画に見る、私の障害者ヒーロー』
〔2012-12-27 18:00〕

[PR]

by bunbun6610 | 2016-01-12 21:21 | 雑談
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line