愛知県立大学 ろう者が参加する公開行事で「不平等だから」と手話通訳を配置しない決定、抗議ツイート

愛知県立大学がろう者が参加する公開行事で
「不平等だから」と手話通訳を配置しないと決定。
これに抗議するjinrui_nikki氏(教員)のツイート


http://togetter.com/li/916902


「本学のある部局から、ろう者が参加する予定の
公開行事において

「手話通訳を配置しない決定をした」

との通告。

理由は

「聞こえる人にも通訳を用意したことがない。
だから、ろう者にも用意しない」

という「おぞましい詭弁」であった。
まさか…同僚からそんな発言が出るとは
思わなかった。
情けない。
悲しい」
〔2015-12-22 23:28:31〕




「「聞こえる人たちに音声言語間の通訳を
用意してこなかったので、
聞こえない人たちのための手話通訳も
用意しません」

って、どんな論理だよ、と、私は情けなく、
悲しくなりました。

もちろん、静かな怒りとともに学内で
抗議声明を公表しました。
理事長にも学長にも副学長にも、
差別解消措置を要望しました」
〔2015-12-22 23:33:58〕



「障害をもつ構成員を受け入れよという
交渉の現場は、孤立無援です。
ひとりで文句を言い続けることに、
孤独と焦燥を覚えることも多いのです。

でもね、学長・副学長クラスの上層部から
対処の動きがあり、何より、障害をもつ
学生やそれを支援する学生の言動が
あると、私はよみがえる。
何でも言える気がする」
〔2015-12-23 00:35:21〕


「学内の手話通訳拒否問題。
聞くところによると、

「手話通訳配置への強硬反対派は少数、
大多数は無関心、管理職は面倒くさいから
さっさと決めた」

という程度の委員会判断。
それで人権侵害が起こるのだから、
驚きです。
少数の強硬派を許してしまう多数派の
無関心って、恐ろしい。
国政のことを連想しました」
〔2015-12-24 17:00:56〕



「交渉の席で。

「あなただって、聞こえなくなったらどうする
んだ。
通訳を介して会議に参加したいと思わない
のか。
それとも仕事辞めるのか」

と迫ったら。

「聞こえなくなったら仕事辞めますね」

と言い放った。
上等だ、すぐにでも辞めていただこう。
私は、通訳を介して働きたいと望む人を
職場に歓迎したい。」
〔2015-12-24 20:19:30〕



「こんな公言しちゃって、本学の名誉が
落ちてしまわないの?
という懸念はあるけれど。

隠蔽するより、議論があることを開示した
方がいいでしょ。
この際ウミを出し切る覚悟で、改善の機会
にする。
へっぽこついったらといえど、公言した
以上は公約になるから、私さぼらずに
交渉しますよ。」
〔2015-12-24 21:19:38〕



「「公開行事でバリアフリー対応を始めたら、
キリがないでしょ」

とか言うから、バカも休み休み言えと思ったが、
そこは穏便に。

「公金で公開行事する主催者には、相応の
責任が伴うのは当然だ。
対応は無限ではない、○○などの手段で
解決可能」

と言った。
昼間っから、大学教授相手にこういう説教を
する日々」
〔2015-12-24 23:37:36〕



「大学行事が「公開開催」という時の認識が
甘すぎるんだよね、基本的に。

ろう者がひとり参加を希望したら、手話通訳
経費で数万円程度はかかるものと見込んで
おく、程度の想像力すらないから、

「言われてメイワク」

みたいな顔をする。
度量がないなら、始めから「公開開催」などと
看板を出すなと言いたい。」
〔2015-12-25 00:16:53〕



「「ペット禁止なので盲導犬も禁止」

並みの発言で、

「聞こえる人にも通訳を用意したことがない」

と言うあたり、手話通訳の意味を理解して
いないのでは。」
〔2015-12-23 22:26:00〕



「こんな人たちが多数派を占めるような、
職場では働きたくないと当事者としては、
本当に思います。
そんな職場は、少なくても高等教育機関
ですらない。」
〔2015-12-24 20:47:07〕





亀井伸考の研究室
http://kamei.aacore.jp/index-j.html

『学内の手話通訳配置拒否をめぐるゴタゴタ』
http://kamei.aacore.jp/diary201512-j.html#diary20151227




それは形式的平等と言うのであって、
ろう者への実質的差別に当たるのだと
言うことが、わからない大学の方が、
おかしい。
日本の大学のレベルがこんなものだとは、
聞いて呆れる。


これも

『バカがいつまでも聴覚障害者差別をしている時代に』
〔2013-04-03 18:00〕


にふさわしい話だ。

「バカが●●を育成する大学」

と呼ぶにふさわしい。



〔参考情報〕


松森果林UD劇場~聞こえない世界に移住して~
『第28回障害者政策委員会の報告』
〔2015-12-22〕






【追記〕(2016年1月1日)

思い出したことがある。
昔、障害者自立支援法が変わったとき
だったかな?

当事者団体への通訳者派遣が原則禁止
になったとか?
団体が通訳費用を負担して、派遣して
もらうとか?
よく憶えていない。



民間の講習会の受講申込みを至急したい
と思った時も、派遣センターに依頼すると

「まず講演主催者に交渉して下さい。
それでもダメな時は、また相談して下さい」

と言われたこともあった。
その時間も無くて、諦めたこともあった。
それが、当事者の実情なのだが、
通訳者の派遣センターですら、理解していない
担当者が、なかにはいるのだ。



とにかく、その当事者団体で出された
最善策とは、個人で地域の行政機関に
通訳者を依頼し、派遣してもらう、
というものだった。
それを皆で協議したところ、
疑問の声が幾つも上がった。

例えば、同じ一つの講演会に、
10人の聴覚障害者が参加するとする。
その新しい原則でやったら、聴覚障害者10人
にそれぞれ、手話や要約筆記通訳者が
必要になる。
派遣センターからは交代要員まで来るから、
人数は数倍に膨れ上がってしまう。
つまり、会場にはそれだけの座席が必要になる、
というわけだ。
それを主催者は負担できるだろうか?

(その当事者団体の場合は、
参加していた当事者が40人ぐらいはいた。
だから全員の通訳者も含めたら、
会場の定員オーバーになってしまう
可能性が濃厚だった)

そして、ここからはもっと問題である。
もし通訳費用が全て2万円だとすると、
2万円×10人=20万円にもなってしまう。
それが各行政機関の総計負担額になるのだ。
講演の主催者が費用負担するのに比べて、
社会全体として、費用対効果として、
コスト的に高く付いてしまうのは、
新しい原則のほうなのである。

それなのに無知な主催者が

「あなた(聴覚障害者)が自分で頼んで、
通訳者を派遣してもらえばいいでしょ。
こっち(主催者)は費用負担したくないので、
知りませんよ」

なんて言っていたとしたら、
どちらがおかしいのだろうか。
このことを『障害者の経済学』と言うらしい。

今回の合理的配慮を無視していると、
その愛知県立大学でも、
こうなってしまう可能性があるのである。





【追記】(2016年1月2日)

もしも、この事例にならって、
民間企業にまで合理的配慮を拒否する
ケースが次々と増えていったら、
どうなるだろうか。
国連・障害者権利条約は形式的批准で
終わってしまうだろう。

だが、聴覚障害者はそれぞれが、
自分で通訳者を依頼し、通訳を利用する
だろう。
そして、そのやり方が全国に広まれば、
その公的費用は膨れ上がることになる。

それは結局、国民全体での負担増になる
だけなので、健聴者は怒り、今度は

「生きているだけでも有り難いと思え。
通訳ぐらい、我慢しろ」

という圧力を、聴覚障害者に加えてくる
のではないか。

こんなやり方では

日本国憲法第二十五条一にある

「すべて国民は健康で文化的な最低限度
の生活を営む権利を有する」



「聴覚障害者には例外だ」

という理屈にもなってしまうように思える。

職場だけではなく結局、どこにいてもまた

「優先順位がある」

と言われ、何年も後回しにされてゆくのだろう。
そういったことには、私はもう、
うんざりしていて、我慢ならないのだ。

「聴覚障害者だけのための通訳など要らない」

という考えこそ

「教育をしない者の罪」

だというのに。

『「教育をしない者の罪」
 教育に捧げた人生
―古河太四郎 生誕170年―』
〔2015-05-21 19:30〕



大学の本音が

「費用負担が嫌だから」

「不公平だから」

というのなら、聴覚障害者に犠牲を強いること
ばかりするのではなく

「合理的配慮の費用負担をどうすべきか」

を、考えるべきだったのではないか。



『配慮不足は企業のせいなのか?』
〔2015-05-01 18:30〕




大学だけが一方的に悪い、費用負担すべきだ、
とは思っていないが、今回はやはり、
言ったことが正しくはなかったようだ。




【追記】(2016年1月3日)

「最も脆弱な集団の排除を許すならば、
世界を一層、公正にすることは不可能である。」
                  
(国連・障害者権利条約の提唱者
 メキシコ大統領ヴィセンテ・フォックス)


『国連・障害者権利条約とは』
〔2015-12-30 23:56〕



『フォックスの提唱と、キリストの教えとの共通点』
〔2011-06-01 22:02〕


排除は許さんぞ! 排除は!!

この大学は、そんな腐った教育方針で、
今まで一体、どんな卒業生を
輩出してきたのやら・・・。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-12-30 23:56 | 情報保障・通訳

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610