コミュニケーション発展途上国の日本



20■■年■月■日

たまたま、朝の社内で、Yさんたちと会いました。
5人ぐらいがエレベーターに乗って、
どこかへ行くらしい。
Yさんが私に気づくと、私のところまで来て

「今日は5階へ行きますか?」

と聞いてきました。
私は何のことだか、さっぱりわからないので、

「どうしてですか?」

と聞きました。
Yさんは困った顔をしていたので、
私は紙とペンを出して、
筆談をお願いしました。
Yさんには書いてもらったのですが、
何を言いたいのか、
よくわからない筆談でした。

要点は多分、こうかな? と。

・今日の8:40に5階へ集合する。

・「できるだけ行くように」
と、誰かから全員へ指示されている。

・そこで、何かある(全社参集行事とか)

何があるのか聞き返してみましたが

「出ても出なくてもよい」

ということが強調されていたので、

「それなら、私は上へ行ってもどうせ、
立たされているだけで、
話の内容まではわからないのですから、
行きません」

と言いました。
そうしたらYさんは

「私が上へ言っておきます」

と書きました。

それから9:00になって全員、
普段の職場に集まり、
いつも通りの朝礼が始まりました。
Oさんのいつもの仕事の通達の後、
S課長が10分以上も話していたので、
いつもと違う内容の話だと思いました。

その内容を、M係長が12文字×10行ほどに
まとめあげて書いてくれたのですが、
次のような内容でした。

 ・先ほど、社長からの話があった。

 ・原発事故の影響で、電力不足になり、
業務が大変になった。

 ・ほぼ全部署でミスが続発していて、
会社の信用が落ちている。

 ・信頼回復のために気を引き締め、
会社全体で「非常事態宣言中」であるので、
一人ひとりが取り組んでいってほしい。

といったところです。
このことから多分、今日の8:40に社長が
5階に来て、全社員にこれを話したのだろう
と思われます。

これが事実ならば、Yさんの

「出ても出なくてもいい」

は、違うのではないかな、と思いました。

読者の皆さんはここまでを読んで、
このコミュニケーションをどう思うでしょうか?

私も悪い点はあると思いますけど、
筆談してくれているし、
筆談以上のことをまで頼むともう、
相手の欠点をハッキリ指摘せざるを
えなくなります。

(「あなたは、まだ筆談が下手なので、
読んでもわかりにくいですね」と)

それは、なかなか言いづらいものです。

こんなコミュニケーションよりも、
ケンカのほうがよっぽどわかりやすい
のですよね。

でも、それは日本の会社ではまずいので、
そこが悩みどころになるのですけど。

何よりも日本の会社は和を重んじるので、
それを乱される意見や言い方を嫌う傾向が
あります。

「日本人は、ろう者のストレート言葉を嫌い、
クッション言葉ばかり好む」

という話も、ろう者から聞いたことがあります。

この人たちに言わせれば、自分の意見を
ハッキリ言うことは、相手に対して失礼なの
とは違う、ということです。
何と! これは、外国人と同じ意見なのです。

ところが日本人健聴者は

「そんなショックを与えるような言い方を
してはいけない」

というのです。
笑っちゃうでしょう、この対照性には。

日本企業の管理職以上の皆さん、
もっとコミュニケーション術を磨いて下さいね。
でないと、外国だけでなく、聴覚障害者にも
笑われてしまいますよ。

本当に、

「日本人はこんなに話し合いの時間を使っても、
たったこれだけのコミュニケーション内容しか
できないのか?」

と言われますよ。
それだから、いいモノをつくっていても商談が
下手だから、とインドや中国の企業に言われる
のだと思います。

最近、インド、中国の企業に、モノづくりで定評
のある日本企業がどんどん買収されて、
モノはメード・イン・ジャパンなのに、
販売会社は外国、というケースが増えています
よね。

コミュニケーションが未熟であることが原因で
リスクが起きたり、

(原発事故でも菅前首相が言っていましたが)

外国でのマーケット開拓でも日本製品が
利用され、日本はずいぶん損しているのでは
ないでしょうか。

障害者と健常者の人間関係だって、
アメリカやヨーロッパと比べ、
日本は抑圧が強いのではないか、と思う。

だから日本は、超恩恵型障害者福祉しか
できないし、障害者も皆、それに都合よく
甘えちゃうのだろうと思う。

そして、日本の障害者はその下で、
これからもずーっと、ぶら下がって生きていく
のだろう。

そのことを会社の人に話したら、

「日本は、障害者にやさしい国なんですね」

と言う。
いや、そういう見方もありますけど、
それはむしろ、障害者も日本もダメにする
発想なのだということに、そろそろ気づいて
ほしくて、言ったつもりなのですが。

こういう社会環境だから、日本の障害者の
権利意識も弱く、障害者運動も起きにくい
のかもしれません。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-12-15 18:30 | Z1.クレジットカード会社


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(409)
(194)
(97)
(56)
(53)
(52)
(40)
(31)
(13)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(1)

ブログパーツ