生きることと愛するということ、そして憎むこと


http://www.asahi.com/articles/ASHCM5V6YHCMUHBI029.html?ref=yahoo


「君たちに憎しみあげない」
 テロ遺族FB文章に共感の輪


パリ=渡辺志帆
2015年11月19日23時19分


「君たちに憎しみという贈り物はあげない」――。

パリ同時多発テロで妻を亡くした仏人ジャーナリストが、
テロリストに向けてつづったフェイスブック上の文章に、
共感が広がっている。


·テロで妻を失ったレリスさんのメッセージ和訳全文
http://www.asahi.com/articles/ASHCM73BSHCMUHBI033.html


·タイムライン:パリ同時多発テロ
http://www.asahi.com/special/timeline/20151114-france/



 パリ在住の仏人映画ジャーナリスト、
アントワーヌ・レリスさん(34)が書いた。
13日夜にコンサートホール「ルバタクラン」で
起きたテロで妻エレンさん(35)を失った。

 「金曜の夜、最愛の人を奪われたが、君たちを
憎むつもりはない」

という書き出しで始まる文章は、妻の遺体と
対面した直後に書いた。

 「君たちの望み通りに怒りで応じることは、
君たちと同じ無知に屈したことになる」

と憎しみを否定。

「君たちの負けだ。
(略)幼い息子の幸せで自由な日常が君たちを
辱めるだろう。
彼の憎しみを勝ち取ることもないのだから」

と、1歳半の息子と2人で普段通りに暮らし
続けることを宣言している。

 文章は19日現在、フェイスブック上で20万回
以上共有され、

「あなたの言葉は武力よりも強い」

などと多くのメッセージが寄せられている。

 レリスさんは17日、仏ラジオに

「文章は、幼い息子を思って書いた。
息子には、憎しみを抱かず世界に目を見開いて
生きていってほしいから」

と語った。

(パリ=渡辺志帆)



=========================




IS打倒を宣言したオランド仏大統領とは
反対の姿勢だ。
しかし、テロ犯には愛する人も子供も
いないだろう。
テロ犯にこうした気持ちなど、わからない
のではないか。


「憎しみ」とは何なのか?
それは決して、人間が抱いてはならない
ものなのだろうか?


「憎しみからは憎しみしか、生まれない」

と、人はよく言う。
だが

「愛の反対は憎しみではない。
無関心です」

と言ったカトリック教徒もいる。


『「愛の反対は無関心」』
〔2012-12-13 18:30〕



かつて憎んでいた者が、愛する者へと
変わっていった男が、聖書にも登場する。
パウロだ。

自分の愛する身近な人のことしか考えない、
見ないのは、私は共感できない。
「本当に(心から)愛する」というのは、
無関心ではないからだ。




〔関連記事〕

『後藤氏殺害の「黒覆面男」。
彼はなぜ「殺人鬼」になったのか』
〔2015-02-28 00:34〕

[PR]
by bunbun6610 | 2015-11-20 19:17 | 社会

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610