ブラック企業からの逃げ方 - 障害者雇用枠に不正応募?

以前に、こんな記事を見たことがあった。


========================


http://careerconnection.jp/biz/economics/content_1319.html


ブラック企業の
「社員を辞めさせない方法」
4コマ漫画が迫真すぎる


〔2014.04.15〕


·長時間働かせれば
「転職活動なんてできない」


1コマ目でクライアントは、ウサギの経営者
にこう質問している。

「おたくの会社のサービスは相場よりかなり
安くて助かってるけど、そんなに安くて赤字
にならないの?」

ウサギ社長は、「平気平気」と答え、
その理由は

「人件費を安く抑えているから」

と明かす。
クライアントは、それほど安い人件費では
人が辞めてしまわないか、と案ずるが、
ウサギ社長は動じない。

「長時間働かせてるから転職活動なんて
できないよ。
それに給料も限界まで安くしてるから、
辞めたら生活できないしね!」

さらにウサギ社長は3コマ目で、
社員の不満を溜め込まないために、
こんな方法を取っていると明かす。

「辞めた人間のことは徹底的に悪く
言ってる」

「残ったやつに、辞めた後の最悪を
想定させる」

「たまに早く帰らせたり、うまいもん
差し入れたりして適当にガス抜きを
してやるのさ!」

長時間働かせることで、他の

「ちゃんとしたとこに勤めてる友人」

とも交流ができなくなる。

「この生活が当たり前だ」

と思い込むようになれば、

「ちょっとやそっとじゃ辞めないよ!」

と、ウサギ社長は笑顔で締めくくって
いる。



御社の社長も陰で「平気平気」と
言っていないか



この短い4コマ漫画に対しては、あまりに
真に迫っており、現実をよく表していると
感心するユーザーも多かった。

「うちのリアルでこういう奴なので
笑えないわ」

「マジでうちの会社だ(笑)」

キャリコネ編集部でブラック企業の社員を
取材している記者によると、
過酷な環境を抜けられない理由として、

「残業続きで疲れ果て、求人情報を探す
気力も失せた」

「職務経歴書を書くヒマもないし、
面接の予定も入れられない」

という嘆きをよく聞くという。
とすると、ウサギ社長のやり方は現実に
「有効」ということになる。

サービス残業を社員に強いる経営者
からは、判を押したように

「長引く不況で、クライアントからのコスト
カットが厳しい」

「残業代を払えば、会社が立ち行かなく
なってしまう」

という言い訳を聞く。

しかし外向きには、社員の知らない
ところでウサギ社長のように「平気平気」
と言っていないだろうか。
もしそうだとしたら、これは腹立たしい
ことだ。



========================




そこで、ポジチャレなんてのはどうか?
障害者手帳不正取得、あるいは不正利用
して、大手の障害者枠に潜り込む人・・・
もいるのか?

まず信じられないことだが、やっている人
もいるかも?

なぜなら、最近のハローワーク障害者枠
の求人票には

「応募書類に手帳(障害種別)の種類、
等級を明記または手帳のコピー
(障害がわかる部分のみ)を同封して
下さい。」


という文言も、必ず入っているからだ。
昔はなかったんだよ、こんな文言は。

こんな注意書きがわざわざあるということは、
ひょっとしたら、障害者手帳の表紙だけ
コピーして応募するという“不正応募者”
もいたからかもしれない。


障害者雇用枠専門ビジネス・・・あるんだろうな。
果たして適正な就職斡旋なのだろうか。

『圧倒的!!面接通過率75%』とは、
信じられない。
ハローワークで惨敗続きしてきた障害者から
すれば、

「なぜ、違うのだろうか?」

と、絶対に疑問に思うだろう。


ぽじチャレ
https://www.pojichalle.com/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=Re-img


「あなたのワガママ叶えます」

「未経験OK」

「障害者手帳が大手企業転職へのパスポート!」


「退職ゼロ
一般的に障がい者は入社後3ヶ月以内に
30%が退職してしまいます。
ですがぽじチャレは「ゼロ」です。
その訳は・・・
日本最大の4000件の求人の中から、
障がい者に理解のある求人しか
ご紹介しません。
常にエージェントは企業のことを細かく
ヒアリングし、みなさんが安心して仕事が
できるかどうかを見極めています。」


「『圧倒的!!面接通過率75%』
通常、自分で応募をすると通過率
3%程度と言われています。
「ぽじチャレ」は企業様と経営目標
そのものを共有しております。
そのため担当者様や職場の上司などの
趣向性もキッチリ把握していますので、
他社にはない圧倒的な面接通過が
可能です。
また職場を熟知したプロがサポート
しますので、ローンチ以来早期の
退職者ゼロを継続更新中です。」



「『仕事をつくります』
たとえば、
「あの企業へ行きたいが募集している
仕事がない」
と言うことはありませんか?
ぽじチャレはあなたの魅力を伝えて
あなたに合う仕事を作ります。
いつも企業と連携しているからこそ、
あなただけの仕事を提案し、
あなたに届けます。
だから、ぽじチャレにしかない仕事
があるのです。」



男性向けもあるという。
セントメディア
https://www.pojichalle.com/men.php




サーナならやってみたことはあったが、
あれは完全に企業寄りだった。
同じじゃないか。



実は、当ブログも以前、下の記事で

『身体障害者手帳のない聴覚障害者(難聴者)は、
どうやって就職するのか?』
〔2013-01-16 18:00〕


>「手帳は障害者の就職パスポートみたいな
ものです。」


と書いてしまっている。
マネされてしまったのだろうか。
障害者ビジネスとして目をつけられて、
上手く利用されたのかもしれない。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-11-02 19:30 | ブラック企業と障害者雇用

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610