日本の障害者を雇わないで、質の悪い外国人を雇う松屋


カタカナで書かれた名札を付けた外国人
店員が、やる気なさそうに、片手でダラダラと
下げ物を片付けている。

下げ物がなくなった後のテーブルを見ると、
キャベツ、紅しょうがの食べカスがあちこちに
残っていた。

食券の領収書も、そのままだった。

薬味や箸を置くスペースにも、ゴミが目についた。

入口のカーペットはずれている。

それでも、外国人店員は知らん顔をしている。


なるほど、やる気がなくても、五体満足の人
なら、日本の企業は雇ってくれる。
で、このような外国人はどんどん日本にやって
来るわけだ。

今も昔と変わらず、観光ビザで不法就労している
可能性だってあるかもしれない。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-10-13 20:00 | 社会

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610