『正社員が消える? どうなる!? サラリーマン人生 』

ビートたけしのテレビタックル
『正社員が消える?
どうなる!? サラリーマン人生 』

〔2015年7月13日放送〕





少し古い話だが、実は、この番組を観ていた。
証言者に派遣社員3名が登場していたが、
3名とも女性だった。
その中にはシングルマザーなど、社会的不利で
正社員採用を最初から諦めていた女性もいた。
女性も、障害者と同様、それだけを理由とした
差別に遭いやすいが、その他にも差別があり、
そうした差別と性差の差別が複合するケースもある、
といわれている。



『女性差別と障害者差別』
〔2012-03-01 23:56〕




『「複合差別」とは』
〔2013-08-24 00:22〕




派遣社員の証言の中には、次のようなものまであった。

「派遣社員は『契約期間満了のため』という理由で、
契約を切られてしまいます。
そうすると、また別の会社に行かなくてはなりません。
会社の現場上司にも掛け合ってもらい、
契約の更新を人事部にお願いしてもらいましたが、
人事部は拒否していました」


私も、似たような経験がある。
直属上司に、こう言われた。

「キミがいてくれて、助かっていた。
だから、本当はいてほしい。
だが、人事部の決めた方針で、こうなってしまった。
我々はキミに感謝しているよ。
でも、この決定はもう、どうにもならないんだ。
我々もいつ、クビになるかなぁ・・・」

その直属上司も、人事部を恨んでいた。

人事部の腹の中は、私にはわかっていた。
障碍者はどんなに頑張っても、現場の人にどんなに
評価されていても、障害者雇用助成金が切れたら、
もう終わりなのだ。
その障害者が優秀かどうかなんて、関係ない。
人事部はソロバンをはじくことしか、考えていないのだ。




〔よく似た話〕


『富士ゼロでパワハラの嵐
 「障害者は用済み」宣告で解雇の内幕』
〔2014-11-30 18:30〕



『ユニクロの障害者雇用いじめ・パワハラ
問題について』
〔2014-04-27 18:30〕





そりゃそうだろう。
障害者の仕事なんか、たかが知れたものばかりだ。
誰でも出来る以上、人は幾らでも交換可能だ。
助成金の繰り返し受給がやめられないに決まっている。
私にクビを言い渡す3ヶ月前に、3人の障害者を新たに
雇用していた。
私とほぼ同時期にクビになった障害者もいた。
あの工作は「入れ替え」だったのだ。
我々障害者は、パチンコの新台と同じ運命だったのだ。

それが、健常者の派遣社員でも行われていたということを、
このテレビ番組でよくわかった。
ユニオン側や野党議員も、こうした事情はもう知っている。
だから労働者派遣法改正に反対したのだ。

改正擁護側の田村憲久氏(前厚生労働大臣)は、
いろいろと反論していた。
例えば

「派遣期間が終了し、正社員に転換させた場合には、
助成金を出します」

という政府のアイデア。

企業のほうにも「正社員登用制度」ができたもの、
このためなのかもしれない。
だが、そのハードルはものすごく高い、と聞いている。
正社員にはなれたが、身体を壊して自主退職した
健常者もいた。
聴覚障害者には、絶対に無理な理由があるということを、
田村氏は知っているだろうか。
田村氏はその理由を全然知らないから、
あんなことが平気で言えるのだ。
派遣や、障害者雇用への差別実態を、わかっていない。
あんなのが大臣になっていたなんて、許せない。
自民党は、やはり企業側に立って物事を考えているに
過ぎない。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-07-20 08:25 | 人権、差別

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610