我慢の限界、 そして上司と衝突



毎朝9:00から朝礼があるが、
最近は聞いているフリをするのもやめて、
勝手にしている。

上司のOさんは怒りたくなるだろうし、
周りの人からの印象も悪くなる。

これではマズイのだが、自分だってもう
我慢がならない。
さて、どうしたらいいものか…。

そこで、朝礼が終わる9:05頃に仕事場
に入ることにした。
これもマズイが、他にいい方法がない。

どっちにしろ、「のけ者にされている」気持ちと、
「罪悪感」との両方で、自分は苦しんでいる。

Oさんには、それがわかっていないのだから、
こうなるのももう、仕方ないと思う。


いつも通り、朝の朝礼をさぼって、
9:05に入室したら、Oさんから注意を受けた。

「今後、9:00以降に入室した場合は、
遅刻とみなします」

と。

私がOさんに

「手紙(職域差別についての質問状)の件は、
あなた宛にしたのだから、
あなたが直接答えて欲しい」

と伝えた。
そしてOさんは

「会社の上席と確認中。
あなたが外部と相談したいのならそうして」

と言った。
これでは本人同士の話し合いにならない。

さらにOさんに

「今朝の「9:00厳守」の指示は、
誰の命令ですか?」

と聞いたら、Oさんが「私です」と答えた。
それで私は

「9:00に入らない私が悪いが、
私にも言い分はある」

と言ったら、Oさんが

「ホワイトボートに書いて」

と言うので、詳しく書いた。

(なぜ、私が健聴者のOさんに、
筆談をしなければならないのか。
理由は、その場にいる皆に聞かれたくない
ことだからだと思われる)


「〔1〕社会、会社、健聴者の常識はわかるが、
自分は数十年間もこういう状態で我慢している。
その精神的苦痛もわかってほしい。

〔2〕9:00は今後守るが、これで問題解決ではない。
会社コンプライアンスも不十分なので、
伝えて改善を要望したい。

〔3〕直属上司は特に、部下の障害者との
コミュニケーションをとりつつ、
臨機応変に対処して欲しい。
上席経由ではなかなか、解決しないことを、
私は数年の経験でも知っている。

〔4〕質問はOさん個人に対するもの。
それなのになぜ会社上席へ回すのか」」


Oさんから回答はない。
しかもその後も、随分と待たされた。

会社として私にした行為の説明に、
こんなに返事が遅いのはおかしいと思う。

会社は苦し紛れに時間稼ぎをして、
逃げようとしているか。

あるいは、言い訳の言葉を練っている
ところなのだろうか。
[PR]

by bunbun6610 | 2015-07-06 18:30 | Z1.クレジットカード会社
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line