ABCマートの書類送検で活躍ーーブラック企業を摘発する「かとく」ってどんな組織?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150703-00003333-bengocom-soci


ABCマートの書類送検で活躍
ーーブラック企業を摘発する
「かとく」ってどんな組織?


弁護士ドットコム 7月3日(金)14時38分配信


靴販売大手「ABCマート」(東京都・渋谷区)の
従業員4人が、不適切な形で月100時間前後
の時間外労働をさせられていたとして、東京
労働局は同社と役員・店長2人を労働基準法
違反の疑いで、書類送検した。

ABCマートは2014年4月~5月の1カ月に、
「Grand Stage池袋店」で、残業にかんする
協定書を労基署に出さないまま、従業員2人
にそれぞれ97時間・112時間の残業をさせた
疑いがある。

また、「原宿店」では、協定で定めた残業限度
時間(月79時間)を超えて、2人にそれぞれ
98時間・109時間の残業をさせた疑いがもた
れている。

このケースは、今年4月に東京労働局に新設
された「過重労働撲滅特別対策班」(通称・かとく)
が、初めて書類送検した事例だという。


●どんな組織なのか?

2014年11月に厚労省が「過重労働撲滅キャン
ペーン」で4561の事業所を調査したところ、
過半数の2304事業所で違法な時間外労働が
発覚した。

この結果を受け、いわゆるブラック企業への監督
指導・捜査体制の強化策の一環として「かとく」が
東京労働局と大阪労働局に新設された。

東京労働局は、厚労省(国)の出先機関で、都内
に18ある労働基準監督署をまとめる役割を担って
いる。
東京労働局の「かとく」には、事業所に立ち入って
調査・指導や摘発を行う「労働基準監督官」が7人
配属された。
監督官は「特別司法警察員」として、事業所への
捜査を行い、検察庁に送検する役割も担っている。

そのうちのひとりによると、所属している7人は
監督官歴10年以上のベテラン揃いで、長時間
労働の問題に特に強い。
パソコンのデータから不正を隠すための改ざんを
見抜いたり、削除されたデータを復元したりする
証拠収集技術「デジタル・フォレンジック」に詳しい
メンバーもいるという。

もともと、違法な長時間労働への対応は、それぞれ
の労働基準監督署にいる監督官が行っている。
東京労働局「かとく」が担当するのは、その中でも
特に、犯罪の立証に高度な捜査技術が必要な
ケースだ。

かとくの担当者は

「それぞれの労基署の管轄エリアを越えて広域で
活動している大きな企業などを中心に扱っていき
たい」

と話している。

弁護士ドットコムニュース編集部



========================



〔関連情報〕



『ブラック企業名、早期公表=送検前でも―厚労省』
〔2015-05-15 19:15〕



『「庄や」居酒屋バイトに時間外労働90時間
 チェーン展開、本社など書類送検』
〔2015-05-28 19:23〕




『「ブラックバイト」で学生生活が破綻。
それでも抵抗しない学生たち』
〔2015-06-15 19:00〕




========================



http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150703-00000441-fnn-bus_all

ABCマート、
長時間労働で書類送検
 「シフト制」が形骸化


フジテレビ系(FNN) 7月3日(金)5時5分配信

従業員に長時間労働をさせていたとして、2日に
書類送検された「ABCマート」で、就業規則に
定められた社員の「シフト制」が、形骸化していた
ことがわかった。

靴の販売大手「ABCマート」は2014年、原宿店
など2つの店舗で、法律で決められた残業時間
を大幅に超える長時間労働をさせていた疑いで、
2日、書類送検された。

関係者によると、エービーシー・マートの就業規則
では、社員が早番と遅番のシフト制で勤務すること
が盛り込まれていたが、実際には、複数の店舗で、
2014年夏ごろまで、社員の多くが朝から夜まで
働いていたことが新たにわかった。

就業規則で定められたシフト制が形骸化していた
実態が明らかになった形で、書類送検を受けて、
エービーシー・マートは、

「コンプライアンス順守について、万全を期すべく、
全力で取り組んで参ります」

とコメントしている。

最終更新:7月3日(金)5時5分


========================




そういえば、5月と6月にABCマートで靴を
買ったのだが、5月に行った店の店員の
対応がおかしかった。

「サイズが合わないので、もう一度、
別のサイズを持って来てほしい」

と頼んだところ、その店員はすぐに
行ってしまった。

まさか断られているとも分からずに、
さらに15分ぐらい待っていた。
それでも店員は来なくて、それどころか
別の客ばかり相手にしていたので

「ああ、これはやる気のない店員なんだな」

と思った。

それで、近くの別の支店に行って、
同じ靴を買うことにした。

どうも、倉庫が整理されていないようで、
サイズの合う靴を探すだけでもえらい時間
がかかり、大変なようだ。
店員が若い人ばかりだというのも、それが
理由なのではないか。




========================



http://www.jiji.com/jc/zc?k=201603/2016030200812


ABCマートを
略式起訴
=違法残業、
罰金50万円
-東京区検



全国展開する靴小売店「ABCマート」の運営会社が、
東京都内の2店舗で従業員に違法な長時間残業を
させた事件で、東京区検は2日までに、労働基準法
違反罪で法人としての「エービーシー・マート」(渋谷
区)を略式起訴した。
処分は1月14日付。
東京簡裁は同社に罰金50万円の略式命令を出し、
3月2日までに納付された。

 書類送検された労務担当役員(52)と店舗責任者
2人については、事実を認めて反省し、残業削減に
相応の努力をしたなどとして起訴猶予とした。

 同社は過去にも長時間残業の是正勧告を受けたが
改善されず、東京労働局が昨年7月、同社と3人を
書類送検していた。

 起訴状によると、同社はグランドステージ池袋店と
原宿店で2014年4~5月、法定労働時間や労使
協定で定めた上限を超え、従業員計4人に最大で月
約112時間の残業をさせたとされる。

(2016/03/02-19:16)



========================

[PR]
by bunbun6610 | 2015-07-03 21:15 | ブラック企業と障害者雇用
<< 健聴者の“声の割り込み” 手話サークルを辞めていく健聴者 >>